<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
広島県灰塚大橋の欄干作品「ハイヅカニイキルモノ」
地域に常設されている藤浩志作品としては珍しいタイプの作品紹介。

広島県、現在の三次市の三良坂町にある灰塚ダムエリア

僕が最初にその地域に関わったのは、1996年、鹿児島を離れる決心をして東京から岐阜、福岡と引越し先を探してトラックで移動していた夏、灰塚アースワークプロジェクトという地域活動にアートが絡む当時はかなり実験的なプログラムに参加するのがきっかけだった。

a0010575_9345227.jpgそのダム建設の計画に住民が対策同盟をつくり戦いが始まったのがもう45年以上前。

その戦い抜いた人たちからのオーダーでそのダム湖にかかる橋の欄干のデザインを行ったのがアーキプロという建築事務所の吉松さん

その吉松さんから2001年にその欄干の硝子板の絵のデザインを頼まれた。

欄干の両側に190枚の硝子板がついている斬新なデザインの橋で、そのガラス板に何か絵を描いてくれというオーダー。


a0010575_9352864.jpg吉松さんとしては何か全体の構成を考えてガラス板の図柄を1枚描いて欲しいという意味のオーダーだった。(予算もそれなりに少ない予算。)

ガラスに描く絵はガラス工場でエッチング加工するという話。


a0010575_9355779.jpg大阪のガラス工場まで出向き、その制作工程を聞いてみると、たとえば190枚全部違う絵柄でも、一種類の絵柄を190枚つくるのでも、製作コストは変わらないという話。


a0010575_9451727.jpg僕の仕事の量は190倍に増えるのは目に見えていたが、灰塚ダム対策同盟の人たちが戦ってきた45年を思うと・・・とにかく彼らが納得ゆくのものを作りたいと思い・・・というかそうせざるをえないとても凄い人たち。


a0010575_937730.jpg彼らの新しい住宅再建地(ダムができることで移転してできた新しい街)に出向き、彼らにそのガラス板に載せる図柄を決める話し合いの場をつくる。


a0010575_9383381.jpg僕からの提案は灰塚地域に暮らしていた動植物の図鑑を硝子板にするというアイデア。

ダム湖にかかる橋を記念館にみたてて、水没するエリアで暮らしていた生き物と人との関わりの記憶を保存しようという試み。

彼らは子どもの頃を思い出しながら・・・91種類の灰塚に生きる動植物をリストアップしてくれた。


a0010575_939074.jpgそのリストアップするワークショップはとても楽しかった。

ダム建設に対して長年戦ってきた表情険しい戦士達が子どもの表情になり、あの魚が・・・、あの虫が・・・あの鳥は・・・あのあたりでは・・・と昔話に華を咲かせる。


a0010575_939458.jpg作業としては、リストアップされた91種類の動植物の原画を描き、同じサイズに縮小したり、拡大したりして描き、その拡大率とどの名称の頭文字とナンバーを硝子板に描く。

ひとつのガラス板の図柄に対して原画を5枚も描かなければならないのはちょっと誤算。(ガラス板へのエンボス加工の工程で5種類の深さの違う絵を描かなければならなかった。)

結局ストライプ図案やタイトルガラスやリスト表示図案も含めると550枚を超える図面を制作したことになるなぁ。


a0010575_9414030.jpgその動植物の名称は欄干の一番入り口のところに答えが書かれている。

・・・という作品。

灰塚にイキイルモノのリストはそのまま灰塚ダムによって沈んでしまった動植物のリストと重なる。

印象的だったものがある。


a0010575_9475312.jpgリストアップの最後の絞込みの段階で住民の一人が「そうえいば一番たくさん沈んでしまうのは田んぼだなー」という話しをした。

最後に加えたれた動植物は「稲」だった。

それから6年。

その橋がこの4月に完成したという話しを聞いて、はじめて見に行く。

しみじみと人気のない橋をわたる。


a0010575_942164.jpg夜になると照明が・・・。

噴水のライトアップと橋のライトを眺めにきたのか、数名のバイクが駐車場に溜まっている。

・・・・・・・・

結果的に地域に常設で残っている藤浩志作品としては今のところ一番良質のものかもしれないなー・・・

機会があれば、ぜひ見に行って・・・くもの巣の掃除をしてあげてください。
by fuji-studio | 2007-07-31 23:08 | ・様々な地域活動の実験
プラコンバ! ちょっと展示してみています。
いらなくなったおもちゃの中でもさらにいらなくなったおもちゃ類。

