<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
そうか。石を入れればいいんだ
なぜこんな単純なことに気づかなかったのだろう。
石を入れれば安定する。

しかもなんだか、いい。

なぜ今さら思いついたのだろう?

人の発想はいろいろなものに縛られてるなぁ
a0010575_08374229.jpeg
a0010575_08465980.jpeg

by fuji-studio | 2016-09-26 08:34
茨城県北芸術祭でポリプラ
茨城県北芸術祭に芸術祭への来場者とサポーターや地域住民の接点となる場をつくろうと、ポリプラネットカンパニーという架空の会社を作ってみた。

a0010575_08172842.jpg
関係をつくるために、あえて架空の存在をつくろうとするプロジェクト。2010年の瀬戸内国際芸術祭のときに「藤島八十郎をつくる」という作品で試みた手法・・・

a0010575_08170219.jpg
ポリプラネットという言葉は横浜のバンクアートが銀行跡にあった頃に行った展示の名称を引き継いで、2014年、十和田市現代美術館での展覧会から立ち上げて札幌、上小阿仁で小さなこころみを行ってきた。実は現場でのオペレーションとファシリテーションを行うスタッフがとても重要になってくるが、なかなか難しい。
a0010575_08171468.jpg
空間としては、これまでの活動を再編集したものなので、個人的にはとても気楽に楽しませてもらっている。
a0010575_08171808.jpg
僕自身が肩の力を抜いていないと、参加する人がなかなか動けないだろうし、ゆるゆるの雰囲気をいかに芸術祭に持ち込むかのバランスも結構微妙で、そのあたりを探るのも楽しい。


今回のささやかな方向性は数年前から僕が「吟醸」「大吟醸」と呼び始めたおもちゃ箱の底に集まってしまう本当に小さなおもちゃのかけらや破片たち。

a0010575_08172346.jpg
それをちゃんと見せられたのは嬉しい。しかし、これは美術館やギャラリーピースとして見せるべき素材なのかもしれない。
a0010575_08173675.jpg
それとぬいぐるみ系のソフトスカルプチャーの展開。実はプラスチックの破片やハッピー系でつくるよりも、相当作りやすいし、材料もあつまりやすい。
海外への編成へも耐え切れる素材なのかもしれない。
a0010575_08193640.jpg
しかし県北芸術祭は広域で様々な質のものが同列に扱われていて要注意。4日かけて巡ろうとしても無理だろうな
a0010575_08182861.jpg

a0010575_08194662.jpg
a0010575_08195595.jpg
a0010575_08191506.jpg
a0010575_08183430.jpg



by fuji-studio | 2016-09-19 09:13 | ○デコポリ・ビニプラ系活動