<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
義父の死で思う
a0010575_1251269.jpg人間は生まれ数年もしくは数十年の営みを行い死に至る。そしてその連鎖の中にだれもがいる。とてもシンプルな事実であるが、日常の中で見失いがちな事実でもある。

2005年7月26日、午後10時32分、妻の父親、僕にとっては義父に当たる木村謙次郎、享年76歳が他界した。僕はもう20年ほど前にその娘と出会い縁を結ぶことになったゆえにその父親との縁が生じ、その後、妻を通してその父親という人間との付き合いがはじまる。縁とは面白いものだ。


a0010575_1263382.jpg義父は工学系の研究者でシャープの前身の早川電気に入社し、新エネルギーの開発を中心的に行ってきたとのこと。

そこで彼が注目したものがその当時アメリカで発表されたという太陽光発電の原理。

で、その実用化のプロジェクトに生涯という時間を費やした。

その研究開発の段階で京セラの稲盛さんに出会い、シャープから京セラに引き抜かれ京セラで太陽光発電の開発の部長になったのが40歳を過ぎてからとのこと。

半年ぐらい前に義父から「君もそろそろ次のステップにすすまんといかんなー。僕がシャープをやめて京セラにいったのがちょうど40過ぎてからだ・・・」と話してくれた。

その後太陽江発電が実用化し日本の風景を変えつつあるのはご承知のとおり。

葬儀の場でやはり京セラに勤める長男が話した言葉が心に残った。

「若い頃、太陽光発電に興味を持ち、その後、その開発の仕事に従事することを本当に喜びに思っていましたし、世界中の太陽光発電の第一線の開発者や研究者達と一緒に人生を過ごせたことを本当に誇りに思い幸せに感じていました。」

そうですよね。

自分の取り組む姿勢で実は自分の付き合う相手が変わるんですよね。


a0010575_1291260.jpg一人の人間が情熱をささげ、まだなんでもなかった太陽光発電というものに興味を持ち、企業の枠組みを超えて共同プロジェクトとして研究、開発を重ね、その痕跡として世界の風景や価値観が変化し、その後の世代の生活が変わる。

彼の人生の結果、僕の娘が通う中学校の校舎の屋根にでさえも取り付けられているように、太陽光発電のソーラーパネルがとりつけられた屋根のある風景がそこにある。

風景は一人の人間の活動の連鎖によってかたちづくられるんだなとつくづく思い、一人の人間の思いの重さをつくづく感じる。

ああ、子ども達にそんな立派な研究者の遺伝子が引き継がれてゆく縁を不思議に、ありがたく思うのでした。

ところで、義父はつい先月例のNHKの人気番組「プロジェクトX」から太陽光発電の開発の話に関する取材を受けて11月の放映に向けて番組を制作する予定だと喜んでいた。

収録前に急逝してしまい番組に登場できなかったのが家族の僕らとしてはとてもザンネン。

プロジェクトXが始まった頃、あの番組がどれだけ地道な努力をしている若い開発者達の励みになるかというようなことを話してくれたことが耳に残っている。安らかにお眠りください。
by fuji-studio | 2005-07-29 23:24 | ・縁の深い人・家族
かなり洗練されてきましたよ。キスヒサタカの体操シリーズ第3弾!
a0010575_7214033.jpg新開地体操からはじまったキスヒサタカのご当地体操シリーズ。今朝、神戸からうまれた防災体操の初お披露目。なかなか洗練されてきていて、かなりいい感じでしたね。キス君お疲れ様。これ、全国巡業することになるかも。
by fuji-studio | 2005-07-24 07:21 | ○イザ!カエルキャラバン
山田小学校のスタードーム、おやすみなさい
a0010575_23224447.jpg今日一日のプログラムが終わり、小学校で寝泊りする最初の夜です。
校庭ではスタードームと月がいいぐあいです。
明日の朝はキスヒサタカの防災体操から1日が始まります。
地域の小学校とか公園とかで地域のみんなで泊まりこみで行う防災ワークショッププログラム「イザ!カエルキャンプ!」の試みがここから全国にひろがってゆくといいのですが・・・。

おやすみなさい。
by fuji-studio | 2005-07-23 23:22 | ○イザ!カエルキャラバン
イザ!カエルキャンプ! 山田小学校ではじまる
a0010575_2192844.jpgイザ!カエルキャンプ!神戸がいよいよ神戸市の北区の山田小学校ではじまりました。これは神戸市の震災10年事業の一環で4月からシリーズで行っている「神戸カエルキャラバン2005」の第5弾!かえっこのシステムを導入しながら、防災ワークショッププログラムを神戸市内各所で行い、プログラムとして完成させてゆこうというもの。

