タグ:展覧会 ( 40 ) タグの人気記事
バングラデッシュビエンナーレで鳥達は飛びました。
a0010575_103446.jpg第12回バングラデッシュビエンナーレの会場、オスマニメモリアルホールのドーム空間、鳥がドームのセンターに向かって舞っている風景。

とりあえず僕の部分は設営終了。仕上げに照屋さんがこのセンターにトイレットペーパーロール芯の樹木を設営する予定。どうなるか楽しみですね。

a0010575_1014346.jpg鳥はおなじみ僕のUseless Selectionの素材から作られたもの。気持ちよさそう。

しかし、今回の展示、さっぱりしていますが、展示の仕方として意外と奇跡的に面白い。
つまり照屋さんと僕が同じ空間で同じ風景をそれぞれの独立した作品で構成するという結構僕としては面白い取り組み。
1993年に直島のベネッセハウスの吹き抜けドーム空間で熊谷優子(杉山優子)と同じような状況になって以来の久しぶりのシンクロ。


a0010575_1025156.jpg作品とか表現とかってたまにシンクロすることが多いが、なかなか一緒にできるチャンスはない。で、シンクロする部分がへんな部分だとお互いにどれが誰の表現だか分からなくなる。

それはそれでウェルカムだが、今回は照屋さんの作品と空間を共有できるということはなんとも奇跡的な喜び。これはAITのしかけというよりもAITと僕と照屋さんの微妙な人間性が導いた偶然だったと思う。


a0010575_1031541.jpg床には少し遠慮して送ったおもちゃとヌイグルミが山と池の風景画を描いているつもり。

会期中、会場に設置しているお札の大きさの紙に詩をかいてもらい、それを壁に「たなびく雲を描くように」貼り付けてもらうことで好きなおもちゃをもらっていいということになっている。

バングラデッシュ人は詩人だという話を聞いて興味を持っていたが、最初に会ったこのビエンナーレの事務局長のような人と話してみると「私は詩人です」といっていたので確信した。

バングラデッシュはベンガル語というひとつの言葉によって独立した国だとか。言葉というものに対する思いが強く、独立記念日のようなものも「言葉の日」(←こんな訳し方でいいのかな、だめだろうな。) ということでとても大事な日になっているらしい。

で、詩を描いてもらい、会場の中でも一番気持ちのいい壁面に参加者の詩を展示してもらうという仕掛けもある。僕としては珍しいなんともロマンチックな風景画なことか。ハハハハハ。似合わない?


a0010575_9592391.jpg「おもちゃを詩で買うことができるなんていったら皆凄い勢いで詩を書いておもちゃの取り合いになりすぐにおもちゃなくなるよ」とのアドバイスをもらい、「1日5000人ぐらい見に来てトータル10万人は見に来るよ」と脅され、この詩とおもちゃの交換がどこまでできるかすべてをロジャーに託して、僕は一足先に日本に帰ることに。
で、最後に国際交流基金の高取さんとAITのロジェー君と照屋君とで記念撮影。皆さん、あとはよろしく。


