ヤノベのラッキードラゴンとのクルーズはすごい。

水都大阪2009の水辺の文化座に静かに係留されているヤノベケンジの作品は、実はたまにクルーズを行っている。

a0010575_9511979.jpgこれがすごくいい。

大阪の中心、中之島の文化座の会場から出発し、巨大なアヒルの作品と絡み、道頓堀、戎橋、湊町リバープレイス、大阪ドームを経由して水を吐きながらいろいろな見せ場をつくりクルーズし、名村造船所跡まで行く。そこでついに火を噴き、造船所跡の巨大な特設会場に設置されている130万ボルトの作品を体感する・・・ありえないクルーズツアー。


a0010575_9515730.jpgこのクルーズは水都大阪2009のプログラムではないところがすごい。


a0010575_9524378.jpg危険リスクの責任を回避して物事を進めざるを得ない管理業者が拘束するフェスティバルフォーマットではできないことを、ちゃんと別の勇気ある業者と連携して、新しいフォーマットを仕込み、その中で大阪の街の可能性を探ろうとしているヤノベチームの態度がすごくいい。


a0010575_95389.jpg水都大阪が様々な経験を蓄積し、街の可能性を探る社会実験としてフォーマットされていれば、ある程度の危険リスクは回避しながらも、相当なことができるのだろうな・・・と、ヤノベのクルーズを通して大阪という場の力や企業の力・・・底力を思い知る。


a0010575_9543896.jpg残念ながら、水都大阪2009年バージョンは「失敗を許されない立場」の管理運営企業が古いイベント体質を引きずりつつ、社会実験に介入してきて、水辺の可能性がにじみ出ることを抑圧している。

都市博の延長や行政主導イベントとして捉えると、仕方のないことなのかもしれない。


a0010575_9554012.jpgしかし、その結果、そのフォーマットの外側でちゃんと実現して見せた番外編のクルーズ。

そのあり方がすばらしい。ヤノベとそれを実現したディレクターの木ノ下さんの態度に敬服した。


a0010575_9562628.jpgヤノベはクルーズのホストを務め、昔から現在にいたる物語を熱く語る。その姿がまた極上にいい。

高校時代に制作していた仮面ライダーやバルタン星人から始まり、 チェルノブイリ原発事故跡地でのアトムスーツ、第五福竜丸、そしてトラやんへと展開してゆく作品の流れを写真を使った紙芝居形式でヤノベ自身が力強く、面白く物語る。


a0010575_9572587.jpgヤノベが大学のバレー部に後輩として入部してきたとき、僕はちょうど大学を出て、ゴジラの着ぐるみを着て京都とか大阪の商業施設でパフォーマンスをやっていた。


a0010575_100436.jpgそれを見ていたヤノベが「僕は高校時代から仮面ライダーやバルタン星人をつくっていたんだ!」と僕のゴジラにひるむことなく敵意をむき出してきた当時の姿を思い出す。それがあれだったのね。


a0010575_1014360.jpgそういえば、当時オープンしたばかりの京都駅八条口のアバンティでパフォーマンスを行った時の、仮面ライダーやバルタン星人に扮した当時の彼らの写真が多数残っているけど・・・封印してあげよう。


a0010575_1033231.jpgしかし・・・ラッキードラゴンというネーミングが福竜丸からきていたとは知らなかった。

アメリカの水爆実験で被爆した第五福竜丸
。そこから連鎖して生まれてきたのがラッキードラゴン。


a0010575_1043377.jpg・・・このあたりの編集力もまたすごい。

ところで、このクルーズを通して大阪の可能性は企業の体質にあるのではないかということを感じていた。


a0010575_1051210.jpg「おもろいこと」を「もうかること」につなげようとする「やんちゃさ」のようなものが大阪の一部の企業には感じられる。

「おもろいか、おもろくないか」が重要な価値判断につながる都市体質。


a0010575_1061794.jpgそれを大切にしてゆける感性と勇気が大阪を面白くする。・・・あたりまえか。


a0010575_1073098.jpg逆に・・・面白くないと感じながらも危険リスクの回避優先で「まちづくり」を制御してくる管理者がいるとしたら・・・まちは面白くならないのは当然のことだなぁ。


a0010575_108445.jpgまちが面白くなるにはいかに面白い業者を連鎖させるかということと・・・さらに重要なのは、面白い活動を阻害する管理業者を排除すること・・・なのだと思う。


a0010575_1083347.jpg・・・あたりまえか。

人の深みが企業の深みをつくり、それがまちの深みを醸しだすのと同様だな・・・。
by fuji-studio | 2009-09-23 23:51 | ◎大阪・中之島での水都大阪

藤浩志の活動を時々レポートします。ぜひコメントください。 一番上のReportの部分をクリックするとブログ全体の記事ページへと行きます。 


by fuji-studio