<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
3331 Arts CYD プレオープンのためのプレゼンテーションショー開催
千代田区の秋葉原にできるアートセンター、3331アーツ千代田のプレオープンまであと1ヶ月半。

a0010575_10254479.jpg入居団体や関係アーティストが集まって記者発表を兼ねたプレゼンテーションのショー。

300人の来場者で会場は熱気。

何かを作り出そうとする人たちがいろいろなジャンルから集まってのプレゼンテーションだけあってものすごくいい現場。

新しいアートシーンの発生の現場に立ち会えてありがたい。

久しぶりの期待感が充満している濃厚な現場
これは相当凄いところになりそう。

ニコニコ動画で現場中継を行っていて、しかもそれを会場で実況していて・・・面白かったなー。
by fuji-studio | 2010-01-30 13:15 | ■東京での活動
雲ひとつなく壱岐も対馬も近くに見える日
a0010575_17373082.jpgいつもの散歩の場所。

今日は天気がよく、蒸気も少ない為か雲ひとつなく、遠くまで見渡せる。

天気のいいときは壱岐の島や対馬まで見えると聞いていたが、なるほど、今日は本当に近くに見える。

サハラ砂漠の空とか、アリゾナの空がこんなかんじだったな・・・。

心に沁みる。


by fuji-studio | 2010-01-26 17:37 | ・生活周辺/LifeScape
Rider Tower 参上!・・・っていう感じ・・・。
a0010575_1431323.jpg秋葉原のアートセンターでの展示と六本木アートナイトに向けて、日々作品の準備。

今日完成したのは、ライダー系のかえっこおもちゃ破片でできた「Rider Tower」

これも去年、一度制作して完成したものだが、一度も発表されることなくスタジオで眠っていた。

運搬するにはかなり無理のある作り方をしていたので、展示用にもう一度制作しなおす。

ウルトラ系といい、レンジャー系といい、かえっこに多く出店され、人気の高いものだが、それでも相当量のこれ系の人形が出回っているのだろう。どうしてもたくさん余ってしまう。

特に僕のところにたまるのもは、散々遊び倒して、戦い抜いて体が傷だらけの・・・つまり塗装がはげたり擦れたりした人形。片足、片手系、マスクがないもの、曲がったもの、汚れたもの・・・

とはいえ、こうやってまとめてみると・・・ありがたい・・・。

しかし、これらの素材、30年後、どうなっているのだろう・・・。
by fuji-studio | 2010-01-26 14:31 | ・単純記録/Diary
青ザウルスと新ザウルスと・・・そのほかもろもろ制作中
a0010575_1324206.jpgひとつひとつの素材をひたすら繋げて行く作業。

おもちゃの破片をひとつひとつワイヤーで繋いでゆく作業・・・

この作業を繰り返していていつも思うのだが・・・

織の作業に似ている。

一本一本の糸を重ねて、柄を織り上げてゆくかなり根気のいる作業。

そういえば・・・知らない人も多いかもしれないが・・・大学は一応染織科で大学を卒業し、大学院も染織で修士課程を終えた。

たまたま経歴上、美術研究科での修士課程となっているので、染織を専攻していた6年間の経歴が表に出ることが少ないが、確かに大学時代は染織の研究室に属していた。

実際にはろうけつ染めの作家教授のところにいて、大学院に入るなりろうけつ染めからのりの筒描きという技法にシフトしたので織の作業を行っていたわけではないが・・・。

しかし、子どもの頃、隣に暮らしていた祖母が大島紬を織っているのを毎日のように眺めていて、一本一本の糸を丁寧に重ねて図柄を織り上げる姿を尊敬していたし、僕の初期美術体験は確かに織りだった。

タチ(性質)として、重ねる作業よりは、広げる作業。積層よりもは拡散。ぺたぺたよりはサラサラ。油系よりは水系。感覚よりは認識。色や形よりは意志や方向性。彫刻よりは彫塑・・・を好むので、微妙に苦手な面もある。

