<   2007年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ヤセ犬20歳のお祝いの木型の家。
小倉駅前の伊勢丹のエントランスと3階ホールへの設営が終了。

僕の車で運べる数という制限のために・・・たぶん予算上の問題と・・・13棟の犬小屋のモデルハウスしか展示できなかったが、一応設営終了。明日からの展覧会に備える。

a0010575_20403777.jpg
これもっとちゃんとつくると、椅子としても利用できそう・・・。

次回の機会があれば今度は椅子バージョンとして充実させて、この数を最低この3倍は欲しいなー。

とにかくバルブの木型を展示するための仕掛け。

もっといろいろ面白そうなことができそうだ。


a0010575_20411169.jpg設営の場所に、今回の展覧会の主催団体の理事、岡野バルブ製造株式会社の社長の岡野さんも応援に来てくれる。

木型には全部記号とナンバーがうってあり、どこの発電所に納入されたものなのかがわかるとのこと。


a0010575_20414385.jpg
その鋳造素材についても記号化されて表記されているのだとか。

知っている人が見たら面白いんだろうなー。

デパートに入るどれだけの人に興味を持ってもらえるのだろうか・・・。


a0010575_204326.jpg今回、ヤセ犬達にまた働いてもらいました。

ヤセ犬はまだまだ現役だぞ!

そういえば、1997年に小倉のギャラリーSOAPでやせ犬誕生10年の誕生会の展覧会を行いましたね。そのときは旦過市場を散歩しました。

ヤセ犬は10年ごとに小倉の街を散歩していることになります。

そういえば、そのあとで小倉井筒屋の新館がオープンしたときも数十匹でお祝いに駆けつけたこともありました・・・。

それを目撃した人が博多リバレインのイニミニマニモの改修のときに黒猫を散歩させるイメージをつくり、そこから黒猫数十匹を制作することになったり・・・

とにかく、小倉でのヤセ犬10歳誕生会からさらに10年。
今年9月はヤセ犬は20歳の誕生日でした・・・忘れていた・・・。

20歳の誕生日おめでとう!

そうか、じゃあ、今回のSUPERO Houseは20歳の誕生日のプレゼントだったんですね。
by fuji-studio | 2007-08-31 20:50 | ●北九州での活動
門司で岡野バルコとバルミの仕上げ、そして伊勢丹の設営へ
a0010575_82168.jpg前原のスタジオで、バルブの木型に着色加工したものとヤセ犬を僕の車に満載し北九州へ。

北九州の門司にある岡野バルブの工場で穴があけられたバルコとバルミに出会う。

京都市立芸術大学の池に沈めたハニワを思い出しながらハニワ風の塗装。

写真で見ていた色と違う。


a0010575_8469.jpg持ってきた塗料の色が違うので結構苦労するが一応どうにか完成。

これは明日の朝、小倉のリバーウォークの横の川沿いの池に運び設置する予定。


a0010575_87027.jpgそれから小倉駅前の伊勢丹二移動。

エントランス付近の1階と3階に岡野バルブのバルブになる前の木型の作品を設置。

岡野バルブの岡野さん本人もこられていて、緊張感のある設営の現場。

・・・・・
by fuji-studio | 2007-08-30 20:39 | ●北九州での活動
九産大→アイランドシティ→ビジネス創造センター→月食
九州産業大学の授業「現代美術論」2日目。

a0010575_854185.jpgまたまた話しまくる日々。

しかし、学生の興味と体力が持続しないので、学生に考えてもらったり発表してもらったりと作戦変更。


a0010575_8543834.jpg九産大の学生は授業に積極的なのでこの写真のように皆前に座りたがる・・・
・・・と、いいたいが、実は僕が仕掛けたためにほんの少しの間、このような学生の配置の空間ができた。

しかし、またすぐみんな後ろの席へ。
ドーナツ化現象・・・、いや馬蹄化現象?


a0010575_8563726.jpg九州産業大学の授業を終えて夕暮れのなか徳永君や山野さんが最近働き始めたアイランドシティに新しくできたビジネス創造センターを訪ねてみる。

この建物、安藤忠雄の弟が設計したのだとか。

・・・


a0010575_954271.jpgアイランドシティを拠点として活動を生み出そうとする拠点として、ギャラリー、ホール、事務所、工房、映像スタジオなどが整備されている。


a0010575_96109.jpg数年前からいろいろと関わってきたが、いよいよ住民が住み始め、小学校も開校し、街ガ動きはじめているその時間の流れをあらためて感じる。


a0010575_963273.jpg施設の屋上から隣の中央公園を眺めると普通に散歩している人がいて、その生活が始まっている様子を知る。

ここを拠点として何を作ってゆくのか・・・。

それが大きな課題。


a0010575_965644.jpg帰り際、夜空の満月のはずの月がおかしい。

これが皆既月食か・・・。

家に帰り着く頃には満月に戻っていました。

うーん。何かが始まりそうないいかんじ。

しわじわっとしたいい予感。
by fuji-studio | 2007-08-28 23:34
九州産業大学で現代美術論の集中講義3日間スタート。
a0010575_8331513.jpg地域で3日間の30時間の連続講義なんてほとんどありえないが、大学のシステムの中ではそれが当たり前のようにあるのが不思議。

