カテゴリ:◎大阪・中之島での水都大阪( 50 )
二体の龍神、天神橋下、3年目の中之島公園
2009年夏以来毎年関わることになった大阪天神橋の下、中之島公園。

a0010575_8484642.jpg一昨年前の夏の2か月間、この場所にカエル工房をつくったり、常設のかえっこ会場を作ったり公園に『活動の場」をつくる実験を行った。


a0010575_8491874.jpgそして去年、青森ねぶたの廃材の木材部分だけを利用して、白龍を制作し、この場所に展示した


a0010575_849453.jpgそして今年の春、福岡のスタジオにほぼ3か月間こもって制作したのが青森ねぶた廃材の針金素材で制作した飛龍。

6月に新博多駅のアミュプラザの吹き抜け部分に設営し、その後鹿児島の蒲生町まで旅し、青森ねぶた「天神・菅原道真」の廃材の旅、青森ー鹿児島は完結した。


a0010575_8501676.jpgしかし、龍はまだまだ暴れ続けている。

今回は木材の龍と針金の龍2体を絡ませて制作してみた。


a0010575_8511022.jpgそれぞれの龍が巴状に絡み合う様子。

2者の異なる種類で同類の形態のものが円環状に繋がる…

この巴の状態が何を表しているのかはわからないが、必然的にできてしまった形


a0010575_10283841.jpg数十万個のLEDライトがアニメキャラクターとか星だとか、ハートだとか…いわゆる一般的な明るい記号を浮かび上がらせている会場の光のイベントの会場。

その片隅で、ここだけ地味に薄暗い光が針金を照らしている。


a0010575_10285143.jpg設営を終えて夕暮れになり、蛍光灯の白い光を当ててみると、昼間は見えなかった針金の線がきれいに浮かび上がり何とも言えない雰囲気を醸し出している。


a0010575_1029826.jpg明治大理石との3年間の僕の仕事は今年で終わりにさせてもらうが…ただ均質のLEDの装飾としてのイルミネーションのイベントとしてではなく、様々な新しい光の在り方について試行錯誤する実験場としての「光のルネッサンス」となるといいのになと思う。


a0010575_10292393.jpgさて、この龍の旅は少しづつ形を変えながらもまだまだ続きます。

次はどこに登場するのか…
by fuji-studio | 2011-12-13 23:52 | ◎大阪・中之島での水都大阪
大阪。光のルネサンスが始まりました。そこに青森から…
大阪・中之島での光のルネサンスというフェスティバルがはじまりました。

a0010575_9492228.jpg初日の昼間はあいにく大雨。そんな中、なんと…青森からねぶたの廃材を追っかけて…NHKの青森放送局の記者とカメラマンとアシスタントが大阪まで取材にやってくる。

実はこの記者、ねぶたが終了たあと、その廃材を解体する現場から取材に来ていて、僕がずっとその解体分別作業をしているときも、青森国際芸術センターに何度も足を運びつつ、さらに解体作業を手伝いつつ…


a0010575_956586.jpg一般参加者がつくって持って帰る工作品に物足りなさを感じていたのか…その廃材の行く末を気にして…、大阪まで廃材を運び出す時にもカメラマンを連れて取材に来てくれてトラックを送り出すシーンを撮り…そしてついに上司を説得して大阪までやってきた。

大阪の人にとっては青森まで新幹線が開通したことにしても、青森ねぶたの廃材で白龍がつくられていることについてもそれほど関心はないのだろうが、やっぱり青森の人にとってはとても大切なねぶた。


a0010575_9503570.jpgその廃材からどのような活動が連鎖するのかについて相当関心は高いだろうと…わざわざ追っかけてくれた。

しかも僕らが廃材を大阪に運びだした後、「天神・菅原道真」を制作したねぶた師に会いに行き話を聞いたのだとか。ipadにこの素材となっている青森ねぶたの「天神 菅原道真」の動画まで入れて大阪まで持ってきて道行く観客に見せながらの突撃インタビューなどもしたり…本当にお疲れ様でした。

