タグ:印刷物 ( 6 ) タグの人気記事
空港で・・おや、これは?
a0010575_0371572.jpg羽田空港でふと売店の前を通ると・・・

見覚えのある魚の絵が目に飛び込んできた。

1997年に東京湾横断道路ができたとき、その真ん中…東京湾の真ん中にできた海ほたるというサービスエリア。
そこにそのデッキ材の廃材で製作したシャチと海がめと野犬のベンチ。

デッキ材が世界で一番硬い木で、しかも防腐剤や防虫剤がしみこませていた過激な材料だったため、その彫刻は予想を絶して過酷だった。薬品にかぶれて目が開かないぐらい顔がぱんぱんに腫れた。

それでも納品に間に合わせるように皮膚科で注射を打ちつつ彫り続けた思い出の作品。

このときの作品がきっかけで僕はB級動物彫刻家のクスタケシという別の名前を持つことになった。

もう10年たつがまだちゃんと海ほたるの作品あったんだ。

で、たまたまそれを見つけた和田誠というイラストレーターが週刊文春の表紙絵にそれを描いたということか・・・。

ちなみにこれ、ベンチになっていますので、座ることができますが、座ると魚におしりをかまれている風景ができあがります。

ところで、この表紙の絵を見てわかることが2つ。

1、まだ確実に海ほたるにその作品は存在するという事実。
2、僕が製作した当時描いた目ではない目がおそらくメンテナンスの業者によって勝手に書き換えられていて、黒い瞳がやたらと小さくなり、黒い瞳の中の白いハイライトとかはなくなってしまったという事実。

ちなみにこうなるともうすでに僕の作品ではない。作品という意識があるのかどうかもわからないが、これって、過去の作家の作品を・・・たとえばモナリザの絵画の色があせてきたからという理由でペンキ屋が勝手に目とか色を加えて描いたということと同じ・・・。

しかし、この作品が設置されている場所、東京湾の真ん中だけに潮風と暴風雨と日差しに恵まれた相当過酷な自然環境・・・。

ということで。おもわず記念に一冊購入。
by fuji-studio | 2006-07-06 18:59 | ○動物彫刻家・クスタケシ
MEETING CARAVAN の本が届きました。
a0010575_275769.jpgもう2年前だったかな・・・N-markをやっている武藤君たちが全国各地のオルタナティブなスペースをミーティングをしながら巡るという企画をたてたのを知り、ちょうどいい機会だと思い、参加させてもらった。ちょうど九州の参加が少ないことを知り、沖縄まで福岡、鹿児島とつなぐといいのではないかと思ったのが主な理由だったと思う。

福岡の郊外で借りている養鶏場跡のほとつのひとつのたてものを再利用して長さが75m幅9mの広さの75mギャラリーをつくろうという構想ばかりがあったがまtったく動いていなかったのと、鹿児島の実家の老夫婦が以前鹿児島市内で運営していたE-Spaceというカフェを実家の一部を開放して再開したいという話があったので、何らかのきっかけになればとミーティングキャラバンの力を借りることにした。

話しあいをおこなうことというのは凄い力だと思う。話し合うことで漠然としたものがイメージとして参加者の中にそれぞれ形になり、結果的になんらかの活動がはじまる。75mギャラリーは以前のまま何も変化のない状態だが、となりの養鶏舎を大家さんがほぼ2年かけて改装し、手作りでダンススタジオ「トリノスクエア」をオープンさせた。鹿児島の実家はその後e-space gardenとして紆余曲折ありつつも営業を開始し、それなりに知る人ぞ知るカフェとして定着しつつある。

ミーティングキャラバンがなかったらこのように動いていないのかもしれないなー。

ということで、おくればせながら、その当時のミーティングキャラバンの旅の記録集が横浜のバンクアートから出版されて手元に届いた。

うーん、いろいろ全国活動が広がってるんだなーとつくづくしみじみ思う。知らないところも知らない人たちも、まだまだいるなー。
by fuji-studio | 2005-12-10 23:47 | ご案内/Information
高知空港で発見! なんと流通している!
a0010575_13195641.jpg土佐の高知の坂本龍馬空港で四万十川から福岡に戻るとき、待ち時間が長かったので何気に書籍販売のコーナーをうろうろ、どこかで見たような見たことないような本の山積みが目にとまる。「高知遺産」というタイトルの本。

何気に手に取り、中をパラパラブラウズしてみると、これって新開地アートストリートプロジェクト井上明彦さんが制作した湊川新開地ガイドブックじゃないか! 