スタジオに全国から集まるいらなくなったおもちゃ類のさらにいらなくなったおもちゃ達。

大きく分けて3種類

1、壊れていたり、半端になってしまったおもちゃ。
2、あまり欲しくないのに手に入れてしまったぬいぐるみ。
3、ファーストフード系の店で大量にもらってしまうキャラクター類。

a0010575_06218.jpgこの夏は集中的にこれらの素材をどうにかしようとするデモンストレーションを篠山、横浜、北京で行う。

1の小さな破片は「夢の鳥」へと変換。

2のぬいぐるみは裏返したり中身を解体したりして素材に。

3のHappy系のキャラクターはとりあえず花輪状にして・・・それが上の写真。

で、1の壊れたおもちゃ類でも特に大きい破片のものをどうにもできないでいた。


a0010575_06193.jpgこの夏新しく試作したのがこの「プラコンバ!」

僕は搬入、展示に参加できなかったが、現在福岡県の古賀市にあるエコロの森という清掃工場の中の展示室で開催中の「Arty Party」の展覧会にひそかに出品されている。

展示をしてくれた田中ちいちゃんから記録写真が届いた。 


a0010575_071399.jpgなかなかすっきりとした展示。

これまで本当に邪魔で仕方なかった素材がここでは山ほど必要になり、これを組み合わせてゆくと面白い空間ができそうだ。

ああ、もっとたくさん作りたくなる。

上の写真のプラコンバ、今のところ900mm角のモジュールで制作しているのでこれが増殖されてゆくと数年後にはすごい空間ができる。

今はホットボンドで接着しているが、何かいい接着剤はないものか・・・。

どなたかいい接着方法を知っていたら教えて下さい。
by fuji-studio | 2007-07-31 00:08 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
深江神社の夏越祭での千灯明
毎年開催されている深江神社の夏越祭(なごしさい)

a0010575_9354554.jpg夏越祭という茅の輪をくぐり無病息災を祈る祭が全国各地の神社であることはなんとなく知っているが、自分の暮らしている地域の神社でもちゃんと行われていることはあまり知らなかった。


a0010575_9363487.jpg去年の筑前深江アーツキャンプがきっかけとなって、これらの祭についてなんとなく知り始めたが、そこに足を運ぶのは今年がはじめて。

去年から始まった竹灯明が今年はついに1000灯明になって夏越祭を盛り上げていて驚いた。


a0010575_937340.jpg去年も竹灯明を行うという話しは聞いていたが、僕らはすでに夏のツアーに出かけていて目撃できなかったが、今年は出発が少々遅れ気味のために偶然出くわすことができた。


a0010575_9372516.jpgおもわず、自分が制作する側の身になって、その労働の段取りと見積もりをしている自分に気づく。

しかし大変な作業だったと思う。


a0010575_938866.jpgこのような作業にはいかに多くの人が関わり一緒に制作しているかが持続のポイントとなるのだと思う。

少人数にボランタリーな労働で負担がいっているとすると長続きはしないので危険だ。


a0010575_9383219.jpg参加者の新陳代謝と新しいイメージの展開。ある程度続くと祭りも本物になる。

観客として充分に竹灯明の光りを楽しみながら普段は歩いたことのない町内を家族でゆったりと歩く。


a0010575_939381.jpgああ、片付けの段取りを考えなくてよい気楽な観客にひたり、しばしの安堵感。

ふと気づくとそれを仕掛けた街の仕掛け人たちが。去年深江アーツキャンプのおかげで深い関係になることのできた親しい人たち。

時は夜の9時を過ぎ、これからまさに片付けをはじめようとしている。

思わず、片付けの段取りを口走ってしまう自分に抑制をかけるが・・・、気がつくと僕より先に子ども達が黙々と竹灯明の灯りを消し始めている・・・。あ、やばい・・・。


a0010575_9395491.jpgとりあえず、一通り灯りを消して周るところまではやってしまったが、竹の片付けは見送って満月の月夜を楽しみながら家に帰ることができました。

