<   2004年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
プラレールで遊び、アニメーションをつくるコーナー
a0010575_03644100.jpgこれは先週の土、日だけ限定のプログラム。

大量のプラレールを使用して子ども達にプラレールで遊んでもらい、それを真上と斜め上から撮影し、アニメーションをつくるプログラム。

特別参加のパラモデルというチームが大量のプラレールを持ち込み、2日限定で開催しました。

子ども達は熱中し、若干何名かの大人たちも熱中し、遊んでおりました。

はたしてどんな映像ができたものやら!パラモデルさん、楽しみです!
by fuji-studio | 2004-08-26 00:30 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
ねんどでしりとりアニメーションコーナー
a0010575_0255415.jpgこれも基本的なクレイアニメの原型のような遊びのコーナー。

ねんどで何かを制作し、それを少しずつ動かしてコマドリ撮影をし、また次の参加者が前につくったものの最後の文字をヒントにしりとり遊びで次の何かを制作し、それを動かしてまた次の人がつくるという「ねんどでしりとり」コーナー。

なかなか面白い映像が日々できつつあります。
by fuji-studio | 2004-08-26 00:24 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
キャップでアニメーション!
a0010575_0205174.jpgヌイグルミシアターの中にある単純だけど面白いキャップアニメーションのコーナー。

少しずつキャップを動かして行きながらコマドリ撮影をし、アニメーションをつくる遊び。
7年間コレクションしてきた様々な色のキャップが活かされるはじめてのプログラム。

個人的にはとても嬉しいコーナーです。
by fuji-studio | 2004-08-26 00:19 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
影絵で遊ぼう!のコーナー
a0010575_0135729.jpgヌイグルミシアターの中のひとつ、影絵で遊ぼうコーナー。

とはいえ、単にスクリーンを置いて、後ろからビデオプロジェクターと昔ながらの拡大投影機を置いて組み合わせてうつしているだけ。

この単純な仕掛けですが、拡大投影機が逆に写るのが微妙に不思議で面白い。

さて、どんな遊びをおもいつくのか!
by fuji-studio | 2004-08-26 00:13 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
大阪新世界、夏休み企画 ヌイグルミシアター&かえっこ
a0010575_0102381.jpg大阪でヌイグルミシアターが開催されています。
かえっこのシステムがベースにありながら、子ども達がアニメーション作品を自由に見ることのできる空間、ヌイグルミシアターです。

期間中、ワークショップコーナーでアニメーションをつくるコーナーに参加すると、ポイントがもらえ、会場のいたるところにあるヌイグルミと交換することができるシステム。

大阪の新世界のフェスティバルゲート4階にあるremoで今月末まで開催中!
by fuji-studio | 2004-08-26 00:09 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
バンコクでの展覧会open!
a0010575_2242291.jpg国際交流基金バンコク日本文化センターでの展覧会がスタートしました。
ランプーンでのワークショップの様子をハワイから来た映像作家がドキュメンタリー作品とし、その上映も行っていますが、会場はショップのような雰囲気につくってみました。

隣が日本に関連する本等の図書館となっており、1日数百人の利用者がいるとか。
そのお客が「あれ?お店ができたの?」と勘違いして足を踏み入れるような空気に仕上げてみました。

チェンマイのアーティストグループ、Beautyform Unisuitの作品が際立っていいです。

ナウィンのマネージャーがデザインしてくれたファッション誌のようなカタログもオープニングに間に合い、無事レセプションも終了しました。

あとは報告書をかくのみ。

みなさん、お疲れ様でした。
by fuji-studio | 2004-08-18 13:33 | ■海外での活動
ファッションショーの参加者達
a0010575_16102694.jpg

こうやって集合するとかなりやばそうな集団ですが、
みんなまじめな中高生と専門学校の学生です。
by fuji-studio | 2004-08-10 16:13 | ■海外での活動
ショーの様子
a0010575_151561.jpgハイスクールは日本の中学生と高校生、すべての学年から興味のある子ども達を募集してたので、参加者は12歳~17歳と様々です。合計5日間のワークショップを開催しましたが、みんな写真のようにのりのりです。

結局29人の参加者がモデルとしても参加しました。
今、サイトを製作中なので、そこですべての参加者の様子を見れるようにします。

作品は子ども達のつくった作品が15点ほど。僕が日本から持っていったものが4点、チャンマイの若手アーティストユニットが制作したものが10点ほど。

ひとり、以前に紙でドレスを作った子どもがいて、(子どもといってももう高3なのでほとんど大人ですが)特別に参加してもらいました。

メイキャップには映像作家も参加したりして、若い作家と子ども達の雰囲気がなかなかよかったな。

街の人はみんな盛り上げてくれてかなり楽しい時間でした。

まあ、練習不足でなかなか動けなかったり、動きがまだまだ硬かったり、僕はひとりでいらいらしていましたが、みんなは楽しそうにしていたので、まあいいか。

布の素材はすべてこちらでは多い垂れ幕の廃品。

素材としてはパッケージとかコードとか、キャップとか、小包紐の廃品とか。まあそんなものです。

最初は硬かった子ども達でしたが、本当にみんなのってきてくれて、参加者のキャラクターが実に面白かったのは確かです。

それぞれの個性が実に際立ったイベントでした。その個性にかなり救われたところがあります。しかし、メイクをすると人間何か変わりますね。みんななりきっちゃう。

昔、派手派手のメイクをして舞台に立っていた頃が懐かしいですね。

それと、ファッションショーというフレームって、街中で結構使えることもわかりました。
どんな変なことをしていても、「あっ、ファッションショーね」とおっちゃんもおばちゃんもお坊さんもみんな結構自然と楽しんでくれる。きれいな人は意外と少ないということに改めて気づきました。
by fuji-studio | 2004-08-10 15:11 | ■海外での活動
ランプーンのショーの会場
a0010575_1453141.jpgランプーンの中心にある、有名なお寺の正面の橋の上が今回の会場でした。

橋とはいえ、写真のように橋の上にアーケードができていて、その中に60軒ほどのお店が軒をつらねます。

下は川なので、とても涼しい商店街。

竜眼という果物が特産の街で、ちょうどこの日から竜眼の収穫祭があるとのこと。

ところが最近は工業団地としていろんな製造業が街の周辺にあつまり、いわゆる公害問題が発生しているという街です。

そのあたりが今回仕掛けた側の意図だったのかな?
by fuji-studio | 2004-08-10 14:59 | ■海外での活動
ランプーンでもかえっこ
a0010575_14393193.jpgランプーンのファッションショーの会場の入り口でタイでは初めてとなるかえっこを小さく開催しました。

日本からかばんに入るだけ持っていって、一応広報はしてもらったのだけど、どうやって広報したのかわからないけど、10人近くはおもちゃを持ってきました。

あとはひたすら、通りがかりの子ども達が絵を書いてはポイントをゲットし、それでかえっこしていました。

ここは仏教国で、施しの世界。かえっこという概念があまりありませんね。すぐにもらおうとする子どもがおおい。

キティが人気でキティを集めてすべてほしがる子どもがいました。

こども達には日本の子ども達にメッセージを書いてもらいましたが、読めません。

参加者はカードの消費枚数からすると60人ぐらいだったかな?
by fuji-studio | 2004-08-10 14:51 | ■海外での活動