a0010575_1043118.jpgで、現場から空港に向かう途中、日本大使公邸での晩餐会に招待され久しぶりに美酒とご馳走をいただく。
この数日間、荷物を待ってうろうろしたり、天井裏に上ったり、床のほこりにまみれたり、紙を探してローカルマーケットを廻ったり、汗だくの現場の作業が続いていたので、それが国際展であり日本代表の作家だったのを忘れていた。
在バングラデッシュの日本大使館に皆さん、本当にご馳走様でした。本当に癒されました。
で、どろどろの作業ズボンで手も顔も洗わずに座ってしまい、フカフカのソファーを汚してしまったのではないかと心配しています。ごめんなさい。
by fuji-studio | 2006-03-02 23:04 | ■バングラデッシュビエンナーレ
ワイマールからフランクフルト、関空経由福岡のガマン
a0010575_1910544.jpgほとんど行くまで何も知らなかったがワイマールって老後暮らしたい人気の街だとか。周辺地域で人口が減っているにもかかわらずワイマールだけは人口が徐々に増えているという話。人口6万数千人の小さな町だが文化度は高い。僕はほとんど興味なかったが一応学生時代に経由したことのある…ニーチェ、ゲーテ、シラー、バッハそしてバウハウス等・・のゆかりの街だとか。この展示しているACCもゲーテがかつて住んでいた建物だとか。もっと大きなゲーテの邸宅が歩いて5分ぐらいのところにあり、そこはミュージアムになっているとか。街の主要部はゆっくり散歩しながら十分に廻れるぐたいの適正規模。しかも中心の歩行者天国は以前貴族しか歩くことができなかったというエリアで、情緒豊か。石畳が歴史を物語る。良くみてみると、日本の風景とは正反対。イミテーションが存在しなくて本物しかない。すべて本物過ぎる。石は石。木は木。土は土、陶器は陶器、金属は金属。日本に多くある「本物っぽいもの」がない。この街ではイミテーションを探すのが難しいかも。それにくらべて日本の都市の風景はフェイクとフィクションだらけ。街も家も街路も・・・食品も商品も家族関係までも・・・。こんな街でよくまあウソの極限のビニプラのパッケージを展示したものだなー。すぐ近くにナチの時代の強制収容所があったり、そこにひそかに薬を届けていたオヤジのいた薬局で今回風邪薬など購入したり・・・。まあとにかく重くまじめで豊かなところ。
a0010575_124395.jpg 去年、椿さんとか、ヤノベとかが出品した日本作家の展覧会を仕掛けたのがこのフランク君。良く分からなかったし予算もなかったので、納豆パックとか適当なゴミをダンボールひと箱につめて送って適当に展示してもらった。
a0010575_1111374.jpgその後、日本に来て何度となく連絡をくれて何度となく断ったにもかかわらずねばりぬいて この忙しい時期から1週間のスキマを見つけ出し、お金をかき集めて日本のゴミを展示したいとコレクションの展覧会を企画したほどの情熱。彼はとにかく陽気でよくしゃべるがやるときはやる。もとコーラスをやっていたとかでずっと歌っている。
a0010575_171990.jpgこれはベルリンかどこかの博物館のコレクションでその当時西側の情報を得ようと手作りで作られたアンテナ各種を集めたもの。これも同じ展覧会のほかのコレクションの出品作品。もっとまじめにやればよかったかな・・・。とちょっと反省。でも時間なかったもんね。そりゃちゃんとやりたいが、ちゃんとやれるだけの時間を確保するのが大変。
a0010575_1105641.jpg実は月23日がオープニングの予定の展覧会だった。ところが僕がひたちなかの公演があるので断っていたのであるが、わざわざ1週間、オープニングをずらしての開催となった。オープニングではフランクがビニプラコレクションについて熱く語る・・・とはいえドイツ語なのでチンプンカンプン、さっぱり分からないのであるが・・・。

とにかく展示もレクチャーもワークショップも無事終了し、結局公園の散歩もできず、観光名所みたいなところはまったく行けず、かえっこ会場の向かいのバウハウスミュージアムぐらいは寄ってみようと思いながら、結局どこにも寄れず、オープニングの次の朝8時の列車でフランクフルト→空港へ。ようやく健康状態もましになってきたので、空港のレストランでひとりゆっくり最後のドイツビールを楽しもうと思っていたが結構時間切れ。あわててビールをがぶ飲みし搭乗口に駆け込み長時間の機内を映画でも観て乗り切ろうとする・・・ところがルフトハンザはシステムエラーとかで上映プログラムの音声が出ない。

