<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
美術館をつくるという設計の課題
a0010575_17533024.jpg九州大学の建築学科での授業、美術館をつくるという設計課題の最終講評会があった。

学生にとってははじめての設計課題で思い思いの提案をおこなう。

いや、とても新鮮で刺激的。


a0010575_1754284.jpgいや、なかなかバリエーションがあり、それぞれの特性が垣間見れて本当に面白かった。 

まさにイメージが発生してくる現場。

まだまだ未熟であるがゆえに可能性だけは大きい。


a0010575_175456100.jpg学生の提案を見ていると、以前のような権威的な構造を持つ・・・というより…、権威を作り上げる装置として美術館を捉えている学生はいなくて、美術館が日常に開かれていたり、入り易かったり、溶け込んでいたり・・・ほとんど広場感覚で美術館を捉えているのに驚いた。 


a0010575_17593939.jpgこれは僕が最初に妙な話をしたという影響も大きいとは思うが、彼らにとって美術館はすくなくとも高尚ナニモノカがありがたく飾られているところなのではない。


a0010575_1801360.jpg日常の延長にありながら、日常に刺激を与えたり、日常を超える空間であることは理解しているところが興味深い。

でも、人生を狂わせてしまうほどの空間体験をした人は少ないんだろうな・・・。


a0010575_1803283.jpgインターネットで作家のことを皆それぞれにリサーチし、美術館というものを既存の価値観にとらわれずに何の先入観もなく展開する。


a0010575_1805084.jpgこれが建築の設計の授業でなく、僕のアートプロジェクトの授業ならばまったく違う話をしていたに違いない。

「空間が人にどのような行動を与え、そこから何が生まれてくるか! その装置を考えよ!」・・・とか・・・面白そう。



a0010575_1815420.jpg色がいいとか形がいいとかの問題ではなく、かといって人がどのように生きるべきかの問題でもなく、・・・

人と人が関係することで何が起こるのかの問題…。

そんなことをつらつら考えながら、改めて建築のあり方と可能性について思いをめぐらしていた。

この学生の中から、将来一緒に仕事をする人がまたまた発生してくるのかな。

きっとそうなんだろうな。

今までもいつもそうであったし・・・。
by fuji-studio | 2006-11-30 23:31 | ■福岡での活動
じわじわと拡がっている…カエルキャラバン
去年神戸で仕掛けたカエルキャラバン、すこしづつ動いていて、1月は宮崎で行い、4月には横浜のBankArtで行う予定。

で、その実施を行うために神戸にNPOを設立してスタッフが日々紆余曲折?右往左往?いろいろ苦労していますが・・・。そのスタッフが僕等が知らないカエルキャラバンの案内をしているサイトを見つけたとの連絡。
おお!なかなかいい文字で、なかなかかわいいカエルじゃないですか。オリジナルよりもいいんじゃないの?

こちらのサイトを見ると・・・神戸の震災事務局も独自にカエルキャラバンを展開していたんですね。

活動が知らないところで拡がっている・・・不思議な感覚。
by fuji-studio | 2006-11-30 11:53 | ○イザ!カエルキャラバン
十年音泉・テンネンオンセンのポスターイメージを依頼
えずこホールで2月17,18日に行う演劇交響曲第一番のタイトルがいよいよ決定!

十年音泉! テンネンオンセン!

そのフライヤーの制作を急ぐためにイラストレーターの大寺さんのスタジオを訪ねる。

a0010575_1119818.jpg大寺さんは1999年に水戸芸術館でおこなったワークショップ「バクの夢」のキャラクター制作をお願いしたイラストレータ。当時東京在住のイラストレーターだったが、たまたま福岡で展覧会をしていてその作品が気に入ってはじめて僕のほうからコンタクトをとった珍しい作家。

それ以前もそれ以降も僕のほうから連絡をとった作家は実は他にはいない。

で、なにか一緒にできる日を楽しみにしていた。


a0010575_11222732.jpg今回えずこホールのポスターとかちらしのデザインを任されて、できれば住民のアイデアからイメージをつくってゆくという手法を思いつき、それを再編集し、イラストレーションとして完成させるのはどうかと思いついた瞬間から大寺さんにお願いしたいと思い至った。


a0010575_11233961.jpg不思議な縁で、彼は2000年以降住まいと活動の拠点を鹿児島県の吹上町に移した。

一度、バクのキャラクター制作のお礼にそのキャラクターでつくったバクを一体届けに訪ねたが、それ以来久しぶりに吹上町に出向く。

なんとそこには写真のような別世界のスタジオが・・・。やはりいい仕事はいい空間から生まれるものなのかな。


a0010575_11251922.jpgさらに縁の深いことにそのスタジオの建築家は1996年当時、鹿児島で自宅の跡地に複合ビルを計画していたときある人から紹介されて一緒に仕事をすることになった建築家

