タグ:ぬいぐるみ系 ( 14 ) タグの人気記事
家のすきまに綿をつめる。
去年の春、豊島の藤島八十郎の現場に入る前に修理しかけていた筑前深江の海沿いの古い家。
a0010575_10333060.jpg朽ち果てた床とか天井を外して、作業場にしようと手をいれはじめたところで瀬戸内国際芸術祭の現場に入りはじめ、自宅の隙間はそのまま放置状態になっていた。

瀬戸内の後も結局取り返しのつかない多大な出費を取り戻すために結局自宅の修理は後回しになり、気づいてみると一年が過ぎようとしている。

で、ようやく隙間の修理にとりかかる。

つい先月まで、隙間風もそれなりに重要だと思っていた。部屋の換気になるし、隙間風で外の温度や天候を知ることができる。日々の天気や温度を肌で感じ、危機を感じ、安心を感じる。

子どもが生まれ育て始めたころ、外の風や温度を感じ、自然の匂いが豊かで、火を囲む生活が重要だと思いはじめ、そのような家…(つまり古い日本家屋で、汲み取り式トイレで、薪ストーブやいろりのある…エアコンのない家庭環境)で暮らすことに憧れた。


a0010575_10341298.jpgしかし、先日の放射能汚染の話を聞き、玄海原子力発電所から30㎞圏のこの家の場合、ある程度気密性が必要になる場合がある…ことに備える必要があることを初めて自覚する…。

そこで、かえっこで集まってしまう汚れたぬいぐるみの中身の綿の登場。


a0010575_1034504.jpgぬいぐるみの中の綿は基本的にはきれいなものが多いが、たまにぼろ布を綿上にほぐしたものが使われていて、ぬいぐるみの再生にはいやなものもある。その素材、このように古い家の隙間を埋めてゆくにはちょうどいい質感。 
この家の改修作業、許されるならば一か月ぐらい続けてみたいが…そうも言っていられない。ぼちぼち飛龍の制作に取り掛からなければ…。

それにしても…隙間風の強い海沿いの冬場、よくこの隙間だらけの家で過ごしたものだ。

※古いぬいぐるみの欲しい方、箱単位で提供できます。(送料は負担してね)
by fuji-studio | 2011-03-30 10:31 | ・生活周辺/LifeScape
おもちゃ・ぬいぐるみ類の提供と…一時的に九州で一緒に暮らす家族…
藤スタジオとかえっこ事務局でも今回の災害で地域に住みにくくなった人を対象に一時的に受け入れをしようということになりました。

もともといろいろな人(おもにアーティストやアートマネジメントをやりたい人)が、勝手に長期滞在したりしていましたが、今回は子連れなどで困っている人を対象に…でも一緒に動いてくれそうな人を受け入れることにしました。

a0010575_2033236.jpg敷地だけは広いのですが、家はボロボロで汚く貧乏なので、一緒に動きつつ、長期的に生活再建を考える人が対象となります。。

海沿いで玄海原子力発電所から25㎞圏なので、災害にそれほど強い地域ではないし、隙間風だらけで、家の中でテントを張って生活しているようなところですが(テントの中は暖かいです。被災地で隙間風の多いところにおすすめ。)もしも一緒に暮らしてもいいという人がいれば是非連絡ください。屋内に家族用のテントは用意できると思います。こちら5人家族(高校生女子2名と小学校2年生男子1名、そして夫婦)との共同生活になると思います。…あ、家の中に犬と猫や鳥がうろうろしています…。(アウトドア系じゃないと無理かも…)

制作の仕事とかおもちゃの仕分け、ぬいぐるみの解体作業、いろいろな手工芸的制作、家の修理等大工、巨大な龍の制作、畑作業、庭作業、廃墟の掃除、骨董類の掃除…とか、ほとんどバイト代にもならないかもしれない軽作業は山積みです。近所に自然農業をやっている人達もたくさんいますので紹介できます。

もしもその気があれば海の家とかカフェとかを一緒に運営してしばらく生活費をどうにかするようなことを考えていってもいいかもしれません。

そういえば、鹿児島で、カフェをやってもいいという人がいれば、場所は提供できるかもしれません。

鹿児島もさいきんダブルの火山灰で大変ですが・・・・・・・・・・・・・・

それと・・・・

おもちゃとか絵本とかぬいぐるみとか…かえっこの残りものですが、山ほど在庫がありますので、支援団体などで必要なところがあれば連絡ください。段ボール箱単位で提供いたします。(送料は要相談、お金がないからな…) 


a0010575_2043079.jpgぬいぐるみの中にはきれいな綿がたくさんはいっているので、ぬいぐるみを解体すると相当な綿が取り出せます。それで布団作るとか、家では隙間風を防ぐ材料に使っています。一方、ぬいぐるみの綿を外した皮(僕らはスキンと呼んでますが…)は縫い合わせると相当暖かい着ぐるみが作れます。防災ずきんにも使えます。

