<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
養老天命反転地での説明会開催
a0010575_1043681.jpg養老天命反転地というのが突然岐阜県の養老公園に登場したのは1995年ちょうど10年前。荒川修作とマドリン・ギンズが長年構想してきたモデルが形となって出現した。
それがどのようなものかについては養老天命反転地のサイトをたどってもらいたいが、完成当時、僕にはそれが1分の1模型に見えて仕方なかった記憶がある。
a0010575_105660.jpgそれ以前に彼がその構想としてつくったCGやコンセプトそのもののイメージがまさに彼の作品。その意識を伝えるための模型としてその空間は具現化されていると捉えている。その当時はまさに色も塗りたて、植物もひょろひょろで芝生は今にもはげそうで、廃墟としてつくられた構造物がやたらとうそぽかった。

a0010575_1053519.jpgそれが10年で木々が成長し、廃墟はまさに廃墟っぽくなり、いい感じになってきている。今回はそこでの展覧会とワークショップを依頼され、養老天命反転地とその周辺施設を使った参加自由の1日だけの展覧会を行う事にし、一般公募を行い、その説明会が開催された。岐阜を中心に活動している作家や関西の若手作家、これから制作活動を始めようとしている作家の卵など数名が説明会にあつまり、養老天命反転地の空間の刺激をうけてイメージを膨らます。家族連れやカップルが多く時には1日2000人以上来場するという不思議な施設。表現者にとってはその空間に関わる仕事はかなり刺激的なはず。

a0010575_106024.jpgある種の虚構(フィクション)が、それなりの現実性を帯びるには時間という要素が不可欠なのかもしれない。時間という力は恐ろしい。以前より、生物が遺伝子を残し、次の生命を誕生させ、そこに存在するという事実以外のほとんどのことが「虚構/フィクション」でしかないと考えていた。その意味あらゆるものごとが虚構から発生している。とりわけ都市は虚構の集積から始まる。しかし、年月はその虚構にリアリティをもたらす。年月というより、そこに関わる多くの人間の関係性がその場に経験値を与え、その蓄積が妙なリアリティを与えているような気がする。そもそもピラミッドもスフィンクスも奈良の大仏も広隆寺の弥勒菩薩も三十三間堂の千体の千手観音も竜安寺の石庭も(このあたりは個人的に学生時代とても影響を受けた空間)ある個人の妄想から始まった「大いなる虚」なのだろうが、それがイメージとして人間を媒介として連鎖し人々の意識を作り出し、価値観として固着し、展開され、長い年月にわたり受け継がれ、今となってはだれも「まっかなうそ!」とはき捨てる人はいない。空間がものがたり、訴えかけてくるからだろうが、そのメカニズムについては不勉強なので僕は知らない。そのプロセスの導入が養老天命反転地にはあるのかな?  とにかく3月26日、かえるで変わるのかな? 
by fuji-studio | 2005-02-28 11:30 | ■岐阜の養老天命反転地
大垣から米原に向うローカル線
a0010575_22524459.jpgこのローカル線に久しぶりに乗る。はじめて関ヶ原の駅に降り立ち上石津町に案内されて10年が過ぎる。毎年数回はこのローカル線で旅してきた。毎年夏になると上石津音楽村での合宿。大垣のIAMASの学生ともいろいろ知り合った。ログズギャラリーにも国道365号線を爆音でドライブしてもらったし、最近ウクレレで有名な伊達君や高嶺格君にも関わってもらった。

More
by fuji-studio | 2005-02-27 11:38 | ・単純記録/Diary
天才かえる少女現る!
a0010575_002273.jpgいやー、天才カエル少女にお会いした。まだ小学校3年生とか。数年前からカエルを飼い始めたとか。家にかえるとすぐさまかえるの絵を描き始めて、数時間夢中でかいているとか。今日はわざわざ、数十枚の絵を持ってきて神戸のシンポジウム会場にやってきた。

More
by fuji-studio | 2005-02-25 23:59 | ・単純記録/Diary
妄想が連鎖する
神戸アートビレッジセンターの新開地アートストリートの引継ぎ式。

井上明彦さんから藤浩志を経由してアトリエワンの塚本さへ

妄想が連鎖する話でなかなかいいかんじ

また追って報告しましょ
by fuji-studio | 2005-02-25 18:03 | ・講座/対話/研究会
六甲山牧場Art Campの打ち合わせ
a0010575_104624.jpgiopの永田さんと六甲山アートキャンプサポートスタッフとの打ち合わせ。
大学時代にいろいろ一緒に活動していたマスダマキコと久しぶりに一緒に仕事をすることになる。あいかわらず面白いイメージが湧き出てくる。

More
by fuji-studio | 2005-02-24 10:36 | ■兵庫での活動
大宰府スタードームフェスティバル2005
a0010575_22293671.jpg今年の秋、10月15日だったかな? 大宰府に新しい国立博物館がオープンする。それをじっと待つのではなく何かを仕掛けたいと思ったのが大宰府市役所の若手職員達。で、いろいろ動いているうちに大宰府にある大宰府政庁跡スタードームを並べ、フェスティバルを行おうということになった。

