深圳到着! 中国というよりシンガポールってかんじ。

a0010575_1030575.jpg福岡から2時間程度、台北で乗り換えてさらに1時間少しで香港に入り、香港空港から出国せずにそのままフェリーターミナルへ。 で、フェリーで1時間弱程度走るとそこはシンガポール!…

じゃなかった…深圳。国内の出張とさほど変わらない感覚。いや、近い。
でも利用者が少なかったのでたぶん、上海経由の深圳入りがよかったんじゃないかな?

なぜこの
ルートだったのかが不明。


a0010575_10113557.jpg25階~35階ぐらいの高層マンションが立ち並び、道路が広く片側5車線は確保され、それが緑地帯で区切られ、植物の雰囲気も街のデザインもなんだかとてもシンガポールの中国バージョンといったところ。


a0010575_10141583.jpgこんなところから日本にやってくると、日本の都市なんて本当にこじんまりとした田舎。福岡あたりは「近代田舎都市」っていったかんじでしょうか。 日本の都市は本当に中国の都市の衛星都市のひとつなんだなとつくづく感じる。


a0010575_10162768.jpg馬も飛び交う深圳…。

それにしても出張中ってこうやってホテルで写真整理したりしてブログに向かう時間が長い。・・・そうか。自宅にいると掃除洗濯食事の準備、片付け、犬の散歩・・・といろいろあるから隙間の時間が埋まってしまうんだ。…となにげに最近のブログ離れの言い訳

でもこうやって日常を離れると、移動中の時間も含め、自分に向き合う時間が長くなるのは事実のような気がする。 日常の自分やその周辺についても客観的に見れるし…


a0010575_10195396.jpg…で、それはさておき、そんな現代都市シンセンの中心から少し外れたところに位置する世界の名所旧跡のフェイクの塊のテーマパーク「世界の窓」中国民族文化村(いや、どちらのサイトもさすがに派手ですね。中国って感じですね。)に囲まれて今回の美術館はある。・・・中国唯二の国立の美術館だとか。その名前は…何香凝美術館…読めません。 英語では He Xiangning Art Museum…こちらも読みにくい…。 


a0010575_1022926.jpgでかでかとした看板が・・・「ART Game」だって。

そうか。そうだったんだ。・・・資料には目を通したんだけど、やっぱり現場にくると違う。なるほど。ようやく見えてきた。何をしなければならないかが・・・。


a0010575_10241534.jpg今回の仕掛け人。中国の北京を拠点にして年間10個の企画展をこなすというフリーの売れっ子キューレイタ フォン・ボイ 

中国のバブルに向かいつつある状況と、その中で若い作家の作品がどんどんつまんなくなることを嘆き危惧している会話の夜でした。

僕としてはバブルが終わってからようやく動ける状況ができたといったかんじだったけどな。
by fuji-studio | 2006-06-17 10:29 | ■海外での活動

最近めったに使わなくなったブログですが、藤浩志の活動や考えを記録しています。


by fuji-studio