More
by fuji-studio | 2005-07-23 18:23 | ○イザ!カエルキャラバン
これって必要なのかな?と思いつつ・・・
a0010575_923736.jpg久しぶりに福岡のスタジオに戻るとお向かいの泉山君が「イザ!カエルキャンプ!」の防災ワークショップで使う消火器によるカエルの的あてゲームのカエルの的とバケツリレー用の装置を制作中。僕からの発注ではなく、カエルキャンプの企画を一緒にやっている大阪のiopの永田さんから依頼されたということでものすごくしっかりしている。へたすると作品のクオリティ・・・。「マトアテって、もしかしたらペットボトルに水入れてカエルでも張り付ければそれでいいんではないの・・・?」と思いながらも、泉山君に指導されるままにしっかりカエルちゃんのシルエットを描いてしまった。で、塗装の最終段階で目を描く作業を言われるままに描いてしまう。
a0010575_9281986.jpgすごく重くて運搬も大変そうなので、「これってペットボトルでいいじゃん・・・・」と思いながら「でもどうやって運搬するの?」と聞いてみると、車で福岡から神戸まで運ぶのだとか。それってものすごく大変じゃないですか。やっぱり「現地でペットボトルに水入れてカエルの看板ぐらいはりつけたんじゃだめ?・・・」と思いながらも、できてしまっている作品の完成度があまりにも高いので・・・うーん、美術館に搬入するでもないんだけど・・・と思いながらも、結局福岡から泉山君に車で運んでいただくことに。泉山君いろいろお世話になります。よろしくお願いします。

ということで、明日、あさっては神戸市北区の山田小学校での「IZA!カエルキャンプ!」 その後8月20,21日は神戸市のコミュニティセンターコミスタ神戸で、9月17,18日はJR六甲道の駅の南口にできる六甲道南防災公園でいよいよはじまるイザ!カエルキャンプ! はたしてどうなることか・・・。天気よさそうだけど、ちょっとよすぎるんじゃないの?小学校って暑そう・・・。
by fuji-studio | 2005-07-22 10:08 | ○イザ!カエルキャラバン
大阪新世界と茨城取手の2つのヒルズ構想の偶然
a0010575_23211747.jpg偶然は重なる・・・というか、同時代におけるシンクロ現象というべきか・・・。まあ考えることは皆似たようなものというべきか・・・。

大阪市交通局がその車庫の跡地を利用して作ってしまった商業施設とテーマパークもどきが入り乱れる大阪フェスティバルゲート。(実は1940年ごろ僕の祖父が運転手として働いていた所という縁の深い場所)それが僅か数年で経営困難になり、商業施設の建て直しと大阪市の文化振興を目的として、ジェットコースターが走り抜ける商業施設の空き店舗を利用して映像、音楽、ダンス、詩と朗読に関する4つの文化芸術系のNPOが入居し、活動をはじめたのが新世界アーツパーク事業。・・この報告長くなるね・・・おお!、いいサイトを発見しました。フェスティバルゲートの問題についてはこちらを参照してください。かなり面白いなー。このトップページも興味ありますね。

で、とにかくそこに2002年10月から入った4つのNPOは大阪市から予算がなくなったので出て行かないかと打診されたものの、新世界という地域と関わっていろいろな活動を行ってきただけにそう単純な話でもない。で、緊急シンポジウムを開催してその意味や方向性をさぐるという重要なトークセッションに呼ばれてしまったわけです。第一回目のシンポジウムの報告はこちらにあります。で、今回は第2弾。「ミュージアムが都市を再生する」とか「入門ミュージアムの評価と改善」などの著書もあり、企業や政府、行政などの経営改革を全国各地の現場で行っているツワモノの上山信一さんと僕が呼ばれて4つのNPOからの再生計画のプレゼンテーションがあり、その方向性について話をするというもの。それが「新世界ヒルズ構想」だったわけです。

いや、しかし、上山さんの発言はいいですねー。もやもやを晴らしてくれる気持ちいい無駄のない発言。一言で問題の中心部に達していました。問題は交通局の役人の面子だと言い切るあたりがいい。これを繰り返していても税金を無駄遣いするだけとまで。甘い話ではなくしっかり市民側は戦闘態勢をとって闘うべきとのこと。戦闘の基本がいくつかあるそうでそれも伝授してもらっていました。百戦錬磨って素晴らしい。とにかく大阪はこれから熱くなるはず。要チャックです。