映画のない状態のエコノミーの10時間はやはりつらい。さらに今回関空乗り換え福岡行きだったのだが、なぜか乗り継ぎ便の音楽のサービスもシステムエラー。飛行機でシステムエラーって怖いですよね。機内の音楽や映画のサービスだとはいうものの、出発してからシステムの調子がおかしく・・・なんてアナウンスされるとぞっとする。とにかく貧血になりそうなのをガマンして映画も観れず眠れず音楽も聴けずじっと我慢の十数時間のルフトハンザと全日空でした。やっぱりつらいなー。しかし、皆偉いなー。よく欧米行き来していますね。・・・
by fuji-studio | 2005-11-03 02:11 | ■海外での活動
ワイマールのかえっこ
a0010575_3484831.jpgワイマールの中心部のもっとも古くからあるというレストランの壁によくみるとかえっこのポスターが。なんとなくうれしい。で、かえっこが開催されました。しかしドイツ人まじめですね。子どもの心をもった大人というより大人の心を持ったまじめな子どもたちがものすごく良質なおもちゃを持って来て日本のプラスチックのがらくたをあさって帰って行きました。
a0010575_354468.jpg手伝いに来てくれた男の子達をはじめ、皆しかめっ面なので本当に楽しんでいるのかどうか不安。写真の彼らがずっとバンクをしきっていました。ずっと真面目に働いているのでもっと遊んでいいよとアドバイスしましたが、どうやら本人達は十分に遊んでいる様子。スタンプの押し方も郵便局員並みのかなりのはや押し。
a0010575_3582546.jpg参加人数は50人程度と少なかったですがドイツ人スタッフいわく「楽しかった」ですと。 楽しいのならもっとはしゃげよ。子どもたちが少ないわりには取材の大人が沢山来て、次々にインタビューだのコメントだの。向こうはかなりのドイツ語なまりの英語で厳しい顔で取材して来る。いろいろしゃべったけどちゃんと通じているのか不安。
a0010575_1438591.jpg特にごついお母さん達がごついカオしてシビアに何かクレームを付けているような場面が多々あり緊張の空気が流れる。スタッフに大丈夫なの?と聞くと、なかなかいいシステムだからもっとちゃんと広報をしてやってくれとのクレーム。なんじゃそりゃ。 
a0010575_434948.jpgところで本当に良質なおもちゃのオンパレードのかえっこでしたが、特に僕が気になったのがこのサンダーバードの基地。70年代的なおもちゃで少し薄汚れていたがこれってかなりの貴重品?できれば日本に持って帰りたがったが、オークションで見事に落札されました。残念。ところでドイツの子ども達にドイツ語で通訳してくれた木村能里子さん、とても助かりました。ありがとうございます。ノリコさんはワイマールを中心にソプラノ歌手として活動している人ということでCDも購入させていただき、サインももらったりして・・・。本当にお世話になりました。
by fuji-studio | 2005-10-31 04:06 | ■海外での活動
From ACC Weimar
a0010575_155595.jpgドイツのワイマールのACCでのTHe Socal Collectorへの出品の為にドイツに向かう。飛行機に長時間乗るのが最近とても憂鬱。精神的なものからか、貧血状態で機内で倒れてしまったことがしばしばある。 1994年に福岡のアジア美術展でアジア各地の作家に出会ってから、妙な共感を感じて、自分の知らない面白い作家のところへはなるべ積極的に行くようにしている反面、いわゆる欧米での活動の意味を見失い、2003年までどちらかというと避けてきた。
a0010575_1561393.jpgアメリカやヨーロッパで展覧会をやってきたというとなんだか偉いように誤解されるアジア独特のコンプレックスが嫌でそれを避けてきた面もある。しかしその意識そのものがアジア人の欧米コンプレックスなんですよね…。精神的には辛いが、2003年から欧米での活動も一応「かえっこに限り」解禁ということにした。 
a0010575_1584558.jpgかえっこはあくまでもフリーのシステムなので作品という権威を持ち得ないし、国際共通の子ども通貨を目指している以上はおもちゃのためにもがんばらねばというミッションを勝手に背負っているところもある。 しかし本当にだれか変わりにやってほしい。かえっこの欧米巡回1991年が最後だったと思うので14年ぶりのドイツ。フランクフルトから車で3時間。 
a0010575_1593891.jpg車の中で時差ぼけで寝ていてすっかり風邪をひいてしまう。最悪の体調。次の日1日で設営。5名の体格のいいいかにもドイツ人のスタッフが張り付いてくれて、豆腐パックや納豆パック…と14万円もかけて郵送した二丈町深江の家庭ごみをせかせかとこまかく壁に張り付けてゆく。(しかし郵送費高いよね。たぶん世界中でもっともお金のかかったゴミ類かも) 
a0010575_1592924.jpg最近スタジオで使っているビンより高くて質のいいビンも50本用意されていて、子ども達がせっせと分類し、ため続けた100種類以上の素材がゴミからコレクションに変わる瞬間。で、夕方までにとりあえず展示を終えてほしいという要望にこたえる。僕の展示会場で2007年のドクメンタのキューレイターのなんとかさん(日本人でも名前を覚えることに弱いがドイツ人の名前となると特に覚えようとしていないなー)がレクチャートークを行いたいのだとか。 
a0010575_1512051.jpgドクメンタというのは5年に一度のドイツ国内ではかなり注目されている展覧会。91年に僕がドイツを訪れたのも実はドクメンタを観るため。あの頃はサラリーマンだったので時間もお金も余裕があったなー。次期ドクメンタのキューレイターというのはドイツの中では相当なスターだとか。
a0010575_1511410.jpgその彼がレクチャーを行うということでACCのスタッフはかなり緊張気味。ところが僕は最悪の体調で設営を無理して行ったので風邪と時差と貧血で気を失ってしまう。のまずくわすでとりあえず12時間ほど寝て一応体調は回復。昨晩のおいしいビールを逃したのがザンネン。例のキュレイターと地元作家達で夜中まで盛り上がっていたそうだ。
a0010575_15113048.jpgさて次はかえっこの準備。この夏に実はミュンヘンでかえっこを開催していたらしいがどのようにやったのかとかさっぱりわからない。とにかくそこで開催された後のおもちゃも合流。かえっこの会場となる閑静なワイマールの街中のバウハウスミュージアムの向かいにある新しい商業施設の下見を行う。うん、場所が狭い。広報の内容とか状況とかでだいたいの来場者の予想をし、毎回ほとんど当てる自信があるが、ドイツ語で描かれたちらしだし、どのように配ったのかわからないので予測不能。3000枚印刷して2000枚は小学校とか保育園とかに配ったという話だが、ほんとに伝わっているかが不安。で、僕が見る限りシステムをちゃんと伝えたチラシになっていない。アートセンターのポストカード風でかっこいいが、内容がわからないというありがちな状況。もっとベタにいったほうがいいのに…と思いながらいつもどおり、口出しはしない。さてどうなるのかな?