いろいろな縁が連鎖しているな…。きっといい仕事ができるに違いない。

いろいろな雑談をしてながらのポスターのイメージの打ち合わせの楽しいひと時。

時間的に切羽詰っているのが気になるが…、もっとゆっくり時間をかけて仕事して欲しいというのが本音だが、えずこホールにも事情があり、苦しい立場。

時間短縮の為に僕がデザインすることに・・・。

大寺さん、よろしくおねがいします。
by fuji-studio | 2006-11-29 22:15 | ■宮城・えずこホールとの活動
テンネンオンセンの為に足湯のリサーチ
a0010575_12122153.jpgえずこホールでの住民参加総合音楽劇のタイトルが決定した。

演劇交響楽第一番「十年音泉!」 (テンネンオンセン)

じゃあ、やっぱり話に出てきたような足湯も本当にやりたいなー・・・ということで、足湯のリサーチ。


a0010575_12125973.jpgこのようなリサーチなら喜んで。

しかし、ここは鹿児島の反対側、垂水の道の駅にある足湯。

このすぐ近くにあの有名な焼酎「森伊蔵」の造り酒屋がある。(・・ってこれは話の本筋からまったく関係ないですね。)

真ん中からお湯が湧き出ていて、桜島を望む海に面して両側にオンセンの流れが・・・

リサーチの為に仕方ないので僕も足湯に足をつける。


a0010575_1213348.jpgは~~~、いい気持ち。

流れの底に小さな黒い玉石が貼り付けられていて、それが足の裏のツボを刺激できるようになっていてなかなかいい。

皆、いいかんじでとても幸せそう。

これはまさに対話を引き出す装置! つらく苦しんでいる地域には是非足湯をひとつ。

つらく苦しい家庭にも是非足湯をひとつ!

予想以上に足湯はいいな。

さ、足湯、足湯。
by fuji-studio | 2006-11-28 23:53 | ■桜島での活動
活火山「桜島」での拠点作り開始!
いまだに噴火活動を続ける活火山の桜島。

僕はその噴煙を浴びながら高校までをすごしたが、その桜島で廃墟となったホテルでの活動の拠点作りがはじまった。
鹿児島からフェリーボートで海を渡り、桜島に入る。

a0010575_10554188.jpg数ヶ月前に公開ディスカッションを行い、ぼちぼち時間をかけながら方向性を探ってゆく現場になるのかな…と思っていたが、持ち主がやはりそのまま放置しておくわけにもゆかないと急ぎ始めたのと、NHKなどのメディアが珍しいネタとして放置してくれずに、何かのアクションを起こさなければならなくなった。


a0010575_1059953.jpgメディアが運営者にプレッシャーをかけてきている、

しかし、なぜ皆完成形を求めたがるのだろう。

まあ、当然のことといえば当然のことであるが、これまでのモノゴトのつくりかたの作法がそうであったということで、僕等がおこなってきたプロセスから生まれる変化してゆく結果の作り方が特殊なのだとは思う。


a0010575_1103189.jpgしかし、もうそろそろその手法や作法や思考が一般的なものとして普及してきてもいいのかなと思うが、僕等が日常付き合っている人たちがどちらかといえば特別だったんだろうな。

とりあえず、壁をはがして、天井をはがしてみてみないと、どのような空間をつくるかはわからないし、そこで「何か面白い空間を作ってみよう」とか「なにか面白い活動を作ってみよう!」とか考える感性豊かで経験未熟な若者が張り付いてみないと、その場がどういうことを求めているかとか、どういうことができるのかなんて分かるわけがない。


a0010575_1115228.jpg現場主義というか、サイトスペシフィックというか・・・そんなこと20年以上前からの常識なのに、まだまだその価値観すら伝わっていないのだなと不思議に感じる。

結局、対話をしようとしていないのではないか。

作品制作の基本は対話であることはだれでも知っている基本中の基本のことだと思う。

a0010575_11348100.jpg絵画はキャンバスとの対話であり、絵の具との対話であり、モチーフとの対話であり、自分自身との対話であるし、彫刻は石なり木材なり、その素材との対話の連鎖が結果としての作品を生み出す。