そういえば、北本タワーにぬいぐるみ入りの段ボールたくさんあったなー。あれ、埼玉アリーナに持って行ってもらうとか…。

避難所で皆が熊とか猫とかの着ぐるみ着て暮らしているとなんだか…いいかも…

…とりあえず…

連絡はかえっこ事務局まで。
by fuji-studio | 2011-03-21 15:21 | ご案内/Information
いわゆるモノとしての、あるいは空間としての作品?
a0010575_1951763.jpgつくづく思うが、日常的に何かを表現することと、作品をつくること、あるいは作品化することにはズレがある。

もちろん、表現以前のモヤモヤと表現することの間にもズレがある。

つまり・・・必ずしも同じことではない。・・・ということ。


a0010575_195501.jpgさらにその作品化することと発表することはまたまったく別の種類のことである。

ズレ、ズレ、ズレとズレが三段階程度重ねられて作品はそこにあり、作品の体験者はそこでまた決定的にズレた捉え方をし、ズレた情報を得る。 
そのこと・・・つまり4段階以上のズレがあるという事実は一般的な常識ではない。


a0010575_1961058.jpgこれらが全くイコールの人がいてもおかしくはないが、・・・うらやましいが、・・・いや、やっぱりありえないだろう・・・。

ところが一般的には、発表されたものが、作品としてみなされ、個人の表現物そのものとしてみなされ、あるいは作家そのものとしてみなされる。

それがさらに大きなズレをうみだす。

そのズレを楽しめるうちはいいが、そのズレが亀裂となり自分にのしかかってくるとつらくなる。

その重圧に耐え切れなくなり潰れる作家も多い。

僕の場合、モノを集め、分別し、並べるという日常の表現行為があり・・・、

そのなかでも特定の行為が編集され、モノゴトやシクミとして作品化され・・・、

そのシクミを可視化するためのデモンストレーションとして編集され発表されるというパターンが増えてきた。


a0010575_23195447.jpgその説明が複雑なので、結局、今回の作品はモノとして、あるいは空間の作品として、極力語ることなく発表された。

だから、物足りないんだなー。

モノとしての、あるいは空間としての作品ならば、最低でもこの10倍の広さの空間で、10倍の時間とエネルギーをかけてやるべきなんだろうなー。


a0010575_1149455.jpgああ、やりたりない感じが僕としてはいたたまれない。 

ところで、この会場の床のおもちゃ、北京の会場ではいらなくなったものを一つ持ってくると欲しいおもちゃと交換できることにして展示していた。


a0010575_11501388.jpgこの広東での展示の為におもちゃを減らしたくなかったからという理由。

結局、北京展を終えて、3割ぐらいは中国のおもちゃに交換されていたかな・・・。

ところが今回の展示であとは日本に戻るだけなので、おもちゃを減らそうというもくろみで、欲しいおもちゃみつけてその絵を描くとそのおもちゃがひとつもらえることにしてみた。


a0010575_11504923.jpgおもちゃやぬいぐるみを欲しい子ども達が床にへばりついて絵を描く風景を想像した。

ところがオープニングに押しかけた観客で・・・

わずか2時間程度でものの見事におもちゃ、ぬいぐるみの7割が消えた。


a0010575_11511389.jpg中国、都心部といえどもまだまだ凄い!

日本ではだいたいぬいぐるみはなくならないんだけどなー。

中国人はぬいぐるみ好き?


a0010575_11513786.jpgバングラデッシュではビニール袋だけになっていたが・・・
さて、広東では何がのこるか・・・乞うご期待!