で、僕が気になってお話したポイントは大阪の中で新世界を含むこの地域を大阪市がどのようにしようとしているのか。また住民はどうしようとしているのかという点。それについて今回問題視している4つのNPO関係者がこの地域で活動することに魅力と誇りを作ってゆけるかどうかということ。それとこのバブル遺産ともいうべき妙な建築物に対して魅力と誇りがもてるのかどうかということ。しかし、一旦作ってしまったものに対してはやはり責任をとって愛憎がにじみ出るくらいつことん付き合うべきだとは思うのですがね・・・

a0010575_0462822.jpgで、その次の日淡路島にわたり前のブログで報告したように竹にまみれて次の日の早朝に淡路島を後にし向かった先が茨城県の取手市でおこなわれた取手アートプロジェクト関係のフォーラム。美術家の椿昇と僕が取手市長の塚本さんをはさむ形に座席が仕組まれ、なんとも妙なかんじ。で、話はなんとなく取手の印象とかあたり障りのない話題からフェードインの状態でしたが、塚本さんがいきなり常磐線のイメージが悪く、それをどうにかしたいという話から何を話すのかと思っていたら・・・なんとも壮大なアートライン構想の話へ・・・油断していました。話を聞きながら背筋がゾクゾクと・・・。やばい。久しぶりのヒットです。


a0010575_2381934.jpg現在上野を起点にしている常磐線を東京乗り入れに。で、東京芸大の一部が北千住に移転するとかで、上野、北千住、取手と常磐線沿線上に3つの駅に東京芸大があることになる。で、取手駅前では芸術の杜構想というものをうちあげて駅前再開発の骨格にホールと図書館と美術館、ギャラリーなどのアートセンターを・・・柏市もアートプロジェクトを中心としたまちづくりをおこなってゆくとか。それに連動して我孫子市、松戸市の市長達に呼びかけて現在の常磐線を「ART LINE」としてエリア全体の完全な再構築を図ってゆこうという構想。すると上野、北千住、松戸、柏、我孫子、取手とアートゾーンが整備されるわけで、市長レベルで本気なのと、周辺地域の人材のことを考えるとかなり現実味がある。おもわずあんぐり。

そのフォーラム会場にはしっかり取手市議会の議長はもちろん議員も数名。柏市の商工会の人や関係者も数名。さらに最近まで白石コンテンポラリーアートにいた若手のかなりやりそうな感じのスタッフが独立して柏市に新しいかなり大型のギャラリーをオープンするとかで、なんとすでに動き始めている話。今年の取手アートプロジェクト(TAP)ではTAPツアーエイジェンシーを作って取手周辺地域のアートなスポットを巡るツアーを企画しようとしたり、芸術の杜構想の予定地に架空の拠点の分譲地ごっこ「取手ヒルズ!」を作って遊ぼうとしていたが、・・・こんなことしていていいのかな・・・


a0010575_0454194.jpgと、盛り上がりつつ次の日は椿さんは芸大の1年生と数ヶ月間行ってきた授業の総集編の竹炭焼きイベントを、僕は取手の周辺のアートなスポットをリサーチするために1日中ドライブし、夕方から取手の最先端にある・・・(取手って2つの川に囲まれて中洲のようにも見える) たきびの里へ集合。そこがまた濃厚なスポット。たきびの歌(かきねのかきねのまがりまど~・・・のうた)に深い縁とゆかりを持つところということで、竹にスピーカーや証明が仕組まれて、椿さんの去年の取手アートプロジェクトの作品「カマゾウ」が煙を出しながら働いている。・・・この報告も長そうだなー、まあとにかくいろいろなことのあった濃厚な数日間でした。