More
by fuji-studio | 2005-02-23 23:03 | ご案内/Information
目に見える風景
a0010575_1685114.gif
上の写真は事務所の僕の机から見える日常の風景。モニターが7つもある。これがまた視力を低下させる原因のひとつ。メガネをかけて両目で視力が大体0.6程度。この道40年以上なので運転免許の視力検査のときは気合と感でクリアする。右目は生まれつきの不正乱視でメガネをかけても0.1程度。中心部は見えるがその周りが見えにくい。視界の中にぼけているところが多くあり、物音を見るのに頭や体を動かして見えるポイントを探す癖がある。たまに疲れると黒い斑点が見える。老眼が進行中で3年前より遠近両用メガネを使用。ここまで汚い風景ではないが・・・今日の風景はこんな感じ。昔から弱いのは立体映像と月や星の観測。満月でも三日月でも多重に見えるので気分は複雑。その分、多重に複雑な柄が拡がっていると安心する。だからいっぱい並んでいると安心するのかな? 遠近感がないので、子どものころやキャッチボールができずに高所恐怖症。斜面も吸い込まれる錯覚に陥る。美術大学受験のデッサンで、見たとおりに描けといわれてもよく見えないので認識で描く術を獲得する。

最近、どうも目の調子がよくない。緑内障と診断されてかれこれ1年。緑内障と飛蚊症と不正乱視と近視と遠視(老眼)が進行中で遠くも近くも周辺も中心付近も見えにくい。眼科で目薬をもらい、緑内障の進行をおさえているはずだが、どうしても出張で目薬を忘れ、無理して遅くまで起きていたりして疲れると次の日、飛蚊症も発生し、風景の中に黒いものがうろうろ見える。どうも目の中心周辺にも見えないところが発生しているのか、やっぱり見づらい。

見えなくなってくると逆に視覚にこだわる。認識の中で物事を見ようとする。生まれつき右目はほとんど視力がないのでほとんど片目の生活には慣れているが両方犯されてくるとまた日々の暮らしの風景がいとおしくなる。毎日の忙しさでほとんど気にしていない目に見える風景だが、ふと日常の生活に戻るとその風景をしっかり認識したいと思う。

僕が風景に関わりたいとこだわるモチベーションはもしかするとこの目の特性からきているのかな?自分では自覚していないが、見えない分、それだけに見えないものを捉えようとする努力をしてきたようにも思える。こんなときにいつもある感情が芽生える「あー、絵が描きたい・・・!」日常の風景の絵を描きたい。

B級動物彫刻家の楠丈以外にもう一人B級風景画家の人格でもつくろうかな。名前何にしようかな?風景画家っぽいのがいいね。誰か名前をつけてください。老後の楽しみにしようとしていたけど、目が見えなくなるといけないので、ぼちぼち描き始めようかな?
by fuji-studio | 2005-02-23 17:03 | ・思索雑感/ImageTrash
備前市でのまちづくりフォーラム
a0010575_052385.jpg備前市のまちづくりに関わってかれこれ3年。関わって・・・といってもほとんどスタート時点で子どもたちを巻き込む仕掛けをしたぐらい。しかし、久しぶりに訪れてみるとみんなが出していた意見がそれなりに形になっていた。微妙なズレは仕方ないが大きくはワークショップ参加者の意見が反映された形で整備されつつある。

a0010575_051853.jpg去年だったか、僕なりに修正しようとそれなりにイメージを提案したが、やはり形にはならない。しかし当初から参加している子どもたちは成長しつつも、いまだに元気でいいかんじ。子どものころからまちづくりに参加してそれがそのまま形になる経験をするというのはいいと思うのだが・・・。問題はコンサルタントのコーディネート力とデザイナーの質。
a0010575_0523786.jpg今回はこれまでの報告と今後の課題を話し合うフォーラムということで備前焼を活かした云々の関係で、地元の華道と茶道の先生たちとまちづくりに積極的に参加している市民代表、それに備前市都市整備課の代表などをパネラーとしてなぜか僕がこちらの席、つまりコーディネーターとして進行役にまわる。進行役はみんなの話を聞いて進めなければいけないのでプレッシャー。パネラーとして好き勝手な個人的な感想をしゃべるほうがよほど楽しい。この役あまりふさわしくないなんだけどなー。その後岡山にゆき、仕掛け人の小石原君が最近作ったダンススペースで若者相手にレクチャーを行う。fなんとそのダンススペース、なかなかよい。数年前から注目しつつもなかなか現場に立ち会えない丹野賢一が壁を壊すパフォーマンスを行ったということでそのDVDを夜中まで鑑賞させてもらい感動。いや、よかった。昔行っていたパフォーマンスの血が騒いだ。
by fuji-studio | 2005-02-21 17:03 | ・様々な地域活動の実験
出口敦さんとのクロストーク
今日は福岡市美術館で九州大学の都市工学を教える出口さんとのクロストークがあった。彼とはかれこれ10年以上も前に、水道橋の東京ドームを眺める都市計画コンサルタントの事務所で一緒に働いていたことがある。バブルの崩壊のころ、かなり特殊な経験を共有していて面白い。久しぶりに思いつくままにいろいろ話したが内容はさておき、会場にはかなり充実したバリエーションに富んだお客が来ていた。
神戸から、淡路島から、京都から、東京から、北九州から・・・。福岡アジア都市研究所で一緒に市民研究員をするメンバーや小学校の先生・・・作曲家の藤枝守さんまで。まいりましたね。そのなかで、1985年当時に制作した「がまくんとかえるくん」の紙芝居をひさしぶりに行い、あらためて「つくる」ことの原点をふりかえり、なにかが確認できたような・・・。僕にとっては久しぶりにとても楽しいクロストークだったなー。
by fuji-studio | 2005-02-19 23:33 | ■福岡での活動
横浜市長の中田さんがペットボトルのカヌーに乗る図
a0010575_9363153.jpg横浜市の広報の方から中田市長がペットボトルのカヌーに乗り込んでしまったときの写真などが送られてききました。ありがとうございいます。


More
by fuji-studio | 2005-02-17 09:35 | ○デコポリ・ビニプラ系活動