ところで、ひたちなか市で集めてもらったプラスチックの菊の花のクロス状の作品、さっそく会場の中心に展示させてもらっています。ハランのテープも・・・。写真の中で分かりますか?
by fuji-studio | 2005-10-28 22:36 | ■海外での活動
もうそろそろ終わる頃ですが練馬区立美術館でした。
a0010575_23565340.jpgそうなんです。8月のはじめから練馬区立美術館で子どものワークショップの為の展示をしていました。ばたばたしていて報告がおくれてしまった。ペットボトルブロック系を持ち込み、おもちゃの破片とペットボトルを組み合わせてなんでもつくる工房を設置。
a0010575_23591413.jpg子ども達にあそんでもらい、かえっこのカエルポイントをもらえるという仕組み。ほかの会場でもいろいろな子どものワークショップを行っていてそれに参加してももちろんポイントがもらえます。で、その後一週間ぐらい開催していたはずですが、どうなったのでしょうか?子ども達はしっかり来てくれたのかなー? 
それにしても、練馬区のすがたさん達にはほんとにお世話になりました。本当にありがとうございました。
by fuji-studio | 2005-08-09 23:22 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
違和感を飛び超える術!開催中!
a0010575_2058574.jpg福岡市美術館での展覧会写真を掲載していなかったので掲載します。部屋は薄暗いですが、壁のトーチライトを使用して照らしてご鑑賞ください。反対側の壁面の映像はキーワードをマイクに向かってお伝えいただくと上映されます。


a0010575_1211122.jpg初日にナウィン ラワンチャイクンと対談をしました。本当は94年の福岡の出来事の話をきっかけとして周辺との関係から作家のイメージが発生し展開してゆく状況についてナウィンが経験してきた数々の活動から紐解こうか・・などと漠然と考えていたのですが、ナウィンの最近の活動を紹介するうちに時間切れ。参加者の方にはご迷惑をおかけしました。しかし、ナウィンは最近アメリカとフランス(だっけ?)の大学でゼミをもつようになったとか。また、某コマーシャルにも出演するとか。タイを拠点としながら本当に欧米を飛び回る国際的な作家になってしまった貴重な福岡の作家ですよね。考えただけでもしんどそう。まいった。ナウィンがんばれ!なお、このトークの写真は今回の展覧会のカタログ制作にもご協力をいただいた「アートの現場ドキュメントカメラマン(だっけ?)」ししおさんからご提供いただきました。
by fuji-studio | 2005-01-10 20:58 | ○夢の鳥 DreamingBird
サンディエゴ美術館での展覧会
a0010575_10195089.jpg本来、11月のはじめにも展示の為に行き、オープニングとかシンポジウムとか招待されていたが、結局今回、ワークショップを行い、向こうの展示のスタッフにドラゴンの組み立て方とかおもちゃの並べ方とか細かい指示を出して展示してもらうことで、勘弁してもらうことになりました。
ところで、この展覧会、[past in reverse]というタイトルで、主に東南アジアの作家を十数名扱った展覧会。日本からは後輩の高嶺格(たかみねただす)君など数名出品予定。