さて、次は新博多駅です。今回大阪では大型青森ねぶた一台分の廃材のうち、すべての木材
を使って制作しましたが、博多駅では残りの素材…はりがねと和紙とねじ…のすべてを使って制作する予定です。

どうなることやら…

光のルネサンスは今月25日まで。

そうそう。会場では白龍の脱皮が日々進行しています。
by fuji-studio | 2010-12-11 23:34 | ◎大阪・中之島での水都大阪
天神橋の下の白龍登場!
前回東大阪の石切の明治大理石工場で制作していた青森ねぶた「天神 菅原道真」の廃材の龍。

a0010575_052619.jpg3日前に明治大理石が大阪中之島の天神橋の下に搬入し、その現場での設営作業が始まる。

なんとここは去年の夏、ほぼ2か月間毎日通った「かえるシステム」の現場。 まさにここに「かえる工房」があり、ドラゴンヘッドのペットボトルのボートが設置され、トイザウルスを産み出した現場でもある。


a0010575_0533265.jpg台風の到来を経て閉幕した水都大阪2009から15か月…。

かえるシステムはズレながらもしっかりと連鎖して、青森ねぶたに僕なりの関わり方をして、その廃材で「天神 菅原道真」を大阪の「天神橋」の下に出現させることができた。

昨日より明治大理石の丸玉石を貼り付ける作業をおこなう。


a0010575_054668.jpg木材の強度と玉石の重さと、全体的な見栄えのバランス…

今回の作業をツイッターでなんとなく呟いてみたら、京都からライターの仕事をしている阿部君と…なんと。高松から強力な助っ人Wさんが登場!

おかげで予定よりも順調に作業が進行しました。ありがとうございました。


a0010575_0582422.jpg作業をしながらポツポツと話す時間はとてもいい時間で、その中で「作品の仕上がりはどうやって決めるのか?」という鋭い質問が。

作品を仕上げることが苦手な僕としてはとてもするどいところを突かれた感じ。

いつも時間に追われて制作し、時間に追われて設営し、常に時間切れであきらた瞬間が結果的な終わり…と説明しつつ、実はあまり考えたことがなかった。


a0010575_0585265.jpg何かイメージが立ち上がる瞬間に感情的な盛り上がりがあるのは確かだし、その立ち上がりつつある「やせ犬が猛然と走り出す状態」を作り出すことが僕にとっての究極の作業だとすれば、その作業から解放される瞬間…かなりじわーっとした瞬間が確かに存在して、その時間はえもいえぬ放心状態にある…のも事実。


a0010575_164984.jpg自分自身で認識したことはなかったが、ちょうど前日3331で現在展示されている日比野さんの展覧会の中のフランスのホテルでの作品についているテキストを読んで、やたらと共感していた自分を思い出し…

イメージが立ち上がってくるピークがあるのと同時に、それから解放される瞬間に、実はえもいえぬ解放感…どちらかというと溶けてゆく感じ…の状態にある自分に思い当たった。


a0010575_0572641.jpg同時にそれは醒めてゆくかんじだったり、切れてゆくかんじだったり、がんがん盛り上がりつつある状態から解放される感覚…

「もういいか。このへんで許しておこう」というかんじ

やりだせばきりがなく、やればやるほどダメになってゆく現実も知っているので、実はその離れ際がとても大切だとは知っていながらも、その離れ際の感覚の大切さを自覚したことがなかった。

