カテゴリ:○デコポリ・ビニプラ系活動( 81 )
茨城県北芸術祭でポリプラ
茨城県北芸術祭に芸術祭への来場者とサポーターや地域住民の接点となる場をつくろうと、ポリプラネットカンパニーという架空の会社を作ってみた。

a0010575_08172842.jpg
関係をつくるために、あえて架空の存在をつくろうとするプロジェクト。2010年の瀬戸内国際芸術祭のときに「藤島八十郎をつくる」という作品で試みた手法・・・

a0010575_08170219.jpg
ポリプラネットという言葉は横浜のバンクアートが銀行跡にあった頃に行った展示の名称を引き継いで、2014年、十和田市現代美術館での展覧会から立ち上げて札幌、上小阿仁で小さなこころみを行ってきた。実は現場でのオペレーションとファシリテーションを行うスタッフがとても重要になってくるが、なかなか難しい。
a0010575_08171468.jpg
空間としては、これまでの活動を再編集したものなので、個人的にはとても気楽に楽しませてもらっている。
a0010575_08171808.jpg
僕自身が肩の力を抜いていないと、参加する人がなかなか動けないだろうし、ゆるゆるの雰囲気をいかに芸術祭に持ち込むかのバランスも結構微妙で、そのあたりを探るのも楽しい。


今回のささやかな方向性は数年前から僕が「吟醸」「大吟醸」と呼び始めたおもちゃ箱の底に集まってしまう本当に小さなおもちゃのかけらや破片たち。

a0010575_08172346.jpg
それをちゃんと見せられたのは嬉しい。しかし、これは美術館やギャラリーピースとして見せるべき素材なのかもしれない。
a0010575_08173675.jpg
それとぬいぐるみ系のソフトスカルプチャーの展開。実はプラスチックの破片やハッピー系でつくるよりも、相当作りやすいし、材料もあつまりやすい。
海外への編成へも耐え切れる素材なのかもしれない。
a0010575_08193640.jpg
しかし県北芸術祭は広域で様々な質のものが同列に扱われていて要注意。4日かけて巡ろうとしても無理だろうな
a0010575_08182861.jpg

a0010575_08194662.jpg
a0010575_08195595.jpg
a0010575_08191506.jpg
a0010575_08183430.jpg



by fuji-studio | 2016-09-19 09:13 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
全国展開する兆し!   ナカダイ京都工場!
前橋で出会ってしまった志を同じくするプロフェッショナルの中間廃棄物処理事業者のナカダイが、最近「西麻布工場」とか「京都工場」とかまさにアートなプロジェクトを展開していてわくわくする。

a0010575_131655.jpg大阪からいわきに移動する途中、ちょうど京都工場を期間限定でオープンしているという情報を得たので立ち寄ってみた。


a0010575_1312812.jpg立ち寄ったとはいえ…京都でも北白川の京都造形大学の学内でのプロジェクトだったので随分遠かった。

京都造形大学は随分前に一度だけレクチャーで訪ねたことがあるが、あまり縁のないところ。

行ってみると、いや、ナカダイ頑張っていました。

ナカダイマテリアルでいろいろなデザイナーやアーティストが制作した作品と、数十種類の分別された素材が陳列され、素材ごとに重さの量り売りで販売されている。


a0010575_1321257.jpg素晴らしい。

実は…ナカダイとは是非一緒に仕事をさせてもらいたい思っている。

できるならば前橋の美術館の関係で仕事したいし、いつか体験入社させてもらいたいいろいろ学ばせてもらいたいと思っている。

それらもろもろの旨をお願いしつつ、この廃棄物からうまれてきたマテリアル販売促進の活動の全国展開を是非手伝いたいと思っている。


a0010575_1325242.jpg今回は京都造形大学が招聘して行われたプロジェクトでしたが、どこか、是非建築系、あるいはプロダクト系の学生の多いところや美術館やアートセンターの企画で全国展開できないものか…と。