しかし、すごい勢いだったなー。

日本のかえっこユーザーの皆さん、このようにかえっこのおもちゃたちはまだまだ欲しがる人は世界中にたくさんいるようですよ。

オープニング後の食事中に、中国の作家が冗談で話してくれました。

「ああ、じゃあ、そのおもちゃ達はいまごろマーケットで売られてるかも・・・。そうそう。さらにその中からいいおもちゃがコピーされて、今頃量産されているかも・・・。」だって。

あながち冗談に聞こえないところが凄いなあ。 ・・・中国。

ちなみに広東でさえ東京より大きい街なんじゃないかなー。
by fuji-studio | 2007-12-25 23:06 | ■海外での活動
ラブリンとミシランゲンニン?
兵庫県のHAT神戸で1月9日から開催される防災EXPO

その準備が進行中。

a0010575_026135.jpg兵庫県立美術館でも今回新しい震災の語り部の話をもとにして新しい物語をつくり、アーティスト数名がコレボレーションして影人形紙芝居を上演するという試みが行われる。

その衣装の一部を僕のスタジオで制作することにした。

かえっこで集まったぬいぐるみを縫い合わせて作るかぶりものシリーズの新作。

作家は一応、Arty Partyというメンバー出入り自由のアーティストユニット・・・っとなっているが、実際の制作担当は僕の制作スタジオで一年以上制作を手伝ってくれている田中ちいさん


a0010575_027128.jpg今回の作品の原画は京都のアーティストの林加奈。それをもとにしてちいさんが山ほどのぬいぐるみの中から素材を選び、制作した。

さて、これがどのような舞台になるかは1月の防災EXPOで。

しかし、このぬいぐるみを寄せ集めたかぶりもの作品、宮城のえずこホールの十年音泉でデビューして松井山手でのカンガルーに次ぐ第三弾。

こうやって増えてくると面白いなー。

そうそう。これは防災頭巾になるんです。イザとなったときにはこれをかぶって非難すべし。

写真の上がラブリンさんで、下がミシランゲンニンさん・・・という面白い名前。

さて、どんな影人形紙芝居になるのか、乞うご期待。

え? 僕も何かやっていいの? 歌うとか?

あ、それはそうと、このまえのカンガルー、イスにかけるタイプにしてソウルでの展覧会に出品しようかな・・・。
by fuji-studio | 2007-12-18 23:31 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
カンガエルカンガルー、松井山手でひっそりとデビュー!
a0010575_10442047.jpg1999年の秋葉原TVへクスタケシが出品した映像作品が「バクはカンガルー」(僕は考える)バクが走り回り、カンガルーが寝ている映像作品で、なんの反応もないままにお蔵入りした映像作品。

そうそう。そのとき、まだ福岡に引っ越してきたばかりの柳君のお父さんや家族がバクにまたがり走ってくれた。

カンガルーとの出会いは1987年のアーストラリア。
パプアニューギニアの隣の国だったので、ニューギニア時代にオーストラリアを数回貧乏旅行で旅したことがある。 ・・・なんてことはあまり関係なく・・・カンガエルカンガルーはたんなる駄洒落。

家にありあまるぬいぐるみをどうにか活かせないかとARTY PARTYに制作を依頼した。

京都府の京田辺市の松井山手の駅前に福岡から届いたカンガエルカンガルーはやたらとでかい。 頭は小さいが・・・。


a0010575_10461259.jpgとりあえずかえっこ会場でカンガエルカンガルーコーナーを設けてみる。
一応今日がこのカンガエルカンガルーのデビュー。

数少ない子ども達はとても不気味がって、近寄ってこない。

まあ、僕がかぶっているから不気味なのであって、おそらくだれか小柄な学生なり子どもなりがかぶると可愛いにちがいない。


a0010575_10471210.jpg子どもと一緒に遊びをカンガエルコーナーだったが、暇だったのでカンガルーをかぶったまま落書きをしているうちに桜島の砂防センターのキャラクターの絵ができてしまった。

僕にとってはなかなか充実した時間。

カンガルーをかぶって一所懸命に仕事をするパフォーマンスになってしまった。

そういえば参加人数は記録的に少なかったが・・・なんだかとても幸せなかえっこでオークションなんかもとても盛り上がっていたなー。

今回も怪しい雰囲気の広告代理店が怪しいアンケートをとって幸せな雰囲気をぶち壊しにしていたが・・・。他のところでやればいいのに・・・。主体性のない勘違いアンケート。
by fuji-studio | 2007-10-28 10:52 | ●京都・つくるところ実験
世田谷の三軒茶屋のキャロットタワーと生活工房での展示
a0010575_2324134.jpg世田谷区の三軒茶屋のキャロットタワーにある世田谷区民の為の公民館のような施設、「生活工房」での展示がはじまる。 

これまでの生活廃棄物を使った活動とかえっこを紹介するカタログ的な展示。

随分前に制作したペットボトルのシャンデリア(?)も吹き抜けに展示。


a0010575_23374790.jpg本来、中に照明器具を入れて展示するのですが、ビル管理の問題から照明を入れての展示ができなくなり、単にペットボトルをぶら下げてだけのもの。

しかし、午前中とか、光りの入り方でなかなかきれいに光って見える時間帯もある。


a0010575_23392491.jpg3階にあるギャラリーコーナーにはかえっこの紹介とそこで出てきた廃材を利用した作品と、それを作るための工房を設置。


a0010575_23405811.jpg本当はここが駄菓子やのような子ども達が溜まれる空間にしたかったのですが、管理の面で難しいということで中途半端な状態。


a0010575_23454375.jpg松井山手につくる空間にこのようなコーナーをつくるのはいかがでしょうか?

