<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
10年前の自分からの手紙
海外を拠点に活動を続けている建築出身のアーティスト、増山士郎さんから依頼を受けて、確かに、10年後の自分に宛てた手紙を書いたことがある。 当たり前の話だが、そんなことまったく忘れていた。

突然おくられてきてきた10年前の自分からの手紙。 もっと、感動的かと思っていたが、以外とそんなことはない。見慣れた嫌いな文字、一方的でなげやりな文章、内容などもなんだかイライラさせる内容。まあ、こんなものかと放置されていた。

現在の増山さんに送り返したほうがよさそうなアンケートのようなものがあったので記入しなきゃと机の未整理の書類の山の中からまた取り出して、なんとなく目につくとろろにおいていたが、もらって一ヶ月、なんとなく、その存在が主張してくる。

もう一度ちゃんと中身をみながら、手紙の内容に対して、自分という相手に答えてみはじめるとなんだかとてもじわーっときはじめる。

自分が変わったという実感はないし、変われていない自分への苛立ちもある。しかし自分の周辺の状況は随分と変化してきた。ちょうど、今宮城県のえずこホールの20周年記念事業を組み立てているが、10年前、同じホールの10周年事業を行っていた時期。急性膵炎で倒れる前でまだまだ、内臓のアルコール漬を夜な夜な作っていた頃。facebookもTwitterもLineもスマートフォンもなく、ブログが全盛。このころ中毒的ともいえるほと、かなり書き込んでいる。

そのころ住んでいた自宅はその後2回引っ越しているが、僕は単身赴任になり、その当時からすると、8回引っ越している。東日本大震災が発生し、原発が日本各地を放射能汚染をはじめ、日本はそれを止められないどころか、それを覆い隠す為の崩壊のシナリオへと動き始めているようにも見える。

僕の家庭や、スタジオでも増え続ける廃棄物のための倉庫だけが増え続けているが、日本国内、あるいは世界全体で核廃棄物も含め、廃棄物汚染が蔓延しつつある。

僕らが行ってきた表現活動は何の連鎖も生み出すことはないのだろうか。しんどいなぁ。
a0010575_08422966.jpeg

by fuji-studio | 2016-06-28 10:46 | ・思索雑感/ImageTrash
シンガポール国立博物館での展示
シンガポールの国立博物館から依頼を受けて、トイザウルス4体が旅に出ることに。
去年金沢で行った展示が海外のいくつかのメディアで紹介されているのがきっかけ。
そもそも、エントランスにあるドーム状の空間の真ん中に設置してほしいとのオーダーだったが、調整するうちに、館内の数カ所置いてほしいという話になり、二転三転して結局博物館内のアトリウムの片隅に展示することになった。

まあ、仕方ない。
a0010575_08153630.jpg
作品は制作中当たり前の話だが自分の手元にある。それがあるとき手を離れる。

自分のてから離れる瞬間、つまり「リリース」する瞬間の感覚、そのときはまだ何も見えない。


a0010575_08152413.jpg
しかし、いったんリリースされると、作品は独自に動き始める。僕の知らないところで知らない出来事が発生する。

それに関与してしまう。そっと育ててきた子どもたちをあるときじわーっと自立に向かわせる感覚にも似ている。
作品のあり方はその制作者の意図で様々にある。80年代、作品は排泄物だと信じ、制作している先輩たちがいて、大きな違和感を抱いていた。排泄物だと信じ、日々の生活の中で排泄し続けるそのような関係性は否定したかった。


a0010575_08151047.jpg
逆に作品を制作することは宝物のようなものを作ることだと信じて制作している先輩たちもいた。究極の宝物を制作し流通を作ることしか生きる道はないと諭されたがそのような態度にも屈するつもりはなかった。僕はそれを求めていなかった。

いつでもそのような答えのないところにいるような気がする。どのようなあり方がいいかはわからないが、そんな感覚をは無関係に制作し、いったんとを離れたものはそれぞれそれなりに動き始めるものだ。


a0010575_08164097.jpg
それを見守り、健康に暮らしていることを願うしかない。まさに親の気持ちだなと最近思う。

とにかく、数ヶ月、シンガポールで頑張って健康で帰国してほしい。そもそも、背骨に持病があり、そろそろ入院して大手術をしなければならない頃だった。長旅させてごめんなさい。



by fuji-studio | 2016-06-08 07:56 | ■海外での活動