<   2006年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
想定内とはいえ、荷物が届かず・・・
a0010575_17505850.jpgまあ、想定していたとはいえやっぱり荷物が届いていなかった。(ところで想定外とかってもうすでに死語?)  で、持ち込んだ作品を展示しようとしたが、展示するスペースが用意されていない。

前回の下見と照屋さんとの打ち合わせで、このドーム空間を一緒に使おうということと、国立博物館の展示室に作品を挿入できないかと提案してみた。

このドーム空間には彼がトイレットペーパーロールの芯から作られた木を設置し、その周辺に僕のuseless selection(この名称、はじめて使ってみました。)でできた鳥を配置する・・・。

 
a0010575_064645.jpgで、国立博物館の展示室には彼の紙袋の内側に木を作った作品やサインの為のサインの作品を配置し、僕のビニプラ時代のポリクラフト(ポリ袋で作られた織物)とかテープニット(ビデオテープで編んだ帽子など)の作品を通常の展示コーナーに混ぜて展示するプランだった。

結局、博物館の展示室の壁面は使えないとのことで断られたが、その後、壁面を確保するのを忘れていて・・・。結局周辺の壁は見事に他の国の作品で埋まっている。


a0010575_083219.jpg仕方ないので以前下見したときから気になっていた天井のグリッド状態の穴に設置しようかと考えたり、天井からつるす方法を考えようとドーム状の天井に登りたいと思うが、現場は・・・「まあ、あとで聞いてみよう・・・」と極めてのんき。 「おい、誰に聞くんだ!今決めようよ!」・・・。と思うが誰にぶつけるでもなく、とりあえず事務所のディレクターの部屋に連れられ、1979年から続いているビエンナーレのこれまでのカタログを見せてもらう。「別に今更いいのですが・・・」ともいえず、なんとなく眺めるうちに、同じ敷地内でかなり大きな民謡のコンサートがあるから見に行ってくれと・・・?


a0010575_0124254.jpg成り行きに任せて後ろをついてゆくと、いつの間にか仮設の屋外ステージができていて凄い数の人が・・・。

凄い数の観客の間をすり抜けながらスタッフの後ろにういてゆくとなんと一番前にとても豪華なゲスト席が用意されている。4名分だけソファーが置いてある。まさか・・・とおもったらそのまさかだった。
a0010575_0202076.jpg
僕等が着席したとたんに待っていたかのように演奏会がなじまり、その途中で隣に座っていた偉そうな(いやたぶん偉い人なんだろうな)人がステージに上がり、ビエンナーレのためにゲストとしてオーストラリアと日本からきていると、僕等3人が紹介される。

で、そのまま嵐のようなバングラ民謡のオンパレード。3分から5分ぐらいの曲を1曲づつ歌手が入れ替わりながらいろいろなバリエーション。楽器構成はどとんど変わらないが、演奏者が微妙にいれかわってゆく。ステージ後半に近づくにつれ、相当な国民的スターが登場しているのか、状況はわからないが、異常に盛り上がっている。その熱気に押されつつ2時間・・・。なにやってんだろう・・・。僕は・・・。

途中、なぜか日本人の若いアーティスト黒田晃弘さんがステージの前の僕等のところに会いに来る。横浜トリエンナーレで一緒だった照屋さんの友人だとか。今、バングラデッシュのダッカにいて展覧会を行うのだとか。あとでゆっくりお話しようと思っていたが、そのまま帰っていた様子。ザンネン。

ということで、何もしないうちに1日がすぎる。・・・なにしてんだろ。僕は。大丈夫かな。

明日の午後には荷物を届けると話していたが・・・早くて夕方だな。たぶん。下手するとあさってでぎりぎりかな・・・。まあ、いらいらしても仕方ないね。お酒もないことだし。・・・。

しかし、予想通りだったなー。
by fuji-studio | 2006-02-28 12:56 | ■バングラデッシュビエンナーレ
やっぱりなにかがちがうな。
a0010575_9252947.jpgバングラデッシュビエンナーレの参加国 40カ国以上が参加するとか。で、その参加国を地図であらわしている。どうでもいいことだと思うが、どうしても気になるので撮影してしまった。


a0010575_9293378.jpgうーん、九州アイデンティティを持つ僕としてはやはり九州、四国、本州は離れていて欲しい。
それと東北と北海道の間に大きな島ができている。
前回見つけた地図よりはかなりましになったとはいえ、やっぱり何かがちがう。ぼくらもやりがちですが、気をうけたほうがいいよね。自分の出身地ってかならずチェックしてしまうものですから。しかし、どちらかというと楽しいズレですけどね。