というか、このような空間が当たり前のように常設してある時代が来ればいいでしょうね。


a0010575_0244859.jpg今回、中野さんが集計してくれて、一応、これまで300箇所での開催はリストアップできました。

それと今回、これまでのかえっこ開催者の連絡のわかる方にアンケートを依頼したのですが、その結果も一部ですが展示しています。

アンケートの中でこれまでに何回開催しましたか?という問いに対する答えを累計すると280回。


a0010575_05522.jpg今回僕らが捉えている開催者のうち半分の以下の方にしかアンケートを出していない。その方のうち半分ぐらいの回答があったとすると、単純推計で1120回程度開催しているという計算になる。

一回あたりの参加者が多くて数千人、少ないところで50人程度、平均して考えるのは難しいが、少なめに考えても参加人数が100人だとして1000開催したとすると・・・10万人。

なるほど。

現在の子ども人口が1500万人程度として、1%程度の子どものおもちゃが循環し始めたってことか・・・。

あと10年もすれば・・・。
by fuji-studio | 2007-10-06 10:15 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
ぬいぐるみの再生工房
a0010575_825486.jpgかえっこで限りなく貯まり続けるぬいぐるみ。

それをこの夏は各地でいろいろな形に再生する実験工房を開設しようとしている。


a0010575_826481.jpgその第一弾がこの篠山チルドレンズミュージアムでのぬいぐるみ再生工房。

これまで、エズコホールでの衣装をつくったり、ぬいぐるみを裏返して新しいぬいぐるみを作ってみたり、ばらしながらカーペットを作ってみたり・・・・


a0010575_8273038.jpg今回、一般参加者がいろいろぬいぐるみを使って新しい作品を制作してくれる。


a0010575_8281310.jpgある家族が作ってくれたという蓑虫シリーズ


a0010575_8284348.jpgスタッフが作ってくれた雲の中のぬいぐるみシリーズ。


a0010575_8292438.jpgぬいぐるみの中の綿でぬいぐるみを覆う繭シリーズ。


a0010575_8354031.jpgぬいぐるみを入れ替えて妙なキャラクターをつくる作品。


a0010575_8361634.jpgこの2日間だけでいろいろな作品が完成していてとても楽しい。

いや、みんなすごいですね。

横浜市民ギャラリーあざみ野でもこの工房オープンしたいし、世田谷の生活工房でもオープンしたいのですが・・・。

いかがでしょうか?
by fuji-studio | 2007-08-07 08:37 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
Useless Selectionの参加者作品!
a0010575_11282177.jpg


a0010575_1129365.jpg


a0010575_11293636.jpg


a0010575_1130526.jpg


a0010575_113037100.jpg


a0010575_1131185.jpg


a0010575_11313684.jpg


a0010575_1132283.jpg


a0010575_11323123.jpg


a0010575_11332858.jpg


a0010575_1133515.jpg


a0010575_11341461.jpg


a0010575_11344269.jpg


a0010575_11352216.jpg
by fuji-studio | 2007-03-06 23:26 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
十年音泉! 燃え尽きる! いや、はジメでした!
いや、よかった。
十年音泉、2日目でありながら、最終日、皆さん燃え尽きましたね。

a0010575_232393.jpg観客がどの程度の満足レベルかはわからないが、自己満足レベルでは90%は越えたかもしれない。

この安っぽい銭湯絵画の富士山の新聞紙製の緞帳に湯気が立ち上るところから始まります。


a0010575_233590.jpgこれはもうすでに住民参加型総合音楽劇ではなく、 住民主導型演劇交響楽!
本当にいい仕事をさせていただきました。ありがとうございました。