同じように地域活動は地域の住民や地域の持つ様々な素材、人材、組織、環境、そして自分との対話が基本となり、そのプロセスそのものが活動となる。

高度経済成長期に欧米からの美味しそうな(本当はたいして美味しくないのだが)えさを目の前にぶら下げて走らされた時代の感覚が、いまだに社会の仕組みをつくるところに蔓延しているようだ。

今日のNHKのディレクターの横柄な態度とつくり方のセンスはまさにそれを象徴しているようで滑稽だった。でもきっと僕も含め、彼らもまた被害者なんだろうな。

そう、そう。素材との対話、現場との対話、周辺との対話を、そして自分との対話を基本とすることを忘れないようにしなければならないのに・・・時間のなさか、周辺からのプレッシャーからか、・・・見失うことは多いよな。

で、桜島の現場、僕がそこに張り付きたい気持ちでいっぱいだが・・・実際に時間的に無理。
で、結局、仕方ないので、とりあえず、僕がなけなしの資金を負担して浦田さんを東京から呼び寄せ、会場整備と仕組みの整備と構想、いくつかのワークショップを仕掛けるようにする。

ああ、これNHKに請求したい気持ち。まあ、将来的に回収するとしてとりあえず、あの場所に貸しとくことにしよう。

彼女は今年の春僕に連絡をとってきて、筑前深江アーツキャンプのボランティアスタッフを申し出て、数ヶ月間まったくの無給で生活に苦しみながらも数ヶ月間、僕の家族と家で暮らしていた。

その後僕の勧めで越後妻有アートトリエンナーレのボランティアスタッフとしてまた無給で越後に張り付き、その後取手アートプロジェクトの出品作家として選ばれたものの、やはり、一ヶ月ぐらいほとんど無償でがんばってきた。

この一年間の体験を集積してこの場作りを任せられる唯一の人材かなと考えて僕のかわりに張り付いてもらう。

資金すくないけど、がんばってね。

さあ、対話・対話・・・っていいながら・・・人にやらせるなんてひどい!

はい。ごめんなさい。

でも僕がやるよりきっと効果的ですよ。それはいえる。
もう、そういう世代になってしまいましたね。
ああ、残念。

しかし、なんで僕がお金を負担してるんだろう…。マネジメントしっかりしてね。
by fuji-studio | 2006-11-28 22:02 | ■桜島での活動
久しぶりのアジア美術館の作家・研究者達
居住の拠点を福岡にした理由のひとつに1994年の福岡市美術館で開催された「第4回アジア美術展」に招待されて福岡にアジア各地の作家達と数ヶ月暮らしたことがきっかけであることはしばしば話をする。

a0010575_056249.jpgそれまで興味のなかったアジア各地の作家達に同じ感覚を感じて興味を持ち、もっとなにか深く関わりたいと思って、当時福岡市がアジア美術館を作ろうとしていたことにも大きな魅力を感じてここに拠点を移した。

ところがいざ生活してみると、福岡で活動する時間がほとんどなく、出張の連続でせっかくいろいろ興味深い作家や研究者が滞在してるのに、なにも関わりをもてないまま皆帰ってしまうという日々がこの数年続いていた。  なんてもったいない!と思うのだが・・・どうにもならない。


a0010575_0563873.jpg今回はバングラデッシュから来ていた研究者が僕にインタビューを行いたいというので、数名スタジオに来て、その後自宅までつれて行き、いつものように飲みながらのトークバトルがはじまる。

最近英語を使うことが少ないので、しらふのときはたどたどしくしかしゃべれないが、飲み始めて酔いが回ってくると、文章や単語がめちゃくちゃのでまかせ英語が飛びだしてくるようだ。

彼らと話していると、日本人作家や研究者と話していてもおおよそ飛び出してこないようなkなり本質的な、興味深い、ストレートな質問がバンバンと返ってくる。それが刺激的で魅力的でなんだろうな。

なんだろう・・・、僕も含めて日本人は、疑問や問題点などモノゴトをストレートに暴くように対話する技術に疎い。だから、いろいろ聞かれてもなかなかストレートに答えることに慣れていない。

なんとなく、雰囲気で、遠回りしながら、結局本質にはゆけずに、もやもやの会話が続いたりする。

ああ・・・、もちろん酔って話しているときのことを僕はしらないが・・・。

また、何を話したのか覚えていない。
とにかく楽しくいろいろ大切な話をしたことだけは覚えているが・・・。
またまたご迷惑をおかけしました。

とにかく会話が苦手だなー・・・。文章も苦手だが・・・。
by fuji-studio | 2006-11-28 00:57 | ・スタジオ作業日誌
kaekkoの裏のシステム。
a0010575_2053202.jpg取手から宮城への出張から久しぶりに家に帰ると淡路島からの数多くの一夜干しが届いたということで、娘達が大騒ぎしている。

