<   2004年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
名古屋でのかえっこ開催情報
7月10日土曜日に10時から13時まで
子どもセンターみどり というところのオープン1周年記念企画の中でかえっこが実験的に開催されます。

フリーマーケットやダンス教室、読み聞かせ、人形劇、中高生による大道芸など、てづくりのイベントがいろいろある様子。

主催は社会福祉法人名古屋キリスト教社会館 子どもセンターみどり
(名古屋市緑区相原郷2丁目1102)

ということです。NHKのテレビを見て連絡をいただき、独自開催をされるはじめてのケースです。
乞うご期待ですね。
by fuji-studio | 2004-06-29 10:12
山梨県塩山市でのかえっこ情報
7月3日土曜日

かえっこinえんざん、が開催されるという連絡をいただきました。
なんと今週末ではないですか。

塩山市地域通貨研究会というところが主催のイベントです。興味のある方は協力してくださいね。

ちなみに今週末は大阪でヌイグルミシアターの地域でのワークショップも地元のアーティストたちによって開催されています。
by fuji-studio | 2004-06-29 09:56
愛媛でのかえっこ情報
とりあえず、かえっこのサイトが整備されるまで、ここでかえっこ情報を掲載しますね。

愛媛の松山市のリサイクルプラザ、通称りっくる Re再来館 でのかえっこ開催情報をいただきました。

7月24日(土)午前10:00~12:30
松山市Re再来館にて
1人おもちゃの持ち込みは3点限定だそうです。

なぜ3点限定なのでしょうか?
松山のかえっこはいつもかなりの人手なので、おそらくバンクの混乱を防ぐためなのかな?しかし他にも方法があると思うのですが。もしもよろしければ、その手法のメリット、デメリットなどおしえてください。 
by fuji-studio | 2004-06-29 09:46
ベルリン在住の作家大山由華さんのHP


去年、糸島のわが家でビニプラを使った究極のクリスマスデコレーションを展開した
ベルリン在住の作家大山由華さんがHPをリニューアルしました。
家での作品が掲載されていますので英語のサイトですが、ご覧ください。
何か、かなりシンクロしている部分があるんですよね。

http://www.dearyuka.com/

家に撮影に来ていたアメリカ人の写真家ベッキーさんは坂元龍一のツアーにカメラマンで同行するなど最近急激にメジャーな仕事をしているとか。

そういえば、この7月から9月までドイツのワイマールでの展覧会に出品してくれと頼まれているけど、どうしようかな。 もう時間ないけど、何か送って終わるなら送ってもいいですが、・・・とここで書き込んでもどうにもならないよね。
by fuji-studio | 2004-06-29 09:24 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
鹿児島でのかえっこミーティング
a0010575_142918.jpg
鹿児島で9月に結構おおきなかえっこが鹿児島子ども劇場の関係で開催されます。
そのワークショップのイメージづくりの為のレクチャーを行いました。
結構、いろいろな面白いアイデアがでました。はたしてどこまで実現できるか、楽しみですね。写真はそのときの黒板の様子。参加者のイメージであふれています。
by fuji-studio | 2004-06-24 14:30
北九州小倉駅前AIMでの展示
a0010575_93715.jpg古賀を拠点に活動しているトビオ君に頼まれて、北九州のAIMビルにスタジオの事務所の内装につかているペットボトルブロックをほとんどすべて持ってゆき、展示してみました。事務所に積み上げているとそうでもないが、こうやって広げてみるとたくさんありますね。

来週末の26、27日には午後2時から4時までここでかえっこも開催されます。

お近くの方はおもちゃを持って参加してください。

しかし、ペットボトルの作品の新作をつくりたいけど、なかなか時間がありません。
予算もないし、人手もない。いったいいつになったら本格的なペットボトル作品ができるのか。とりあwず、今度は完全電飾バージョンを作りたいと考えています。(藤)
by fuji-studio | 2004-06-19 09:38 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
養老天命反転地
a0010575_03657.jpg
岐阜県に養老天命反転地というテーマパーク(?)ができてそろそろ10年になろうとする。実は工事中のときより注目していた荒川修作+マドリンギンズの作品で、その山の裏側の上石津町の音楽ホールでの企画に5年ほどかかわっていた関係で完成前、完成直後、その後記念館ができてから、その後とかれこれ5回は足をはこんでいたが、今回そこをフィールドとして何かワークショップを行うことになって数年ぶりに足をはこんだ。

できた当初は荒川+ギンズ作品の等身大のコンクリート製の模型ができたような変な感覚だったが、それなりの年月を経て個人的にはいい感じになってきたように思う。出来立ての廃墟がしっくりくるはずもなく、植えたばかりの木がうそっぽさを物語っていたが、さすがに10年たつと樹木も成長し、ペイントもはがれ、廃墟風のものも立派な廃墟になり、周辺も整備され、管理者たちの苦労と情がにじんでか、作品としての力が増幅されていた。