そりゃあ学生も眠くなるよね。

しかし大学という仕組みの中でしか実現できないのも事実。

なんと隣の教室では後小路さんが同じ科目「現代美術論」の授業を行っている。

隣の授業をみんな受ければいいのに・・ぼくも一緒に受けたいなー。

・・・・・

ということで、久しぶりに福岡に戻ってきました。
by fuji-studio | 2007-08-27 23:00 | ■福岡での活動
別府はこれからあつくなるぞ
別府は本当にあつかった!

a0010575_1249649.jpg温泉も熱いし、人もあつい。

AAF学校の3日目。
僕は昨日から入ったので2日目。

加藤さんとの対談を久しぶりに楽しんだ。


a0010575_12514931.jpg加藤さんの話しは面白いので対話していても楽しい。
温泉旅館の別館の熱い中、会場との対話にも熱気がこもる。

二宮君の長年培ってきた対話の作法が司会にいい味を変化を出してとても楽しい。

二宮君とも加藤さんともかれこれ15年モノの付き合い。

会場で展開されるのはアートプロジェクトとNPOの話し。
これはすべて2009年に開催される予定のBeppu Projectに向けての活動へとつなげて行きたい話し。

具体的な活動がはじまるので、受講生も開催者にも熱がこもる。

とにかく何かがたちあがり、何かが始まるイメージが会場に充満する。

地元の参加者よりも関西とか関東とかからの参加者のほうが多いのが驚き。

別府出身者で関西、関東の人も多かったのが印象的。

地元の人よりも地元出身で外の人とか、外まったく外部の人のほうが地元で始まろうとしている活動に興味や関心がある様子。

しかし、福岡も負けていられないね。宮本さん!
by fuji-studio | 2007-08-26 20:59 | ・講座/対話/研究会
大阪から小倉経由の別府のAAFへ
a0010575_7262126.jpg大阪から小倉を経由して別府に入る。

小倉の15分の乗り換えの時間に9月に展示を行う駅前の伊勢丹の展示場所に立ち寄る。

空間の大きさとか雰囲気を確認して別府行きの列車に。


a0010575_7265638.jpg小倉からこの経路で別府に入るのははじめての経験。

別府ではAAF学校のまさに熱い講義が始まろうとしているところ。

温泉街の簡易旅館の別室のようなところを使っての講義と対談。

ああ、熱気が・・・

あつい。

100円いれたら2時間動くクーラーがあまりにも小さくて、会場の大きさと人間の数に追いつかない。

具体的にあつい。

で、温泉もあつい。
by fuji-studio | 2007-08-25 20:51 | ・単純記録/Diary
結局、ワークショップ論というワークショップ。
神戸大でのワークショップ論集中講義の3日目。

a0010575_0155670.jpg結局、ワークショップ論というワークショップになっちゃいました。

まあ、予測していたことなのですが・・・。

しかし、大学の講義だと何故学生はすぐに寝むくなってしまうのでしょう?

いつも行う地域のプロジェクトやアートプロジェクトに参加する学生へのレクチャーで眠そうにしている人はいないのだけど、大学の授業で行うと必ず寝てしまう学生がいる。

同じ話しをしても反応や態度がまったく違うのは何故?


a0010575_76757.jpgモチベーションが違うからだとは思うのですが・・・、大学の授業って何なのかあらためて考えてしまう。

大学の講義って結局、受身なんでしょうね。自分から勉強しようと思って大きなモチベーションをもって主体的に講義を受ける学生なんてほんの一部なのかもしれないなー。

国立大学でも少なくとも一日あたり4000円ぐらいの授業料を払っているのだろうけど・・・、私立だと8000円~10000円ぐらい? そのぶん吸収しているのかな・・・。

地域で行われている講座の場合ひとつ受けるのに無料~1500円程度。地域の中に出かけていって社会の中にある様々なレクチャーや講座の類を積極的に受講するほうがよほど吸収性が高く、意味があるように思う。