量もすごいが中身もすごい。あじの一夜干はわかるが、蛸、鯛、とらふぐ、穴子等、なんともめずらしい!
淡路島のアートプロジェクトを行っている人からの贈り物。そういえば、この淡路島でのかえっこは数ヶ月前にNHKの朝の全国番組で紹介されていた。

当初より、かえっこは多くの地域で行われるべきだと考えていたし、お金をかけないでもできる仕組みにしたかったので、その利用については無償でできる仕組みを目指していた。

当初はカード印刷代とか実費をもらったりしていたが、微々たる金額なので振り込み代のほうが高かったりしてめんどくさい。
そのうちにかえっこカードは予算のあるところでなるべく多く印刷してもらい、その余った分を厳しい予算でがんばっているところに無償でまわす仕組みがなんとなくできあがる。

僕等は負担できるお金を持っていないので、もちろん送料とか実費については相手にもってもらう。

ただし、事務所経費とか電話やメールの対応の人件費、荷物の発送の準備や発送作業、受取作業などの人件費はとらずに、妻が貧乏覚悟で対応してきた。(おつかれさまです)

しかし、あまりに多い全国各地からのかえっこの問い合わせと毎日のような荷物の発送、受取り作業に負担の重さを感じ始めた妻が、ある日、「何らかのお支払いがしたい」という人に「その地域の美味しいものなどを・・・」とつい口をすべらせて…この新しいシステムが始まったらしい。

ここにも「お金を使わない」kaekkoの精神を活されている。

家であまっているものでもなんでもいいので・・・お米とか野菜とか・・・おしいいものとか・・・。

その裏の仕組みができてから、家には日常では食べれないようなものが突然届く。

子ども達も自分達が6年前に発案して作っていったシステムなので全国各地からの美味しいものを大喜びでいただく。

お金として銀行に振り込まれても子ども達にこのリアリティは伝わらないが、いろいろな地域から届くものを食するというダイレクトな行為は、実はとても豊かなのではないか。

とにかくありがとうございます。
いただきま~す。

そうそう。明日アジア美術館に来ているアジアの研究者や作家が家に遊びに来る予定なので、これを焼いて食べようかと思っています。

みんな驚くぞ!きっと。

そうだよね、やっぱり人を喜ばせたり驚かせたりしようとする気持ちが一番ですよね。
by fuji-studio | 2006-11-26 20:53 | ・生活周辺/LifeScape
ある種の心地よさを伴う酸素欠乏状態。
a0010575_014507.jpg宮城から福岡に戻る途中、東京で時間に隙間ができたので、東京都現代美術館で開催されている大竹伸朗という美術作家の大規模な展覧会に立ち寄ってみる。

おびただしい量のスクラップとコラージュ・らくがき帳のような絵画群ぼくより少し上の世代の作家なので、20年以上前よりこの作家の作品を部分的に、あるいは情報の中でちらちらと接してきたが、ちゃんと見せられたのははじめて。

とても近い業界にいるようだが、実はこれまで何の接点もなかったことを妙に納得してしまう。彼の作品群はアートしていたのだ。アートしている作品群。日々アートすることでアートとしてしか成立しようがない作品群。


a0010575_0244990.jpgエジプトのスフィンクスのように、三十三間堂の千躰の千手観音像のように、フィクションがある限界の大きさや量、あるいは時間を超えることで単なるフィクションでなくなり、妙なリアリティを伴って、むしろ事実としてそこに立ち上がる。 アートという情報とファッション的な感覚に心地よく犯された80年代を暴くかのような作家の感性が生のままそこに開示され、当時、どちらかといえば息苦しくてそこから逃げ出したかった僕にとっては酸素欠乏状態。


a0010575_0252694.jpg作品が好きだとか、いいだとか、そんな生易しいリアクションで成立するモノ達ではない。

虚構のアートシステムを作り出す装置としての大げさな美術館を出ると、そこにそびえる高層マンションが目に飛び込んでくる。この嘘っぽいマンションのそれぞれの部屋に無数の生活の現実があるあり方と酸欠状態で体験した大竹伸朗の作品の世界が重なる。

その高層ビルの足元にあるフェンスで囲まれたゴミのふきだまり。


a0010575_026292.jpgその横にアロエが群生しているところがあり、しばしこれを眺めて気持ちを取り戻す。

いやー痛苦しいかった。
by fuji-studio | 2006-11-25 23:11 | ・単純記録/Diary
公共ホールでの総合音楽劇というワークショップ
a0010575_1623917.jpg最近たびたび書き込んでいるが、宮城県の仙南地方のえずこホールで行われる総合音楽劇にむけてのワークショップ。