そこで何か、展示およびワークショップをオーダーされた。
来年の3月。何ができるだろう?
by fuji-studio | 2004-06-14 00:38 | ■岐阜の養老天命反転地
RS75m Gallery
a0010575_231626.jpg
ちょうど1年前、制作スタジオとして借りている養鶏場跡の鶏舎1つを利用した75mの長さのギャラリーをつくろう!という話をおもいつき、オーナーの三坂さんも賛同して、一緒につくることになり、掃除をはじめた。最初、ほんの数時間、掃除したものの、結局そのご、夏から秋の忙しい時期に入り、結局1年間かけて、三坂さんがこつこつと清掃、整備を行い、どうにかきれいになった。

そこで、話の発端となったミュージアム・シティ・プロジェクトの出品作品の廃材を先日ようやく運び込むことができた。参加者は徳永昭夫と日本基地学会のオガタタカヒロ、松尾孝祐、今後、この空間作りを基地作りワークショップの手法で行おうかとか話をした。内装の材料は廃材が基本。材料代も人件費もない。空間作りきに興味のある人は勝手にレジデンスして作ってもらってもいい。

去年からはじまって、ようやく材料の一部を搬入した状態。10年かけて整備するつもりだったが、10年でできるのか不安になった。

大型の作品置き場やプロジェクト型作品の始末に困っている人は相談してください。
もちろん、廃材を利用した空間作りに興味があって労働力と時間があまって困っている人も。
by fuji-studio | 2004-06-06 23:17 | ・スタジオ作業日誌
RS75m Galleryにようやく廃材移動!
おととい、アートリエのオープニングの日、MCPのPHの廃材、日本基地学会と徳永君でどうにか移動し、ようやく使えそうなめどがたちました。ぜひMCPとからんでこの場を運営してゆきたいですね。 そういえば学校の話はどうなったんだろう。

ちなみにMCPとは福岡の街を使ってアートプロジェクトを展開しているNPO的な任意団体、Museum City Projectの略、PHとは東京で活動する・・・というか、今は横浜、ちょい前までは灰塚で大変な活動をしている建築も行うphスタジオという名前のアートユニット。日本基地学会とはMCPの98年のプロジェクトで形をつくりはじめ、じわじわ面白いことになりつつある建築系ユニット。

Phスタジオが福岡で2002年に制作した作品の廃材を利用して、日本基地学会とRSPS Lab.がRS75mGalleryという場を作ってゆこうというややこしい計画です。
by fuji-studio | 2004-06-06 23:07 | ・スタジオ作業日誌
Rick(馬の名前)
a0010575_17036.jpgかれこれ7年間借りている制作スタジオには馬がいる。夕方になると食事のために放し飼いになり、なかなかいいかんじでそこにいる。仕事中、ふと大きな気配に気づき振り返ると目の前に馬の顔があり驚くこともある。名前はリック、もともと乗馬クラブにいた乗馬用の馬だったらしいがずいぶんと年をとってきた。毎日何を考えて暮らしているんだろう。

かれこれ3年前になるが、盲導犬の子犬を預かるパピーウォーカーというものをパブリックアートを考える上で大切かなと思いつき、1年間、ほぼずっとその子犬と過ごした経験がある。僕の家庭にとっては信頼と責任感、使命感について家族で考えるために家庭内プロジェクトだった。動物がそこにいるというのはそれだけで力がある。その体が大きければ大きいほど、存在感が強くなりなかなかいい。(あたりまえか)ただし、排泄物も大きい。

地域で共有の動物を飼うというのはどうだろう。好みとしてはヤギと羊とかがいい。目がたまらなく好きである。奈良市は鹿を飼っているが、鹿はたまに攻撃的になるとか? カラスとねずみが都市部のアンダーグランド(?)で大量に飼われているが(べつに好き好んで飼っているわけではないが)、その天敵を問題地域で飼うというのもひとつの手法かもしれない。ロバとか馬なら新交通システムにも関与するかも。野良犬は街からいなくなったが野良猫は都市部でまだ生き残っている。関係ない話だがペットボトルに水をいれたものが野良猫よけに効果があるというのはデマという話は本当? だとするとあれは単なるだれかの表現だったのかな? 

ともあれ、毎日仕事帰りにリックの姿を見るここの環境はなんともいい。打ち合わせに急いで出かけるときに限って道路の真ん中の草をむしゃむしゃと食べながらなかなか動いてくれないので困ることもあるが。
by fuji-studio | 2004-06-06 17:01 | ・生活周辺/LifeScape