・・・

とにかく、中之島の白龍は…手から離れました。

12月11日の夜から25日の夜まで大阪の中之島の天神橋の下に展示される予定です。

しかし、ここまでカエルシステム引っ張ってくるとは…
by fuji-studio | 2010-12-08 18:04 | ◎大阪・中之島での水都大阪
東大阪の明治大理石の工場での滞在制作
去年の水都大阪2009のサポーターとして関わり始めた明治大理石。

a0010575_943241.jpgその社長の中家さんが大阪をどうにか盛り上げたいといろいろなボランティア活動を行っている。

それに巻き込まれる形でその工場の一室で滞在制作がはじまった。

アートシステムの中に位置づけられるアーティストインレジデンスとは全く違うフレーム外の作業。

ちなみに予算がまったくないということなので、仕事になっていないという状況からすればこれは仕事ではなく、頼まれた作業。

おそらく昔はお金持ちがパトロンになりアーティストを滞在させていろいろと制作させたりしたのだろうが、今はお金のやり取りがないので、その状況とは全く違う。

いろいろ疑問はあるものの…作業をはじめて、この状況がいかに面白いかがわかる。

当然時間的なリスクを背負っているので、なかなかこのような時間に身を置くことはできないが、そういえば、常にこのような状況にいる。仕事として関わりはじめても、仕事の域をいかにはみ出して、自分の納得できる作業に身を置くか。それに到達できないと自分の人生がもったいない。

フレームづくりやシステムづくりも大切だが、がま君とかえる君の「おてがみ」のように、頼まれもしないのに…今回の場合は頼まれているが…周辺の人の喜ぶ顔が見たくて作業に没頭し、期待感を作り出すことがやはり一番大切なのだと思う。

作業をはじめ、とりあえず作業に没頭できる空間にいることの喜びを感じている。
by fuji-studio | 2010-11-25 09:04 | ◎大阪・中之島での水都大阪
大理石と意志
大阪・光のルネサンスに企業として出品する(株)明治大理石が会場で大理石の玉石を会場で配布する。

a0010575_1264783.jpg大理石の玉石の中にハート型に加工された大理石が数個だけ混ざて、それを見つければ幸せになれるのだとか・・・。

その会社の社長がたまたま水都大阪2009のサポートスタッフとして僕らのプログラムを盛り上げてくれたので、そのお礼にそれを包む新聞の代わりのちらしを提案し、「大理石と意志」という文章にして、新聞風に印刷して制作した。


a0010575_1283720.jpg会場では明治大理石の社員が毎日来場者大理石を包む新聞(?)として配ってくれるらしい。

明治大理石、大阪をどうにか盛り上げようとがんばっている。

・・・ところで・・・

そういえば、僕は昔から新聞形式のものをよく作る。小学校時代は壁新聞の委員長で新聞を作り続けていたし、中学校でも新聞をずっと作っていた。協力隊のころ、パプアニューギニアの隊員向けの機関紙もつくり、鹿児島の合唱団のニュースレターも作り続けてきた。鹿児島のカフェでも不定期で発行してきたし・・・

別に作品として認識はしていなかったけど、新聞という手法で、周辺の人にかなり影響を与えてきたかも・・・。一度まとめてみようかな。これまで作ってみた新聞風のもの・・・。
by fuji-studio | 2009-12-11 01:34 | ◎大阪・中之島での水都大阪
大阪・光のルネサンス会場設置
a0010575_14142785.jpg水都大阪で制作した作品が「まちにかえる」シリーズの第3弾、いや、第4弾???

大阪中之島ではじまる光のルネサンスに、水都大阪2009のサポーターとしてかえるチームを盛り上げてくれた中家さんが経営する会社、明治大理石が出品参加することになり・・・ペットボトルのツリーとか、ドラゴンボートとかが「中之島にかえる!」

いよいよ明後日からの開幕とかで、その設営に明治大理石の社員とかえるサポーターの有志が参加。

開幕式にはまたまた知事とか市長が登場するのだとか。

面白い連鎖が続いています。
by fuji-studio | 2009-12-10 14:14 | ◎大阪・中之島での水都大阪
かえるシステムの記録本、スタート
此花メヂアで、「見っけ!このはな」の開催中に、水都大阪2009の「かえるシステム」の記録本の公開編集会議を行うというデモンストレーション。