これがすごい。とにかく住民向けのワークショップが全国からいろいろな講師がほとんど毎日のように押しかけて開催されている。

住民にとってももちろんすごくて、そのへんの大学に行くよりも濃い内容、豪華講師陣! しかも無料! そのすごさは住民向けのみならず、僕等ワークショップを行うものにとっても重要かも。


a0010575_16245251.jpg前回打ち合わせに行ったときは野村さんと板野さんとわたなべさんと一緒だった。今回は明神さんと一緒だったが、皆日本で、、いや、日本にとどまらずに世界各地で活動している作曲家だったり劇作家だったり、演出家だったり、役者だったり・・・。

そんな魅力的な人たちと出会えて舞台をつくるというひとつのミッションに向けて話し合いをやってゆくのがとても楽しく充実した時間。

そう。何かを作ろうとしたり、何かをやろうとする人そのものが魅力的であることを多く感じる。

常に新しい何かを吸収しようと自分を開放し、さらに自分の魅力を発散しているからなのか?

そのような状態の人たちの集積は・・・すごいよね。やっぱり。

僕自身、美術関係者や地域活動系、アートプロジェクト系の人たちとの関わりは日常多いほうだと思うが、作曲家や演劇関係者とこれだけ出会うことはほとんどなかった。

唯一、後輩のダムタイプのメンバーとかが演劇関係者となるが、彼らはまた特殊で演劇関係者ともいいがたい。大学時代に演劇をやっていたころはほとんど自分達の事で精一杯だったし、当時富山県の利賀村での演劇祭に行ったりしていたがまだまだ学生だったので、どのように関わっていいのかわからなかった。

僕が演劇から遠のいていたこの20年の間にずいぶんと演劇も変化し、ダンスも変化している様子。もっと積極的に参加してみなければ。

住民がいろいろな意味で変化し、成長し、地域に様々な種がまかれている以上に、僕等の中に新しい関係が生まれ、新しいイメージが発生し、世界のどこかでまた開花するのかな・・・えずこの種が。

きっとそういう意味が大きいのだと思う。このワークショップ・・・。

しかし、そういうのって一番すごいことなんだけど、一番見えにくいこと。何か数値化できないものでしょうかね。このような効果について。これって物理学?それとも工学?数学?経済学?

いや~、明神さん、なんだか面白かったな。
by fuji-studio | 2006-11-25 12:36 | ■宮城・えずこホールとの活動
テンネンオンセンと足湯
いろいろな価値観の人とざっくばらんにディスカッションするのは面白い。
いろいろなアイデアや妄想が飛び出してくる。


a0010575_1240152.jpgえずこホールでの舞台美術のチームとのディスカッションの中、ふとしたことから今年の「10周年」の事業、このめまぐるしいワークショップ全体を音湧き出る泉にたとえて「音泉だ!」という話が飛び出してきた。


a0010575_12435377.jpgそれをうけてだれかが一言「テンネンオンセン! (10年音泉)!」

なるほど。この10年の音の泉ですね。なるほど。面白い。

音楽という文字と音泉という文字がなんとなく似ているのも面白い。


a0010575_1247123.jpg そこからまた妄想の暴走がはじまる。

えずこテンネンオンセンですね。

じゃあ、温泉マークの3本の湯気が音符になっていたりして・・・

じゃあ、タイトルにそれを使うと温泉と勘違いしてお客がきたりして・・・

じゃあ、ホールの前の池を足湯にしたりして・・・

タンクローリーで温泉をもってくるといくらぐらいかかるんだろう・・・?

ホールの屋根に大きな湯気のようなものをポリ袋でつくって取り付けたりとか・・・

テンネンオンセンがタイトルだったら成分は出演者?

テンネンオンセンの効能は?

なんだかあったかくていいなー。

で、タイトルって決まっていたんだっけ?

はい。一応 演劇交響曲第1番『十周年』

じゃあ、 演劇交響曲第1番「十年音泉」っていうのはだめなの?

一応イギリスに行ってしまった野村さんに聞いてみましょう。

・・・

a0010575_12564448.jpgとそれから僕の頭の中はテンネンオンセンでどっぷり。

野村さんそうしましょうか。

イギリスからのよいお返事をお待ちしております。
by fuji-studio | 2006-11-24 23:56 | ■宮城・えずこホールとの活動