こんなこと報告してどうなるんだ。もっと大切なことあるだろう・・・と思うのですが、ついついこっちにいってしまうんですよね。
by fuji-studio | 2006-02-28 09:24 | ■バングラデッシュビエンナーレ
とりあえずダッカに到着・・・
a0010575_1421260.jpg前回ダッカに入ったときはオーガナイズしてくれたAITの人が成田で大雪で足止めをくらって連絡が取れず、泊まるホテルの名前も知らず、だれが迎えに来るでもなく心配したが、今回はAITのロジャー君がシンガポール空港の仮オフィスにしっかり登場。横の机に座って普通にお互いに仕事をしたあと、スムーズに飛行機に乗り込み、何事もなくダッカ到着。おまけに、バングラデッシュビエンナーレのスタッフがちゃんと歓迎ネームプレートをもって待っていてくれた。しかも3名。うーんちょっと多すぎる。

何もわからない状態でダッカ入りした前回のほうがこのもてなし欲しかったが、仕方ない。オーストラリアのキュレイターも同じ便で到着し、6名車にすし詰めで乗り、ビエンナーレ側が用意したホテルへ向かう。夜の11時を超えているのに凄い渋滞。つい先日古い大型の倉庫が崩壊した現場に近いので渋滞しているという話だが・・・

a0010575_15225847.jpgその日は用意されたホテルに入ったが、湿気が凄くかび臭い部屋。まあ、仕方ないかと思っていたが、AITのロジャー君が耐えきれなかったとか。ゴキブリに悩まされて眠れなかったのでホテルを変えるといいだす。僕はネットに接続できると聞いてたので朝、フロントで訪ねると「今、ちょうど切れてるんだ!」と。で、しばらくしてもう一度訪ねると「ああ分かった。こっちへ来い!」とついてゆくと普通の事務所に連れて行き、そこで繋がっていた電話線を抜き取り、「どうぞ使ってくれ!」とのこと。うん、無理があるな・・・と思っていた。このホテルならばバングラデッシュビエンナーレの主催者側が7日間3食付でご招待してくれるとか。

前回2004年日本作家のキュレイションを行った森君から前回のビエンナーレについて聞いていて、シェラトンホテルに泊まって宿泊と食事はアルコール付きで快適だったと聞いていたが、随分と違う。イスラム圏なのでアルコールがなく、冷蔵庫の中は水とコーラばかり。シェラトンにはバーもあったとか。主催者の国際交流基金の担当者が1日に来るが、彼らはシェラトンホテルに泊まるとか。なぜ僕だけがゴキブリ、黴つきの部屋なのか。どうもそういうキャラクターだと思われているのかな・・・?まあ、仕方ないか。

a0010575_1529408.jpgで、ホテルを変わるというので少しは期待してみたが、やはりシェラトンは国際交流基金の人だけらしい。貧乏アーティストはせいぜいビジネスホテルだとか・・・? え? ホテル代って僕が払うの? え?食事代も? それは節約せねばね。っていうか、そんなことならば3食お迎えゴキブリ付の部屋でもよかったのだが・・・。ムカデや毒蛇がいるわけでもないし。

しかし、こちらのホテルはビジネスタイプの新しいホテルで、随分とちがう。まず速度は遅いとはいえこのようにネットが繋がる。LANケーブルで持ち込みのパソコンに接続できる。黴もゴキブリもなくまずまず。ちゃんとお風呂もついていて、昔やっていた貧乏旅行に比べれば天国か。
ただし、お風呂の水はかなり茶色い。最初かなりためらったが、体に効能のある温泉だと思え・思え・思えば・・・思えないものだが・・・思えば・・・どうにか入れた。っていうか、歯ブラシもためらうよね。・・・91年、サハラ砂漠の真ん中の休憩施設でぼうふらの泳ぐ水をがぶ飲みしてしまい、相当ひどい下痢になって1週間寝込んだことを思い出す。

おもわず、ミネラルウォーターで口をすすぐ。そのうち慣れてしまうんだけどね。
by fuji-studio | 2006-02-27 17:32 | ■バングラデッシュビエンナーレ
シンガポール空港のオフィス?
a0010575_18305858.jpg前回ダッカに行くときにもこの机で4時間の待ち時間をすごし、帰りの乗り継ぎでも同じ机で数時間を過ごし、そのときに無線LANでつなぐとお金がかかるけど、ケーブルでつなぐと無料でつなぎ放題でつかえることを発見し・・・、なかなか便利ですね。前回あわててこの空港で購入したLANケーブルが役に立っています。

普通に電源とLANケーブルが設備された机は本当に便利ですね。この前、金沢空港でもネット用の机はあったけど電源がなかった。羽田とかは机と電源があるが、まともなイスがない。

さすがに国際拠点を目指すシンガポールのChangi AirPortはそのあたりの設備がいい。下手すると家の事務所のイスやテーブルよりも上等で使いやすいかも。眺めのいいこれ以上は必要ない巨大な窓際だし。