a0010575_0555425.jpg久しぶりにかえるシステムのスタッフが集まり、その記録の本についてのあり方を探るディスカッション。

皆が撮影した写真を持ち寄って見せ合おうということになったのだが、すごい写真の量・・・。
疲れました。

じっくりじわじわ編集してゆきます。

いい本作りたいので、関係いた皆さん、ぜひいい原稿をください。
by fuji-studio | 2009-11-08 18:56 | ◎大阪・中之島での水都大阪
大阪のパナソニックセンターで「かえるシステム」の記録展
大阪のパナソニックセンターで水都大阪2009で実施した「かえるシステム」の記録展がはじまる。

a0010575_1730330.jpg今回のプロジェクト、たまたまパナソニックの社宅として開発された交野市の星田地区や妙見坂地区のお世話になりはじまったが、水都大阪2009の中之島会場での52日間のデモンストレーションが終わろうとしている直前、偶然にも、パナソニックセンターからその記録の展覧会を行わないかというお誘いをうけた。


a0010575_17304496.jpg面白い活動は偶然が偶然を呼び、幾重にも偶然が重なり、まるでそれは必然であったかのようにパナソニックセンターでの記録展がはじまる。


a0010575_17313057.jpg水都大阪会場でもお世話になった乃村工藝が今回の展示物を制作してくれたとかで、やたらと豪華で完成度の高い記録展。

プロセス重視の僕らがつくってもこうはならないだろうな。

ついでにフルハイビジョンプラズマ103インチモニターでの3D映像を体験させてもらい、映像の世界がさらに進化している現状を知る。

パナソニックさん、お世話になります。

展示は12月8日まで。ついでにパナソニックセンターのいろいろな展示を体験してください。

世の中進んでいるな・・・。

そういえば、何年か前、東京のパナソニックセンターにもお世話になりました。 あの時は面白かったな・・・
by fuji-studio | 2009-11-06 17:26 | ◎大阪・中之島での水都大阪
トイザウルスが此花の四貫島商店街に展示されていた。
京都のモリユウギャラリーでの展覧会の作品制作と現場での設営のために、大阪の会場からの搬出や作品移動などを任せっぱなしになってた。

a0010575_23145598.jpg京都がおちついて、大阪が気になり、トイザウルスが移動した先を確認してみる。

此花区の四貫島商店街の会長さんが、空き店舗の中に飾るということで、自らトラックを調達して移動してくれて、展示してくれたのだとか。


a0010575_23161457.jpgちゃんと飾られている。ありがたいなあ・・・。しかし・・・・・・

これの全体のストーリーを伝えたり・・・、展示方法を考えたり・・・、しっかりしたコーディネートできる人が必要だな・・・。


a0010575_2317974.jpg基本的なことなのだが、僕の周辺でさえも、いまだにここになかなかエネルギーが注がれない。

ここにエネルギーを注ぎ、もっとも適正な手法で、適正な形に編集できるコーディネーターがいない。

・・・なぜだろう・・・。

これではいけないのだけどな・・・。

・・・・・

新世界での展示もちゃんと考えなければならないなぁ・・・
by fuji-studio | 2009-10-18 22:55 | ◎大阪・中之島での水都大阪
水都大阪2009、最終日、盛り上がる。
夏の真っ盛り、8月22日からはじまった52日間の大阪の都市キャンペーンのキックオフフェスティバル、水都大阪2009がついに最終日。

a0010575_9482180.jpg台風がやってきて、急遽全作品を撤収したために・・・逆にそれがよかったのだが、最後の3日間の連休はまったく違った大胆なレイアウトに組みなおし、この52日間の成果物を展示できた。


a0010575_949359.jpgかえる工房でつくられた作品群がバンブーフォレストのいたるところにちりばめられて、なかなか圧巻。

スタッフのみんなの活動の結果がこのような形で集積されて展示できて本当にうれしい。


a0010575_9494988.jpg考えてみると6月末から交野市の小学校での滞在制作がはじまったので、延べ5ヶ月間、約半年このプロジェクトに関わってきたことになる。

