福岡から夜行バスで丸亀のキュピキュピ経由豊島の現場へ

夜行バスで博多から高松へ。

瀬戸内国際芸術祭効果だと思うが、福岡ー高松高速夜行バスは増便され2台運行していたが、満席だとか。

a0010575_8522287.jpg途中、丸亀の猪熊弦一郎現代美術館キュピキュピの展覧会「シッケテル」を行っているので立ち寄り、江村君が行っているワークショップに参加してみる。

瀬戸内のオープニング前日ぐらいにキュピキュピのショーがあり、絶対に行こうと思っていたが、藤島八十郎の家の掃除が間に合わなくてとても抜け出せなかった。かなり後悔。

瀬戸内国際もいいけど、ぜひ丸亀まで足を伸ばしてキュピキュピの世界を体験することをお勧めします。

シッケモニカ最高です。はっきりいってアホです。アホは重要です。


a0010575_8235572.jpg今回は連休を利用して福岡から藤浩志企画制作室の財務、会計、監査役の藤容子(妻)が一番下の息子を連れて現場の視察。

丸亀から高松を経由して豊島へ。

よりによって、一番混雑するこの時期に・・・でもまあ、しかたない。
おかげで、鑑賞者がいかに苦労して島にたどり着いているかを不満ごと体験できる。


a0010575_8444637.jpg豊島に夕方到着すると・・・なんと船を待つ観客の列・・・

この連休は無理ですね。

作品をいい状態で見れるとは思えない環境です。

まさに数の暴力。

僕もその暴力の一員になってしまった。

しかし・・・これから先、連休あけても10月末までは週末は相当混雑しそうです。

藤島八十郎の仕事の仕込みは瀬戸内国際芸術祭終わってからですね。

それを確信しました。

とにかく今は人が混雑しないことを祈るばかり・・・。
by fuji-studio | 2010-09-18 23:11 | ◎瀬戸内国際芸術祭・藤島八十郎

最近めったに使わなくなったブログですが、藤浩志の活動や考えを記録しています。


by fuji-studio