ちなみに写真の壁に囲まれたところが僕の空間とか。最近の美術館は展覧会の為に新しい壁を作るのが主流。ちょうど壁を作っている最中でした。僕はこれがどうにもなじめない。面白くない。どうしても外の空間を志向してしまう。空間の属性からイメージをつくる癖が身についてしまっている。 まあ、それはいいとして、ちなみに僕の空間の真向かいが台湾の作家、福岡トリエンナーレのとき家にも来てくれていっしょに温泉に行ったマイケル・リン(Michael Lin)、ドハデな柄の床が手前に来る。僕の左どなりがやはり福岡ゆかりの中国の作家サイ・ゴウ・チェン(Cai Guo-Qiang)、空に飛行機の煙で滝の絵を描く巨大なドローイングが来るらしい。彼とは鹿児島で焼酎をのんだことがある。うーん、派手なせめぎあいの空間になりそう。ぼろぼろに汚れて使い古されたドラゴンとやせ犬とかえっこのおもちゃ、それにメキシコの子ども達の作品、がんばれ!負けるな!

展覧会については
http://www.sdmart.org/exhibition-past-reverse.html
しかないのかな?
by fuji-studio | 2004-10-05 10:45 | ■海外での活動
旅のお供のやせ犬18匹もアメリカへ
a0010575_0424698.jpgドラゴンのお供として18匹のやせ犬選抜隊が結成され、一緒にアメリカを巡回することになった。こいつらは単にかえっこのテーブルの足として働く。
こいつらにはしっかり帰ってきて欲しい。
このやせ犬達も黒猫ヤマトが丁寧に梱包し、黒猫の絵の描いてあるボックスに収められた。

いってらっしゃい。
by fuji-studio | 2004-09-28 00:41 | ■海外での活動
バンコクでの展覧会open!
a0010575_2242291.jpg国際交流基金バンコク日本文化センターでの展覧会がスタートしました。
ランプーンでのワークショップの様子をハワイから来た映像作家がドキュメンタリー作品とし、その上映も行っていますが、会場はショップのような雰囲気につくってみました。

隣が日本に関連する本等の図書館となっており、1日数百人の利用者がいるとか。
そのお客が「あれ?お店ができたの?」と勘違いして足を踏み入れるような空気に仕上げてみました。

チェンマイのアーティストグループ、Beautyform Unisuitの作品が際立っていいです。

ナウィンのマネージャーがデザインしてくれたファッション誌のようなカタログもオープニングに間に合い、無事レセプションも終了しました。

あとは報告書をかくのみ。

みなさん、お疲れ様でした。
by fuji-studio | 2004-08-18 13:33 | ■海外での活動
ワイマールでの展覧会
a0010575_05045.jpgドイツのワイマールのACCというアートセンターで展覧会が昨日からはじまっている様子。作品はちゃんと届いて、ちゃんと展示されたのかな~?

ドイツというと、今日、友人の作家、島袋からメールが届いた。ベルリンに引っ越したようだ。野口さんもいっしょに引っ越したのかな~?

ベルリンというと深江の家で作品を展示した大山由華さんも住んでるのベルリンだったな~。ベルリンは福岡よりすみやすいのかな~?

展覧会の案内状が配ってくれとドイツから数十枚おくられてきた。どこに送っていいのやら。しかし、なんで表がヤノベの作品なのかな~?この写真ってもしかして水戸芸術館のタワーの中? ちがうの?
by fuji-studio | 2004-07-12 00:52 | ご案内/Information