そして12月まで、いや、3月まではまだまだ続く。

ほとんどの作業時間は無償での作業だったので、金銭的には相当な赤字だが、精神的に、あるいはいろいろな関係性を財産と捉えると相当黒字にできた気がする。

最近は労働時間を本来請求できる金額に架空換算して、その分を地域社会に貸していると考えるようになってから、相当なお金持ちになった気になる術を身に着けたので、精神的に豊かになった。


a0010575_9502467.jpgプロジェクトがはじまった当初より、杓子定規的な融通のきかない管理体制を予測できたので、困難な現場になることは覚悟していたが・・・、ここまで面白くなるとは思っていなかった。


a0010575_951363.jpgトイザウルスやキャッスルを飾った周辺で、多くの見知らぬ人に、「完成したんやね。お疲れ様。」「ようできたね。3匹もつくったんや。」と熱く声をかけられ、いかに多くの観客に興味を持って見守られていたのかを思い知る。


a0010575_953882.jpgかえっこ屋の一部として開放されたかえる工房の中でも、会期中に通い続けてくれた家族や子ども達が、そのお別れを惜しむ会話がいたるところから聞こえてきて、その場を多くの人が利用してきた状況を垣間見る。


a0010575_9533583.jpgいろいろな仕組みの問題を突破する手段は、理論や構造ではなく、人の心を動かす態度なのではないかとつくづく思う。

そしてそれをちゃんと見ていた観客の暖かい視線と応援。


a0010575_9512398.jpgそれが核となってそこから連鎖するいい空気感。

何も期待せずに、ふらっと迷い込んだ人にとっては、会期中、文化座の全体にはなんとも説明しがたい「いい空気感」が満ちていて、そうれを楽しんでもらえたと思う。

スタッフの表情からもそれが確認できてうれしい。


a0010575_9515188.jpgただ・・・水都大阪に何かを期待して、何かを求めてきた人にとっては・・・たとえば、娯楽性とか、芸術性とか・・・説明不足でシステム不備で、ある面、意味不明な現場だと捉えた人もいたかもしれない。


a0010575_9521826.jpg都市型の地域実験として捉えたときに、そのどこに問題があり、そのどこに可能性があったのか。

・・・それらを検証するシステムとちゃんとリンクできていないことも大きな問題だったと思う。

関西にはたくさんの大学があり、創造都市とか地域計画とかまちづくりとか空間計画とかコミュニティ形成とかシステム論とかに関係する多くの研究室があるというのに・・・。


a0010575_9542915.jpgシステムを構築する上で、どのような要因を排除し・・・、あるいはどのような要因のコアを配置し、それぞれのネットワークをどのように構成すべきなのかが最も重要な問題だし、そのシステムに関与している人がどれだけの感性を持ち、責任を引き受ける勇気と度量があるかも問題となる。


a0010575_955398.jpg結果として、水都大阪2009の全体の来場者は150万人を超えたとかの発表で、中之島の水辺の文化座としては50万人ぐらいの来場者だったとか。

もちろん100万人を目指していたので数字としては大成功。


a0010575_9552423.jpgしかし、問題はその数だけではなく、関わったスタッフを含め関係者、あるい参加者が何を見、何を体験し、どのような対話が発生し、どのような関係性が生まれ、どのような状態になり、そこから何が、どのように連鎖していくのか。・・・そこにある。


a0010575_956527.jpgもちろん数の論理もそれに作用していることも否めなくて、数が増えるだけそのぶん可能性が拡がる確立は高くなる。

しかし、それぞれの連鎖を追及して調査することはできないのが残念。


a0010575_9563139.jpg僕らとしてはこの活動を今の視点でそれぞれが編集し、それを強度のある記録として残そうとするベクトルを持つこと。

幸い11月からパナソニックセンターで記録の展覧会が開催される予定だし、かえるシステムはまだまだ続く。


a0010575_9565377.jpgそれにしても最終日の打ち上げはみんな盛り上がったな。

スタッフ全員の達成感が相当だったことが伝わってきて何度かこみあげてくるものがあった。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。
by fuji-studio | 2009-10-12 23:41 | ◎大阪・中之島での水都大阪