AAFSchool AAF10年本の為の「物語をよみとる」講座

4回連続のAAF学校。前回は2日連続だったが今回は一日のみで最終回。会場はなじみ深いアーツ千代田3331。

a0010575_012528.jpgデザイナーで仕事研究家の「自分の仕事をつくる」の本で有名な西村佳哲さんをゲスト講師に招いてのインタビューから出版までの流れを事細かに編集者の影山さんが質問する形で進む。

アサヒアートフェスティバル(AAF)は全国各地で行われているアートプロジェクトのネットワークで、それぞれのプロジェクトの現場では絶対に報告書などには登場しない小さな、しかし大切な多くの物語が潜在している。


a0010575_0131625.jpgそれをどのように導き出し、本としてどれだけ面白く大切なものにできるかが問題・・・

西村さんの話はとてもよかった。西村さんのインタビューする側の態度についての話、心構えのような話は30年前に聞いておきたかった話。

いつでも聞き手は強者の立場であり、語り手は不安要素を抱えた弱い立場にいるということへの自覚。聞き手のやってはいけない態度。そしてさらにインタビューした素材をどのように文章化するのかの秘密のメモまで公開していただき本当に興味深かった。

インタビューと取材の違い。思考レベルを聞き出すのではなく、感情の前にある感覚、その根底にある何らかの存在に気づき、感覚を引き出すような生の話に向き合う態度のような話。

全く考えてみたこともない。そういえば、感じていたのかもしれないが…。

それと読み手を飽きさせない文章の構成の話。やっぱり文章もデザイナーの視点で描いているんだなと深く関心する。

参加者も大いに満足した5日間、全4回のスクールだったが…さてここからが本番。どうやって10年本作ろうか…

それにしても…
こうやってスクールやってからいろいろな記録本見ると…本当にちゃんと読み手側に立った編集の視点で作っている記録集って少ないなぁ。

デザインはいいのだけど…といのも多い。

確かに読みにくいですよね。多くの記録集は。なんだか…わかっているような気になっている状態が一番恐ろしいんだなと最近感じる。わかっているようでも実は何もわかっていない。わかっていないことに気づき努力するところから次の状態のものは生まれるが、わかっているようでいるとそこからは結局たいしたものは生まれていない。

しかし、みんな大量に納得して大量にわかっているつもりで大量に作っているんだなぁ…

経験を重ねてくるとそこに大きな罠があるんだと思う。嫌だねえ。
by fuji-studio | 2012-01-29 22:59 | ・講座/対話/研究会

最近めったに使わなくなったブログですが、藤浩志の活動や考えを記録しています。


by fuji-studio