内容といい、レイアウトといい、デザインといい、タイトルの構成といい、イラストや年表の作り方といい、最後に漫画があったり、カバーをはずすと地図になっていたり、ほとんど、新開地本が雛形となって高知遺産という形に再編集されて制作されていてびっくり!

思わず発行人や関係者の中に知り合いがいるはずだと思ってみてみると協力者に井上明彦本人の名前を発見。いや、…なんだか…よかった。 

以前からアートプロジェクトや様々な表現活動の種は、その地域で育つよりも、実は遠くの思いもよらないところに拡散し、育ち開花するものだと考えているが、まさにこれ。しかも表現によってイメージが作られ、それがビジョンとして流通するなどといっているが、まさにこれ。新開地本のイメージは、ある書籍のビジョンとなって見事に流通し、書籍化されている。しかも、新開地ガイドブックでは販売ターゲットはほとんどポイントでしかないアートプロジェクトの産物だったが、高知遺産となると、購入層の範囲が広くなり、空港でさえも山積みされる現象が! しかも僕もついつい購入したし…。なかなかやるなー。

そういえば、この本ができた当時、高松の丸亀商店街での街づくりで何かを仕掛けようとしてた人にこの本と新開地のプロジェクトを紹介して僕の楽座のときに来てもらったが、それが四国に伝播した最初の種かな? そのあたりのこと、どうなんでしょうか?
ちょっと知りたい気がします。

とにかく高知遺産が売れているようなので、これは日本各地の様々な地域でこのイメージの遺伝子は成長するような気がしてならないのであるが・・・。とりあえず、僕の思いもこの高知遺産とはかなりシンクロするので大変興味深い流れではあるのです。さて、この流れ、もっと加速すると何かが変わると思うが・・・。つまり流れない加速しないという四万十的な流れなのですが・・・。
by fuji-studio | 2005-12-06 14:19 | ・思索雑感/ImageTrash
ワイマールでの展覧会
a0010575_05045.jpgドイツのワイマールのACCというアートセンターで展覧会が昨日からはじまっている様子。作品はちゃんと届いて、ちゃんと展示されたのかな~?

ドイツというと、今日、友人の作家、島袋からメールが届いた。ベルリンに引っ越したようだ。野口さんもいっしょに引っ越したのかな~?

ベルリンというと深江の家で作品を展示した大山由華さんも住んでるのベルリンだったな~。ベルリンは福岡よりすみやすいのかな~?

展覧会の案内状が配ってくれとドイツから数十枚おくられてきた。どこに送っていいのやら。しかし、なんで表がヤノベの作品なのかな~?この写真ってもしかして水戸芸術館のタワーの中? ちがうの?
by fuji-studio | 2004-07-12 00:52 | ご案内/Information
名古屋芸大から送られてきた「ただし。ひろし」
a0010575_103755.jpgもうわすれかけていたが、2001年に名古屋芸大の学生といろいろやって楽しかった。
その報告書がきれいな冊子となって送られてきました。

その当時の学生、もう立派な社会人になっている人も多いんだろうね。うらやましい~!

名古屋芸大の美術文化学科の授業でつくられた「プロジェクト型アートの検証」とかで川俣さんと僕の風変わりな対談(?)と学生のレポートで構成されています。

販売するのかなと思っていたら、大学の広報になるとかで「無料で配布して~。」っといっぱいもらいました。
タイトルは「ただし、ひろし 出来事としての美術-川俣正と藤浩志-」。スタジオにくるといっぱいありますので差し上げれます。
興味ある方はお送りします。(送料は負担してくださいね。)

内容的にはもう少し突っ込んでほしい内容ですが、学部生中心につくったということでとりあえずいいかな。
by fuji-studio | 2004-07-05 10:39 | ご案内/Information
大阪新世界、夏休み企画 ヌイグルミシアター&かえっこ
a0010575_222244.jpg
8月末、夏休みの最後に大阪の新世界、フェスティバルゲートでヌイグルミシアターとかえっこをやります。

現在情報をつくっているところ。フライヤーは去年に引き続き、江村耕市君にやってもらいました。 先日入稿したところ。

また詳しい情報は載せますが、ここで、かえっこについてのサンプルやレクチャーも開催されます。大阪市ではかえっこがもっと広がるかもしれませんね。

8月20日から31日までの予定。入場無料、かえっこは期間中、常時開催しています。
ただし、オークションは2回だけ。

詳しくはいづれまた。

とりあえず、つくりかけのフライヤーのイメージだけのっけます。
by fuji-studio | 2004-07-03 22:24 | ○デコポリ・ビニプラ系活動