さらに生の現場でボランティアスタッフ等で現場に関わると、実際に仕事をしている人と一緒に働けるのでよほど勉強になる。

そういえば、高校の授業時間ってひたすら眠かった記憶がある。

そういえば、大学の講義って受けた記憶がない。

ひたすら実技の実習の部屋にこもっていて制作をおこなっていた記憶はあるが・・・。
授業料はほとんど制作室の利用料と光熱費で元をとっていた記憶がある。

で、ワークショップ論の授業・・・、結局、ワークショップ形式で行ったので眠くなる人もいなくてそれなりに皆さんワークショップ論を楽しんでいた様子。

ワークショップ論について認識を深めたかどうかはわかりませんが・・・。

新しい視点を持つことができたのではないかと思うのですが・・・、やっぱり現場に参加してくださいね。そのほうが勉強になると思います。

大学を離れ、社会に出よう! 
・・と一番大学を離れたくなかった僕が言うのもなんですが・・・。

地域社会の中で本当に学習できていろいろな問題について深めてゆける新しい仕組みも必要なのでしょうね。今の大学の仕組みではなく・・・。

そうだ。アーツクールの話しもあったんだ!

・・・・

とにかく受講した学生の皆さん、お疲れ様でした。ノートをたのしく拝見させていただいております。

今度は是非、地域の現場でお会いしましょう。

明日は大分へ移動・・・AAF学校ですね。
地域社会の中の学校・・・。
by fuji-studio | 2007-08-24 23:50 | ■兵庫での活動
神戸大学ワークショップ論の授業2日目→御影→たこ焼き
神戸大学の授業「ワークショップ論」の2日目。

僕が論じようとするとみんな眠たくなるようなので、みんなに論じてもらうことにする。

いろいろワークショップを考えるプロセスを通してワークショップ論を考える時間に変換。

どうにか楽しくなってきたなー。

a0010575_14501553.jpgで、授業を終えてバスで駅に向かおうとする・・・と、そこへ阪神御影行きのバスが。

阪神御影というとちょうど今いろいろとプランを考えている現場。

JR六甲道を越えて阪神御影駅まで行き、これから提案する現場のイメージをつかむ。

その後九州の鹿児島から旅してきたウノサワ君と合流。

大阪のプラスアーツの事務局に向かい、少々打ち合わせ。


a0010575_14511057.jpgで、プラスアーツのスタッフとたこ焼きを食べに行く。

雨の中の露天でのたこ焼き。

みんながさす傘でいきなりドームをつくる。

大阪の路上で食べるたこ焼きの味は最高。

口の中をやけどしながら、はふはふしながら、雨にぬれながらも、とても楽しい時間。

ああ、こういうのいいですよね。
by fuji-studio | 2007-08-24 14:52 | ■兵庫での活動
神戸大学でワークショップ論の授業1日目
a0010575_23473143.jpg今年からはじめて行うワークショップ論の授業。

ワークショップを論じるのは初めてなので学生の反応も悪い。

やっぱりいつものペースでやるかな。

しかし、みんな授業というとなぜか後ろから座るんですよね。

僕にはやっぱりなじめないなー。

授業のあと、大阪のプラスアーツの事務所へ。
大阪此花区のこのはなカエルクラブの募集されたキャラクターをリタッチして完成させる。

明日と明後日とワークショップ論の授業は続く。
by fuji-studio | 2007-08-22 23:52 | ■兵庫での活動
横浜市民ギャラリーあざみ野での設営2日目
横浜市民ギャラリーあざみ野での展示の最終日。

明日から夏の企画「こどもぎゃらりぃ」がはじまる。

その会場。

a0010575_1112630.jpg
この部屋のスポットすべてに青いゼラフイルムが貼られていて青く海の底のイメージに仕上がっているのだが、写真ではその様子が伝わらないなー。

デジタルカメラで撮影すると相対的に色補正するためか、ただの薄暗いに感じになってしまう。


a0010575_112352.jpg
午前中でおおまかな空間の仕込みが終わり、午後からは参加者が思い思いに作品の制作。

とりつけられた素材の帯のところからお気に入りの素材を採集して作品制作を行っている。


a0010575_1124892.jpg
今後の会場の作品は参加者にゆだねられ、パフォーマンスをする計画もあるのだとか・・・。

空間はきっとダイナミックに変化してゆくんだろうなー。

その中で参加者の作品と僕の作品の戦いや融合がはじまるんだろうな。


a0010575_1143075.jpg
僕自身は素材を提供し、参加者が展示の方向性を決め、その方向性にしたがって最初のシーンとなる基本的な構成をぼくが行い、そのあと、参加者によって変変化し続ける空間。


a0010575_118141.jpg
最近、このパターンの展示が増えてきたなー。

ということで、明日のオープニングを前にあとはスタッフの皆さんにお任せして大阪に移動。

明日から神戸大学でワークショップ論 集中講義3日間がはじまる。

大変そうだけど・・・大切なことなので・・・楽しみです。
by fuji-studio | 2007-08-21 23:58 | ○デコポリ・ビニプラ系活動