しかし、この14インチのノートパソコンを持ち歩くようになって、これをメインに使うようになって、本当にどこにいても同じ事務所環境で仕事できるようになりましたね。同じネットラジオ局につなぎ、同じ音楽を聴きながら普通にこうやって仕事できる環境になるなんて・・・。

しかもこういうところのほうが自分の事務所よりもなんだか仕事がはかどるのは事実。雑用がないからだろうね。
by fuji-studio | 2006-02-26 18:45 | ■海外での活動
福岡空港は便利ですね。
a0010575_940510.jpg朝起きて電車に飛び乗り、そのまま睡眠の続き。で、目が覚めると福岡空港に着く。

あれ、今日はどこにゆくんだっけ? とわからなくなることもしばしば。JRの博多駅で降りなければならないところを空港まで寝過ごしたこともしばしば。いつもと同じ空港の向かい側に国際空港があるのでとても便利。

で、この空港でほとんど並んだ記憶がない。出国も、入国も、いつも結構スムーズ。

国際空港と大学は市街中心部から近いに限りますね。

ということで、今日からバングラデッシュビエンナーレの展示に行きます。シンガポール空港にはネットの繋がるデスクがいっぱいあるから、今日はそこで仕事かな。・・・

そうそう。バングラデッシュビエンナーレの展示状況の報告会がパナソニックセンターで開催されます。当初は照屋さんと僕とでちゃんと報告会をする予定でしたが、ビエンナーレのオープニングが総理大臣の予定の都合で延期されてしまったので、僕はオープニング以前に帰国して報告会をしなければならなくなってしまっています。

ということで、展示状況の報告ということで。では。いってきます。

あ、搭乗がはじまりました。
by fuji-studio | 2006-02-26 09:40 | ・生活周辺/LifeScape
ほぼ1年ぶりに地震災害あとの修理に着手
a0010575_2511385.jpg去年の3月に福岡で大きな地震があり、借りている家の納屋部分の屋根が崩れた。母屋のほうも屋根瓦がずれていたのでそれは並べなおしたりして雨漏りと闘ってきた。

しかし、手をつけていなかった納屋の屋根。この瓦をおとし、ようやく屋根と壊れた壁の修理に着手した。・・・とはいえ着手したばかりで。まだまだ時間がとれない。いったいいつ出来上がるのかな。まとまった時間が欲しいな。

しかし屋根瓦の下には赤土。赤土の下は杉の皮、その下には焦げた竹が組まれ、その下に柱材がある。この竹と杉皮と赤土が部屋の中を夏は涼しく、冬は暖かく、湿気の多いときは乾燥材のようになり、乾燥しているときは湿気を吐き出し・・・本当によくできているなと感心する。

明日からまた出張続き。家の掃除がしたい。
by fuji-studio | 2006-02-26 03:01 | ・生活周辺/LifeScape
useless selection ってどうだろう?
a0010575_1014932.jpgこの数日、僕の廃棄物のコレクションに呼び名をつけようと考え続けてしまっている。
こうなってしまうとだめだ。脊髄あたりにこびり付いてなかなか離れてくれない感覚。

こうなってしまうと、どうにか形にして体の外に出さなければずっとそれに捉われてしまう。
しかし、体から外に出したら出したで、今度はそれを抱え込みまた動かなければならなくなったりするが・・・。

長い場合は数年にわたりこびり付き、早いものでも数週間はこびり付く。染み出てくるような感じ。

きっかけは先日skyjackのメンバーが屋上にカフェをつくるということで、作品の為の素材をうちのスタジオに探しにきたこと。かれらの表現活動に僕のコレクションの廃材が使われるというありがたい事態に対して、じゃあ、その素材に名称をつけようか・・・というところからはじまり、僕の頭の中ではその延長にある僕の活動のベクトルをぐるぐると考えてしまうようになった。

もうすでにビニプラやポリプラを超えた全素材のコレクションについてのネーミングなので、今までのビニプラコレクションとか、ポリプラネット系ではいけないし、コレクションというもの僕の中では使い古したのでちょっとしたズレが欲しいところ。

コレクションを整理していてこれらはある種のエレメント(element)なのかなと思うようになり、eleの重なりからuseless elements selection になり、今日アートリエで友人に相談してuseless selectionがいいのではないかと。