よかった。

しかしこうやって祭りは作られ、洗練され、伝承されてゆくのでしょうか。

それにしても・・・

斜めに大きく切られた竹灯明は灯りは美しいが、風に弱いという弱点があるなー・・・・

と、ついついその対策を考えてしまっている・・・
by fuji-studio | 2007-07-29 23:10 | ◎福岡・筑前深江での活動
隣の同居人、恵(めぐみ)農園のとうもろこし
去年の春、ちょうど筑前深江アーツキャンプで家がわざわさと人の出入りが増え、浦田さんが家に暮らし始めた頃、家の敷地内にある離れ部屋に恵ちゃん(めぐちゃん)は引っ越してきた。

町内に自然農法の先生がいるとかで、たまたま不動産屋で家の同じ敷地内の離れを探し当ててきた。

当時家に居候をはじめた琴ちゃんは「同じ匂いの人が引っ越してきましたよ」と話していたらしいが、本当に不思議な縁。

彼女はタイの自給自足の村で数年暮らした経験があるらしく、タイ語もしゃべれて、アジア系に強く、グラフィックデザイナーの経験もある有能な人材。

僕らはついつい活動に人を巻き込む癖があるので、なるべく巻き込まないように注意しながらの隣人生活が始まった。

a0010575_11272247.jpg彼女とか近くの空いている畑を探し、保育所で調理員の仕事をしながら、自然農法での農業をはじめ・・・普通に家で一緒に食事をし、まるで家族の一員のように暮らし、気づいてみると一年が過ぎた。

最近出荷しているお店でも注文が来るほど順調に美味しい野菜を出荷しているとか。一年で農業で自立できる目途をつけるとはさすが。

彼女からは自然農法でできた多くの野菜とともに、あらゆる食品の作り方(天然酵母とか、バターとか・・・)を伝授してもらい、子ども達にとってはとてもいいお姉さん。

家のこどもが下から慎(まこと) 穂(みのり) 睦(むつみ)ときていたので 恵(めぐみ)をいれると「ま・み・む・め」と揃う。

たまに友人には「長女の恵(めぐみ)です」と紹介したりする。


a0010575_1128258.jpgで、毎日のようにいろいろな美味しい野菜をいただくが、今日はもちもちっとしたとうもろこしの差し入れ。

アジアのどこかで食べた記憶がある。

歯ごたえがあってとても美味しいもちとうもろこし

水が美味しくて野菜がおいしいってとても幸せ。安全な食品ってとても幸せ。
by fuji-studio | 2007-07-28 23:53 | ・縁の深い人・家族
生クリームからバターをつくる。
a0010575_1336618.jpgなぜか最近マーガリンが体によくないとの話しをよく耳にする。

子どもの頃からささやかれてきた「バターは体に悪くてマーガリンは植物性だから体にいい!」という日本の常識はいったいどこから発生し、どのように流通してきたのか? その責任はどこにあるの?




それを信じて数十年、マーガリンを摂取し続けた僕はいったい何なのだろう!

事実はどうかわからない。事実がわからないということ自体がおかしいが、おかしいことが普通にまかりとおるのが今の日本の現状。

そうえいば今日は苦しい選挙の投票日だなー。積極的に投票したくなる選挙じゃないなー。

こんな環境の中で子どもをちゃんと育てるのって本当に難しいなーと日々感じる。




ある日、子どもが生クリームからバターをつくる方法を入手してきて・・・といってもただひたすらかき混ぜるだけなのだが・・・ということで、上の動画は生クリームがバターになる瞬間の映像。

ある程度までかき混ぜると乳脂肪分が黄色くなりはじめ、ある瞬間、水分が分離し、バターとなる。

不思議だ。




で、最後はそれをふきんなどで漉してバターの出来上がり。

とにかく娘はそれにはまっている。はまるのはいいが、やたらと生クリームの消費量が増える現状にあらゆる意味で危機感を感じているが・・・。

何が正しくて何が間違っているのか、情報を信用することがいかに難しいかを感じる。こんなことで子ども達はちゃんと育つのか?

