<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
繋ぐ術2
パプアニューギニアで先祖の精霊と繋がるための儀式のようなものに出会ったことがある。体に模様や装飾を施し、声を出し、同じパターンのリズムを刻みつづけ、体を動かし続け、何らかの行為を繰り返し行う行為。それはまるで体内にある遺伝子と繋がろうとしている行為のようでもあった。

それは音楽、美術、舞踊、宗教、政治など、近代社会が分けてしまったカテゴリー以前の生命と自然を繋ぐ大切な術だったのだろうと思う。

自然には多くの法則が組み込まれ、私たちの体内にもまた多くの法則のようなものが組み込まれている。そこに向き合う行為は太古の昔から人の営みの中で繰り返され、様々な行為の結晶として伝えられ、残されてきた。今回田中忠三郎コレクションの東北地域の衣装に見る図柄に出会い、それらが世界各地に伝えられるものと、あるいは現代作家が生み出すものと、本質的に繋がっている。時として人が繰り返し行う単純な行為の向こう側に自然に組み込まれたあまりにも複雑で高度な法則を垣間見る。そのような行為の結晶を確認してみたい。時代もジャンルも超えて。

by fuji-studio | 2014-10-30 08:51 | ■青森&十和田での活動
繋ぐ術
田中忠三郎の伝える精神 の展覧会の準備でもろもろ文章を書かねばならない。新聞に3回連載で紹介してもらえるというので、どのような形で書いたらいいのか模索中。

・・・・・・・

刺すという行為と縫うという行為は全く違うということをこの展覧会を企画する中で出会った八戸在住の南部菱刺しの作家、天羽弥生さんに教えられた。

薄手の麻布の経糸と横糸のわずかの隙間に糸を通し、二目、四目と偶数の目をとりながら糸を横に通す総刺し。繊維そのものが入手しづらく、高価で貴重だった東北の地において、多くの女性たちは様々な思いで「刺す」という行為を重ねていった。それは寒さを凌ぐための衣服を作る行為であるとともに、厳しい日常から精神的に逸脱し、より高度で自由な世界に繋がるための技でもあり、暮らしの中でだれにも迫害をうけない居場所と時間を確保するための術でもあったと思う。その女性たちの暮らしぶりに思いを馳せながら多くの衣服を収集していた人物が田中忠三郎である。

彼が収集する中で触れようとした精神、あるいは東北の地の暮らしの中から醸し出された衣服たちが伝える精神はいかなるものであったのか。


a0010575_08125030.jpg


by fuji-studio | 2014-10-26 11:07
開くことと閉じること
a0010575_08511964.jpg最近、開くことと閉じることのバランスがとても重要だということが気になって仕方ない。

感情や感覚の在り方、あるいは精神状態のあり方というべきか、心の在り方というべきか。

自分自身の状態を客観視できること。そのことがとても重要な気がする。

作品を作る行為、あるいは表現に向かう行為、自分自身を客観視し、さらに自分自身を超えようとする行為はあくまでも内側に向かいつつ、ある意味閉じたところから発する質のものなのかもしれない。そしてそれを発表する行為、社会化する行為は、自分の内なるものをいかに開いてゆくかということに繋がる行為のような気もする。

しかしそれぞれにも開く部分と閉じる部分が微妙なバランスでせめぎあう。

内なる自分を超えてゆく行為はまさに自分と周辺との境界を行き来する行為であるし、社会化しようと発表する行為は単に自分自身を開くだけではなく、ある部分に対して閉じながらある部分を開いてゆく微妙な操作が絡んでくる行為のような気がする。

もしかすると開くと閉じるだけのことではないのかもしれない。

前向きと後ろ向き、上向きと下向き、そして開くことと閉じること・・・そのバランスをコントロールできればすごいのだろうけれど・・・。

あたりまえだけれど、世の中はそんなに単純ではない。だから面白い。その微妙な開き具合と閉じる具合でいろいろな関係の在り方が変わってくる。

それを自覚できること・・・そんなことって子どもの頃教えられなかったなぁ。



by fuji-studio | 2014-10-26 08:49 | ・思索雑感/ImageTrash