で、今日は四万十神楽交響楽という話をつくっていました。で、さっき、久しぶりに自宅に戻りました。そういえば東京のお台場でこの週末2日間、博多灯明を行っていたらしいが、どうだったんだろうか? 様子を見に行けなかったなあ~。なんでこんなにいろいろなことが重なるんだ!!!
by fuji-studio | 2005-07-18 16:38 | ■茨城・取手Art Project
淡路島でのスタードームの練習
a0010575_19564692.jpgこれがまたややこしい話ですが、淡路島アートフェスティバルの会場で大宰府スタードームフェスティバルのスタッフが神戸カエルキャラバンのスタッフ達を集めて野研のスタードームのつくり方を伝授するワークショップが開催されました。
a0010575_19593434.jpgということで淡路島には大宰府市役所若手職員が5名福岡から、神戸カエルキャラバンのサポートスタッフが40名京都、滋賀、大阪、神戸各地から、で、アサヒアートフェスティバルの広報関係者が2名東京から淡路島を拠点として活動する作家尾崎泰弘さんのところに大集合となったわけです。
a0010575_2044190.jpgで、なぜか関西から伝説の作家、榎忠さん(←必見)が竹でつくる祝砲をうちあげにやってきました。尾崎さんは190年代前半に神戸のギャラリーで作品に圧倒された経験があり、その後僕が鹿児島で活動をはじめた頃淡路島でアートプロジェクトを行うということで密に連絡をいただいて興味を持っていた時期がある。 
a0010575_20201250.jpgそんなきっかけで、一時は淡路島への移住計画をたてたほど。結局震災で大変なことになりお互いに連絡が疎になっていた。今回は大勢での参加だったのでゆっくり話する時間はなかったが久しぶりの再開でうれしかったなー。で、40名ものスタッフ全員、尾崎さんの自宅や実家に泊めてもらったのでした。
a0010575_175155.jpgしかし、榎忠さんの祝砲が本当に大砲の音のように迫力がありすぎて、近所から苦情が殺到。本当にご迷惑をおかけしました。 それにしても昭和のはじめからそこにあるレトロな銭湯に全員でぎゅうぎゅうになりながら入ったのは楽しかったな。あと夜光虫と・・・
by fuji-studio | 2005-07-16 18:36 | ■兵庫での活動
これは本物だ!
a0010575_10151813.jpgついに本物を発見しました。最近日本全国でAAFというとアサヒアートフェスティバルだが、淡路島で小文字のaafとなるとそれは淡路島アートフェスティバル
その参加という形にはなっているものの・・・、いやすごい。淡路島で本物を発見。すごいです! 淡路島を拠点として活動している竹田直樹さんの案内で淡路島アートフェスティバルに参加している古い民家などの作品群を見て廻ってるうちに島内の高速道路をとばしてさりげなく連れて行ってもらった現場。そこは1943年生まれの二名良日さんの「里山基地づくり」の現場ですが、想像をはるかに超えていました。

a0010575_10273727.jpg一本一本が麻縄で丁寧に組まれ、斜面に竹の階段ができており、8m~10メートルほど登ったところからさらに桜の大木を囲むように竹のステージができており、さらにそこから10mほどまさに竹の基地が構築されつつあります。15m地点ぐらいまでは登りましたがそこでギブアップ。高所恐怖症ぎみの僕にはそこから上にはとても登れませんでした。
a0010575_10384759.jpgこの竹のツリーハウスというか基地づくりというか・・・、まだまだ続き、さらに山の斜面に張り巡らして行くのだとか。

野外活動に興味ある人にとっては一見の価値有り。しかし、その構造物のスケールにも感動しましたが、なんともその自然体のあり方が素晴らしかったなー。周辺の整備のしかたとか、道具のしまい方とか久しぶりに本物だと感じさせる現場でした。淡路島恐るべし。
by fuji-studio | 2005-07-16 14:58 | ・日常と雑感
今年もまた蓮の花が咲いた
a0010575_632933.jpg家から出たところにあるレンコンの畑。今年もまたきれいな蓮の花をぽんと咲かせています。神戸、大阪、淡路、取手・・・といってきまーす。
by fuji-studio | 2005-07-15 06:03 | ・生活周辺/LifeScape
コフジの授業で池袋でライブに出演!
a0010575_19225985.jpg今日は美学校での一学期最後の授業・・・。とにかく様々な空間で実践的な表現を行おうとkosuge1-16と一緒にコフジビルの授業を行い始めて2ヶ月。メンバー(生徒)に結構いろいろ抱えている濃厚な人間が多く、紆余曲折いろいろあるが、結局自分を探る授業になっているような気がする。で、今日はメンバーの一人が池袋のライブハウスで行う自分のパフォーマンスユニット「ZOMBIE LOLITA」の一部にコフジビルのメンバーによる「日本人鈴木合唱団」というのを企画して、いろいろ作詞作曲し、出演することに。僕は朝から体調が悪く、気が進まないのもあり、無理だろうと思っていたが、しっかり僕のソロパートも用意されていて・・・仕方ない。一応授業だ!と自分に言い聞かせ、学生に付き合う。あー、なんというか、学生時代のはちゃめちゃな頃に戻ってしまった感覚。懐かしかったなー。
写真は池袋のカラオケボックスで練習し、メイクをして衣装を身につけライブハウスに向かうコフジの異様なメンバーの様子。

ところでコフジビル、アサヒアートフェスのオープニングでカキ氷自転車を動かし始めてから、なんとコフジアイスプロジェクトなるものが始まったらしい。この夏、青森の空間実験室経由でねぶた祭りに参加するとか。で、九州の別府にも来るとか。そのついでに福岡にもくるとか。なんともバイタリティのあるメンバーなんだろう・・・。詳しくは自転車部、こしくはコフジビルのブログで見てね。(今回はリンクするのが抵抗あるなー)・・・僕はほとんどなにもしていないのに動いてしまっている・・・。コフジアイス呼びたいところは連絡くださいね。
by fuji-studio | 2005-07-14 19:39 | ■東京での活動