といいながら、まあ、楽しくバター作りをしているのが現在の恐ろしさでしょうか。この生クリームもまたいろいろ入っているようですね。
by fuji-studio | 2007-07-27 13:28 | ・生活周辺/LifeScape
発泡トレイのサイズの規格を統一できないの?
a0010575_1535266.jpgこの夏の企画に向けて家の台所でこの半年ぐらいため続けたポリプラ素材を集めてみる。

特に発泡トレイはサイズがばらばらでうまく重ならないものが多くていつも嫌な気持ちになる。


a0010575_1543360.jpgそうえいば、十数年前にもなるかな・・・。あるときから事務所で使う文書がA4サイズに統一されたことがあった。

それ以降、事務所内の文書整理はずいぶんとすっきりなったような気がする。

ごみ減量化やリサイクルが語られて久しいが、いまだに発泡トレイはちゃんbんとした規格で統一されていない。


a0010575_1545282.jpg納豆パックと豆腐パック、卵パックは、なぜかほとんど重ねられる同じ大きさ。だからストックしてても楽しい。

家庭でストックする身になってもらうと、・・・もしくは収集して2次製品に加工する身になってもらうとこのサイズを数種類に統一するだけでずいぶんとエネルギー効率はよくなるんじゃないかと思っている。

思っているだけでも誰にも伝わらないので、とりあえず思い出したようにこのブログでささやかに意見してみる。

御願いだからすたっキングしやすいように「発泡トレイのサイズの規格つくって!」

どなたか優秀なデザイナーの方、規格案のご提案御願いします。
by fuji-studio | 2007-07-26 15:05 | ・生活周辺/LifeScape
岡野バルコと岡野バルミの目を描く
大阪からの帰り、北九州の小倉に立ち寄り、岡野バルブの行橋工場へ向かう。

a0010575_2273827.jpgそこで、廃棄処分される木型のいくつかを譲り受け、9月の北九州の小倉の伊勢丹での展示の一部に利用することにする。

とはいえ、僕に与えられた制作の時間は2日間。
2日間でできることしかできない悲しさ・・・。


a0010575_2213621.jpgやっぱりひとつの作品について数ヶ月はかけたいが、僕みたいな人間にそんな予算を出してくれるところなんてどこにも見当たらない。

そんな厳しい状態でやるしかないが、その部分を協力企業が様々な形で協力してくれるので、とりあえずはうまく行きそうだ


a0010575_2292349.jpgもうひとつの出品作品、廃棄処分されるバルブを岡野バルコと岡野バルミとして川沿いの噴水の横に設置する計画の作品。

場所は現在北九州市から福岡県に申請中だが、難航中だとか。これは事務局の池本さんが粘っている様子。がんばれ! 


a0010575_2223477.jpgこちらは岡野バルコ

その廃棄処分されるバルブに目を入れる。

僕はマジックで目を描くだけ。


a0010575_2232238.jpgこちらは岡野バルミ

予定のものではなくなり、裏側が傷ついていたので急遽、表側を使うことに。
目はずいぶんと離れてしまったが、・・・まあ、いいか。


a0010575_22112815.jpgあとは岡野バルブさんの技術で穴を開けてくれて、台を溶接してくれて、現場に運んでくれて、現場に設置してくれるという。なんともありがたいお話し。

目の部分のあとは僕が現場でリタッチし、どうにか岡野バルコに・・・。という流れ。

さてどうなるか。

展覧会は9月1日から。

池本さん、写真ありがとう。
by fuji-studio | 2007-07-25 19:54 | ●北九州での活動
+artsなオープンデイスカッション第一回 remoにて開催
+artsなオープンディスカッションの第一回目を今回は風前の灯となっている大阪のフェスティバルゲートのremoで開催しました。

a0010575_224521.jpg雨森さんのやってきた取り組みを紹介してもらったり、桜島プロジェクトや鹿児島での傘焼きのプロジェクトを紹介したり、2時間のディスカッションはあっという間に3時間が過ぎてしまいます。