しかし、なんだか・・・作業に没頭していると時間が飛んでゆく。

・・・今日も気がつくと・・・辺りが暗くなっていた。

この時間をもっとたくさん過ごしたい。

しかし、現実は・・・なかなかできないな・・・。
by fuji-studio | 2010-01-25 22:24 | ・スタジオ作業日誌
今年も 「ももてまつり」で 胃拡張・・・。
a0010575_1119479.jpg今年もまた僕が暮らす集落(福岡県糸島市二丈深江)での奇祭、百手(ももて)まつりがとりおこなわれる。

まつりといっても、祭りというよりは奉り事。

豊作を祈願して行われる古くから伝わる風習だとか。


a0010575_16251354.jpgこんなてんこもりのご飯をどんぶりで3杯半食べなければならないというどちらかというと個人的には憂鬱な祭り。

去年、一昨年と当番にあたってしまって、準備が大変だったが、今年は参加する側だったので、気楽でよかった。

ももてまつりについて、詳しくは去年のブログをご覧ください。

・・・もう食えん!・・・
by fuji-studio | 2010-01-24 11:19 | ・単純記録/Diary
神戸芸術工科大学での講義
a0010575_9452233.jpg久しぶりの神戸。

考えてみると神戸との縁も多チャンネルで深い。

2000年ぐらいから神戸大学での夏の集中講座を毎年持つようになったり、2002年だったか六甲山にある自然の家でのNature Arts Campのために2週間六甲山にこもったり・・・そういえば、そのときのサポートスタッフと今でも一緒にいろいろな現場で仕事をしているなぁ・・・六甲山牧場でのワークショップをしかける仕組みを模索してみたり・・・新開地楽座という地域活動のためのイメージリサーチのプログラムを数ヶ月間行ってみたり・・・新開地100年祭の飾りを湊川公園で大規模に行ってみたり・・・

そして2005年の阪神淡路大震災10年事業での神戸カエルキャラバンでの数千人規模のかえっこや市内数箇所のキャラバン・・・六甲駅前の防災公園での防災キャンプ・・・それが連鎖し、神戸にNPOプラスアーツを設立することになり・・・そこから神戸市内のいたるところにかえっこが拡がり・・・神戸のシルバーカレッジでかえっこ実務養成講座を開いてみたり・・・思わぬ協力隊との関係で兵庫JICAと繋がり、HAT神戸で防災系のイベントへと連鎖したり・・・。そこから世界各地での防災ワークショップに連鎖しそうですが・・・

その活動のどの現場でも、実は神戸芸術工科大学の学生とか、学生だった人たちと一緒に活動してきたし、今もその活動が続いている。・・・みんな大人になったけど・・・

不思議な縁だなと思う。

今日の講義を聴いた学生とも、どこかの現場で一緒に動くことになるのかな・・・。

楽しみにしています。
by fuji-studio | 2010-01-21 23:45 | ・単純記録/Diary
2009年の夏2ヶ月を過ごした大阪中之島
a0010575_1210082.jpg戸芸術工科大学での講義のために久しぶりに関西に入る。

去年の夏、2ヶ月間ほど関わった大阪の中之島・・・

ここがまたかけがえのない大切な関係の場所が増えたな・・・と実感する。

・・・当たり前の話だけど・・・

深く関われば関わるほど記憶の中で大切な場所として編集され、それが蓄積される。

その裏返しに自分自身の存在が大切なものとして意識的に保存される。

すべてが自分の意識の上で・・・記憶が編集されることによってつくられること

・・・なのだと思う。
by fuji-studio | 2010-01-20 12:10 | ・単純記録/Diary
千代田アートセンター 3331のプレオープンに向けて
千代田区にあたらしく登場するアートセンター「3331」
a0010575_23463081.jpgそのプレオープンの予定がだんだんと確定してきて、そのオープニングに向けて動きが活発になってきている。