・・・もうちょっと熟成してみよう。

・・・最近本当にいやになるぐらい未整理でゴミ化してきたので、ここいらでひとつ高級ブランドにも匹敵するような名称でもつけてやらないとやってられない。

単に素材を提供するだけの表現。
by fuji-studio | 2006-02-25 00:15 | ・思索雑感/ImageTrash
ロンドンのテムズフェスティバルで灯明の依頼!
a0010575_961460.jpgロンドンで9月に開催されるテムズフェスティバル灯明作品の参加が決定した。(←はやい!もうサイトにアップされている。)ということで、福岡のミュージアム・シティ・プロジェクトからの出品参加依頼がある。9月16日の夜開催の予定だとか。 


a0010575_9143075.jpgロンドン塔の周りのお堀だったところの緑地帯とロンドンのあたらしい開発地域のモアロンドンが候補地。灯籠3万本規模を目指すとか。いや、博多灯明がロンドンに呼ばれるなんて・・・まいったね。


a0010575_1219120.jpg1998年福岡市内の小学校跡地の校庭利用のデモンストレーションとしてはじめたプログラムだったのにその後、灯明活動の伝道師として合体エンジンというチームが立ち上がり、博多の小学校各地で開催されるようになり、その後、キャナルシティ、ベイサイドプレイス、天神、と定番になり、リボンシティオ那珂川周辺、室見川周辺、香椎駅前周辺、とそれぞれの地域づくりの手法として定着してきた。


a0010575_12284794.jpg今回はテムズフェスティバルからミュージアム・シティ・プロジェクトが出品依頼をうけて、合体エンジン出身の徳永君やオガタ君と僕が一緒に作品化してゆくという流れ。 
本来、地域のコミュニティづくりや地域素材の活用の為に立ち上げたプログラムですが、ロンドン市から求められている部分はそのコンセプトよりもフェスティバルでのデモンストレーション性。


a0010575_1231106.jpgロンドン塔から何か絡めて行って欲しいという要請もあるとかで、一応、写真のような水辺と船と・・・もともと灯明が霊を導き出す性格のものから、そのようなテーマで1枚の風景画を描くようなことをやってみようかなと提案しています。

で、こんなかんじでどう?徳永君、オガタ君?

出、あれ?やっぱり僕が原画描くのかな? 3月の半ば以降でもかまいませんか?・・・
by fuji-studio | 2006-02-23 23:05 | ■海外での活動
あ!今年もだいこんの蕾が!
a0010575_933667.jpg毎年、この時期の家の台所でのほんの小さな出来事。だいこんとか葱とかキャベツとか白菜とかの切れ端を水栽培して開花させるひそかな楽しみ。2004年も2005年もちゃんとこのブログで紹介されている。

本当に毎年見事に咲く。これからのシーズンですので、心の清涼剤にお試しください。

しかし、10年日記とか僕はまったく続かない人間だと思っていたが、毎日ではないにせよ、このブログもう3年目に突入したな。

昔の記録が残っていて便利だったりする。僕が死んでもこのブログだけ残ったりして。だれかが更新していったりすると、僕の存在はなんだったんだということになる。

しかし、このブログのシステムがあと33年残ることは考えられない。数年するともっと違うシステムになり、もっと違う形になるのかな。

僕等庶民の記録っていったいどれだけの年数有効なのだろうか?
by fuji-studio | 2006-02-23 09:30 | ・生活周辺/LifeScape
自宅では朝夕必ず見るインスタレーション?!
a0010575_23194991.jpg基本的には並べることが好きです。
さらに言えば分類が好きです。
同じ形態のものが並んだり、少しずつ、形を変えていたりする状態が好きみたいです。

絵を描くとか、彫刻するとかよりはるかに、空間に並べることが好きなので、この仕事なんだと思います。
で、この風景は毎朝、毎夕、食事の後に食器を片付けるときに食器を拭きながらテーブルに並べてゆく見慣れた風景です。特に並べる必要はないのかも知れませんが、食器を乾燥させるという理由でサガとして、並べてしまったりします。

今日は特にきれいに並んでいたような気がしたので日常の記録写真。

食器はいかにスタッキングできるかが重要です。無地のコレールをこの15年ぐらい使っています。この無地のコレールがなかなか売っていない。ガラスのコップもスタッキングできるかどうかが問題です。これもお気に入りがもう販売していない。一つ一つの形よりも優先されて重なったときの形とか、並んだときの形が気になって購入してしまいます。・・・というか、そんなだからなかなか気に入るモノがなく、購入できないのでちょうどいいが・・・。

服もいつも同じものを着ていると思われても仕方ありませんが、同じものが並んでいる状態が好きなもので同じ類のものをこの10年は買い続けています。

で、不幸なことに、並んでいないとずーっと気になって、そのまま放置しておけないんです。頭のどこかで、「ああ、すっきりしたいな・・・」と考え続けています。今の事務所、スタジオ、家の中がその状態です。

そういえば子どもの名前も並んだ状態を意識しているかも・・・。
睦 穂 慎 ですから。

より、並べるぞー!
by fuji-studio | 2006-02-22 22:22 | ・生活周辺/LifeScape