うーん、こういうディスカッションはやっぱり夜を徹して合宿形式で行わなければならないなー。

モノゴトを作りこむときはやっぱり3日ぐらい泊まりこみで合宿しながら作りこむのがいいですね。


a0010575_22452327.jpgところで、このremoをはじめとしていろいろな創造的NPOが入っている大阪フェスティバルゲートの新世界アーツパークは7月末日で活動を休止し、移転先の決定を待っているのだとか。

前向きな形で展開してゆけばいいのですが・・・。

しかし、この巨大な廃墟、どうなるのかな。

安くで売りに出されているようですが、どなたかお金持ちの方、買いませんか?
by fuji-studio | 2007-07-24 22:31 | ・講座/対話/研究会
京都府の松井山手の下見
a0010575_22163480.jpg京都府の限りなく奈良寄りの大阪寄りにある松井山手

JRの学研都市線で梅田あたりからほんの35分。

そこに拡がるニュータウン


a0010575_2221586.jpg僕が中学のとき書いた「未来をつくる道」という文章が卒業文集に残っているが、それはまさに当時僕にとって衝撃だったニュータウンについての文章だった。

ニュータウンは1970年代確かに輝いて見えたように記憶する。


a0010575_22224775.jpgその時代から一世代(33年)以上の年月が過ぎ、時代の価値観は変化しつつある。
都市が郊外に拡張していった時代の象徴がニュータウン。

バブル崩壊の衝撃が襲った92年、まさにそのとき開かれたニュータウンが松井山手。


a0010575_22242252.jpgそこに新しい価値観をつくろうとしてるのが今回の現場。

駅前の空き店舗のあとに、子どもの拠点をつくるプログラム。

現場の温度差はかなりありそう。

さてどうなることか。
by fuji-studio | 2007-07-24 17:33 | ●京都・つくるところ実験
桜島でアーティストデイスカッション
a0010575_7222783.jpg刻々と日々変化を続ける桜島プロジェクトの現場。

いやー、数日間でいろいろと作品が増えていて、空間がやたらと豊かになっている。



a0010575_7225417.jpg「○○と」の関係がここでも活きていて、「○○と」の関係においてそれぞれが刺激を受けあい与え合いながらまさに化学変化が起こり、作家がぐんぐんと成長している。


a0010575_726568.jpg作家の力はすごい。とあらてめて感じる。

いいなー・・・。

しかし、彼らの力は彼らの日常の周辺にある表現者に向けたシステムの中で充分に活きているだろうか?


a0010575_7273062.jpg確実にアートプロジェクトというシステムが彼らにとっては必要であり、機能しているということを実感したディスカッションだった。


a0010575_7275883.jpg個人的には作家同士が作品の中身に踏み込むようなディスカッションを期待していた。

しかし、なかなかそうはならずに、アートプロジェクトや桜島についてなどのあまり作家や観客にとってリアリティのないディスカッションの内容が続いた。


a0010575_7283715.jpgそんな中、このようなアートプロジェクトが、展覧会や公募展あるいはギャラリー等のような発表のシステム、あるいは、絵画、陶芸、工芸、彫刻・・・etc.のこれまでの素材を中心として確立されてきた表現の流通システムを超えて、表現者にとっても、地域社会にとっても、重要な新しい形のシステムとして流通してもいいのだなーと確信した。


a0010575_7285986.jpgそこで作家が活きダイレクトに観客や地域に繋がるアートプロジェクトはその瀕死の重症患者のような現場を活かし、魅力的で可能性を秘めた場に変化させる。


a0010575_7294255.jpgそこでは必ずしも貨幣経済上の通貨は流通しないが、かなり多くの利益が流通している。

その利益を数値化することがどうなのかも疑問だが、数値化できないでいるのもどうにも間抜けな気がしてならない。


必見! 遠藤一郎君の日常の一部・桜島でのある日。


作品制作後に突然応援をはじめた。

これも桜島の日常の一部。 

いいね。
by fuji-studio | 2007-07-22 23:30 | ■桜島での活動