僕もぼやぼやしていられない。

オープニングの記念展に空間をもらえそうで、そのイメージを描いてみる。

アートセンターの入り口にはかえっこ屋が常設された「かえるステーション」もオープンし、2015年までの5年間、ここをステーションとしてかえっこ以降の「Toys Paradise」のプロジェクト拠点として付き合ってゆく覚悟。

その出発点のプレゼンテーションの空間として、これまでの活動が俯瞰できるような空間にしてみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、1月30日にこの「3331」でプレゼンテーションのイベントがあるということで案内をもらい、「告知してね!」とのことなので以下に添付します。

僕も久しぶりにプレゼンテーションするんだなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・

=========================================
a0010575_1934313.jpg【 3331 Arts Chiyoda mail news 100118 】

3331 Arts Chiyoda 開館直前プレゼンショー開催決定!
=========================================

3月14日プレオープンの大型アートセンター3331 Arts Chiyodaにて、
施設各階へ入居予定の団体やアーティストなどによるプレゼンショーを開催します!

オープン準備中の3331 Arts Chiyodaは既に熱気に満ちています!
1月30日(土)はぜひ、秋葉原へお越し下さい!
_____________________________

〝3331 Arts Chiyoda 開館直前プレゼンショー〟

開催日:2010年1月30日(土)
開催時間:13:00~16:00(予定)
場所:3331 Arts Chiyoda 2階体育館

プレゼンテーター(現在の予定)
◎入居予定団体
  アキバタマビ21(多摩美術大学)
  株式会社トビムシ
  ストリートメディア株式会社
  ゼロダテ アートセンター東京
  谷門美術株式会社
  東京アートポイント計画
  g3/ (トリプルジー)
  バンビナート・プロモーション、他
◎プレオープン企画参加団体
  Dance Company Nomade~s
◎アーティスト
  中ザワヒデキ(美術家)
  八谷和彦(メディアアーティスト)
  日比野克彦(アーティスト)/ビデオレター参加
  藤浩志(美術家)
  ワン・ジュンジェ(アーティスト/台湾)
*あいうえお順、敬称略

____________________________

〔申し込み方法〕
来場を希望される方は、
お名前とご職業(会社名)をご記入の上、
このメール pr@3331.jp までご返信ください。

*お申し込みは1月25日(月)頃までにご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
_____________________________
by fuji-studio | 2010-01-19 00:01 | ■東京での活動
次のザウルスはじめました
a0010575_2311656.jpg大阪の中之島での作業から4ヶ月経ち、ようやく次のザウルスをつくりはじめる。

制作スタジオの横が竹林なので構造体となる竹材には不自由しない。

このサイズで5匹ぐらい誕生すると・・・なんだか面白い風景がつくれそうな気がする。

秋葉原とか六本木とか豊島とかいろいろなプロジェクトの現場を散歩できるといいな・・・。

とにかく・・・何かがおこりそうな可能性に対して開かれた行為だから没頭できるんだろうな・・・。

・・・・
by fuji-studio | 2010-01-18 18:38 | ・スタジオ作業日誌
庭の雑木の整理だけど、なんだか可能性が・・・
a0010575_15555272.jpg思いのほかスティック系のピースが面白くなる可能性を感じてしまったので、ついつい・・・いろいろな植物の枝の曲線が気になる。

「うみかえる」の庭に生い茂る雑木が気になり、桜の周りを整理することに。

面白い曲線の枝を切り出しつつ、枯れかけていた桜の老木の周りを整理する。

単に枝を切り落とすだけの作業ではなく、スティック系のための枝を想定しての切り落とし作業は・・・なんだか可能性に対して開かれている気がして心地いい。

最近、モノゴトに2つの方向性があることに気づき始めて・・・気になって仕方ない。

つまり・・・

何らかの可能性に対して開く方向性にあるモノゴトと・・・、可能性に対して閉じる方向にあるモノゴト。

可能性に対して開く方向性にあることがらに接すると・・・意味なくても嬉しい。
by fuji-studio | 2010-01-17 15:55 | ・スタジオ作業日誌