a0010575_2332495.jpgいい人たちといい仕事ができるって本当にありがたいことだとつくづく感じました。

たぶん、もう2度とできないし、ありえない仕事。


a0010575_2334925.jpg皆さん本当にお疲れ様。

で、ありがとうございました。


a0010575_2341591.jpg筑前深江アーツキャンプ取手アートプロジェクトと今回と、なんとこの浴衣、3つのアートプロジェクトで利用されました。

見晴荘、ありがとう! 琴ちゃんありがとう。


a0010575_2344150.jpgこのシーンはオープニングなのですが、予告編のようなもので、本編とはまったく関係ないところ。

後ろで吹奏楽団がオープニングテーマを演奏しています。

役者の表情も動きもとてもいい。


a0010575_235724.jpgくさい芝居にキチガイ演出家が登場して絶妙なバランスの第二音泉。

ビデオテープが光る。


a0010575_2355721.jpgビデオテープと映像がからみ、2階席とステージ上で2つの吹奏楽団が掛け合うシーン。キチガイ演出家が無言劇を命じるために、くちをパクパクさせながら物語が進ながら、演奏が盛り上がるあたりがまた絶妙。


a0010575_2334374.jpg野村さんが小学5年生のときに作曲した曲を地元の児童合唱団がワークショップで歌詞のキーワードを出し編曲して歌う。


a0010575_23361086.jpg当時の楽譜の映像や野村さんが話しをする映像をライブでスクリーンに投影する。

ちなみに本番中、僕は映像のオペレーション係。


a0010575_2362930.jpg出演者がそれぞれブタのかぶりものを制作したタケヤブタのシーン。
ここから音楽と動きが混ざり合いはじめ、なかなかいい感じになってゆく。


a0010575_2365552.jpgこれらの曲がすべて住民がワークショップで作ったオリジナルなのでさらにすごい。


a0010575_2372145.jpgヤセ犬についてのレクチャーを行っている最中にヤセ犬行進のテーマ曲のような盛り上がる曲がはじまり、ヤセ犬ダンスがはじまる。

ぼくも思わずレクチャーのはずが、せりふのような状態になり、久しぶりの役者もどきを楽しむ。あー、気持ちよかった。


a0010575_2375449.jpgで、いよいよ本命のギター部の登場。

このギター部の曲がとてもいい。
ギター部の音色がとてもいい。



a0010575_2381661.jpg役者の動きと演奏とせりふと…ギター部の演奏と動きが微妙に交差しあいながら、なかなかいい感じでとても好きなシーン。

僕だったらもっとこう演出するのに・・・と演出していた頃を思い出し、一番むずむずしてしまうところ。

あー、演出やりたい!(そういえば忘れていたなー)


a0010575_2385264.jpgで、最後祝宴がはじまり、レジ袋の旗が会場内に張り巡らされる。

野村さんと司会者の進行で祝電の披露。

いろいろな人が演劇的に音楽的に祝電を披露しますが、残りのこった 祝電の数の人が一斉に祝電を披露するシーン。


a0010575_2392222.jpg野村さんが観客全員を指揮しています。

この旗を張るところのシーン、見てみたい。

このときの演奏もなかなかいいです。


a0010575_2394966.jpgで、さいごは会場全員にレジ袋が配られ、それに空気を入れて皆で乾杯!の儀式。

もちろん十周年を祝う乾杯です。


a0010575_23101886.jpg館長が最後に大活躍。 なかなか心にしみる挨拶のあと「乾杯!」

全員が舞台の上や下や、とにかく乾杯してまわる。


a0010575_013464.jpg最後は「いっぽんじめ」ならず「いっぽんはじめ」
「よ~ぉ、! ポン」とポンと手をたたくかわりに全員が空気の入ったレジ袋をポンと割る。
いっぽんじめで10年が終わるのではなく、これからの10年がまた始まるという意味での「いっぽんはじめ」ということらしい。

なかなかいいアイデア。

この「いっぽんはじめ」えずこの十年音泉から全国に普及するかも。

野村さん、ナイスでしたね。

で、かたづけ、うちあげ。

この数日間いたかったお腹の調子もよくなり、しっかりうちあげで盛り上がりました。

あー、疲れた。

野村さんの報告はこちら。

矢内原さんの報告はこちらです。
by fuji-studio | 2007-02-18 23:10 | ■宮城・えずこホールとの活動
取材で蔵王へ! ブタさんチームと。
a0010575_8395278.jpg泉山君と豚さんチームを乗せて撮影にでかける。

遠刈田温泉の足湯で撮影。

ブタさんチームはとてもにぎやかで、浮いています。


a0010575_8414939.jpgたまたま、蔵王方面に向かう途中のホールでのどじまん大会の予選を行っているところに出くわし、そのまま出場してしまいそうな勢い。

いや、勢いがある。
by fuji-studio | 2007-02-10 23:32 | ■宮城・えずこホールとの活動