久しぶりの降灰の鹿児島

久しぶりに鹿児島に行くと駅前は一面灰色の世界。

a0010575_16131624.jpg桜島が噴火し、風向きの影響で噴煙に混ざっている灰が鹿児島市内へ直撃中。

灰というより細かい灰色の砂のようなものが大量に鹿児島市内中心部に降り注ぎ、積もっている。


a0010575_16151077.jpg鹿児島市内全体に溶岩の匂いが立ち込めている。 

昨日は風向きが市内中心部から北寄りが降灰の被害地域で、イイテラスがちょうど境目ぐらい。


a0010575_16161919.jpgそれほどの被害はなく、イイテラスが面する路面電車の軌道に敷き詰めつつある芝生がまだ緑だったが、今日の昼過ぎまたまた桜島が噴火し、今度は市内中心部より南側に流れてきている。

これは直撃しそう。


a0010575_16165175.jpg鹿児島市内の大きな通りは灰を集める清掃車や散水車が走り回って清掃しているが、小さな通りに入ると、センターラインも見えないほどに積もっている。

そんな降灰の中、実家のお墓の改装のことや、イイテラスの空室対策や・・・もろもろの雑用。 

そして、大寺さんに久しぶりにコンタクトをとり、3331アーツちよだでのかえるステーションで今後展開する予定の「環境系」かえっこプログラム、「かえるモード」(仮称)のキャラクターデザインをお願いしてみる。

大寺さんには1998年のミュージアム・シティ・福岡のPlant Demonstration! の活動に飛び入り参加してもらい、元御供所(ごくしょ)小学校の入り口に素敵なサインを制作してもらい、1999年に水戸芸術館で行ったリサーチワークショップの「バクの夢」のキャラクターデザインや2007年のえずこホールでの十年音泉(テンネンオンセン)のポスターイメージなどをお願いしたことがある。

環境系かえっこが今後どのような形になるかどうか不明な部分も多いが、僕にとって興味深い連鎖を生み出す上で大寺さんのイメージが不可欠な気がしてならなかったので、相談させてもらうことに。


a0010575_16185210.jpgで、さらにイイテラス2階のロビイに展示してある「管巻三十郎文庫」の中から、豊島の藤島八十郎の家にあってもいいと思われる本を管巻さんからのリクエストを参考にダンボール3箱程度ピックアップし、豊島に郵送。


a0010575_16242066.jpgイイテラスの2階のイイスペイス・ロビイでの展覧会の企画を浦田さんに頼んでいるが、その第三弾が「こしきアートプロジェクト」の広報を兼ねた記録展だとか。

去年、プロジェクトが始まる前だったが、甑島の現場に入り、その空気を体験させてもらった。今年の夏も甑島には面白い作家が集まるのだろうが・・・僕は残念ながら鹿児島での活動はできずに、瀬戸内海の豊島に浸らなければならない・・・さびしいな。

ついでに、大阪のスタジオLの山崎さんから話を聞いていたマルヤガーデンズにも立ち寄り、先日まで家をフル活用してくれていた南日本リビングカルチャセンターを横目で見たり、ガーデンに座ってみたり・・・。おかげでイイテラスの空室対策を強化しなければならなくなったんだけど・・・鹿児島にいい活動が生まれる状況ができるのは大歓迎・・・

それにしても、灰だらけの鹿児島。

鹿児島での、もっとちゃんとした仕事、つくらないといけないなぁ・・・。
by fuji-studio | 2010-06-03 23:25 | ■鹿児島での活動

藤浩志の活動を時々レポートします。ぜひコメントください。 一番上のReportの部分をクリックするとブログ全体の記事ページへと行きます。 


by fuji-studio