僕は分別系並んでいる系のフェチだが、素材に魅かれる系の人も多いし、見たことのない素材はイメージを刺激し、制作意欲を導く。


a0010575_1332074.jpg新潟の部活に「マテリアル部」つくってアートプロジェクトの現場で素材提供を行うシクミとかできないものかな。

全国のレジデンス施設にも欲しいな。

ナカダイ〇〇工場もよろしく。興味のある方は連絡ください。

本当に素材は感性を刺激します。

ちなみにこれらの素材は一般販売されていないものばかりだし…時代の鏡のようなもの…

つまり「旬」のあるマテリアルなんですよ…って廃棄物素材について語りだしたらきりがない。
by fuji-studio | 2011-12-02 23:56 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
デコポリ・キャッスルの制作。
今日は久しぶりにスタジオで制作作業。

a0010575_3465377.jpg今日は一日じっくり制作できる唯一の日だったが、すぐに通天閣でのかえっこちらしの制作の催促があり、早めに家に帰って自宅の事務所でその制作。

まともな制作時間を確保できないのがこの数年の悩み。

大阪の新世界の空き地を飾るための「デコポリ・キャッスル」の試作。


空き地にこれを設置し、ライトを仕込んで仕上げる予定。
来年の大阪の中之島でのワークショップへとつなげるための試作でもある。

a0010575_3474476.jpg僕にファンタジーという言葉が似合わないのと同じぐらい、このキャッスル系の作品の様相は似合わない。

その似合わなさがいい感じもする。最近、ズレやギャップを楽しむようになってきた。・・・昔からかな・・・。

大阪まで時間がないが作らなければならないものは多い。、もっとじっくり制作して実験がしたい。水都大阪の中之島の現場がそのようなじっくり考えながらスタッフと一緒に作ってゆける現場になればいいなー。

来年の夏の大阪ではスタッフの募集をしよう。

ちなみにこの12月の大阪の新世界の現場もサポートスタッフを募集しています。



a0010575_3481247.jpgお金はないけど泊まるところはあります。じっくり制作を手伝える人、募集です。

ところで、スタジオの掃除をしていると、山梨の伊藤さんに頼まれて容子さんが地道に貯め続けていたJA系の貯金箱のコレクションが出てくる。


a0010575_3485616.jpgこうやって集まっているとなかなか気になるキャラクターがあるなー。

このようなレア物が集まってくる仕組みとしてもかえっこは利用できるなー・・・。これらを集める楽しみぐらいはもらってもいいかも。

かえこっから派生する2次的な楽しみがいろいろと増えてきましたね・・・。
by fuji-studio | 2008-11-29 03:50 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
ワークプラザ勝田のエントランスに「夢の鳥」を飾る。
a0010575_1027135.jpgこれもデコポリのひとつの形なのだと思う。

子ども達がつくった鳥(のような)作品「夢の鳥」を地域の公共施設の飾りとして設置する。


a0010575_10274562.jpgいわゆるパブリックアートがおさまるところに子ども達の作品が介入する。

しかも、「夢の鳥」をつくろう!というワークショップをやったわけではない。いや、新しいやり方でやった・・・というほうが正しいのかな。つまり、僕が懸命に作っている状況に子ども達が勝手に介入してきて、勝手に作っていった作品。


a0010575_1028079.jpg個々の作品の仕上がり具合としては「まあまあのもの」だけど、いろいろなものがぶら下がっている状況、全体としては「なかなかのもの」となっている。


a0010575_10294874.jpg公共施設のエントランスに数百万、数千万円かけてつくられたような地元作家の作品の隙間をうめるように子ども達の作品が介入している風景が面白い。

今回は特にパブリックアートにありがちな「モビール」のスタイルを使って仕上げてみた。

・・・うーん、それっぽい。

※ちなみに「夢の鳥」とは「夢の島」と漢字が似ているからつけたタイトル。東京の夢の島って昭和の時代のゴミの埋め立て現場だった。子どもの頃、ゴミの島の代名詞として「夢の島」と呼んでいたのが印象的だった。
by fuji-studio | 2008-11-25 23:07 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
Happy Forest 制作の幸せな時間。もうすぐ時間切れ。
今日もまる一日、水戸芸術館のギャラリーにこもり、空間の制作。

ああ、楽しい。楽しい。

a0010575_2112573.jpg
今日は一日ほとんど床のおもちゃ並べ。

しかし、よくまあ、これだけのおもちゃが集まったものだ。

しかもちゃんと分類できていて・・・容子さんと御田さんやちいちゃん、これまで分類を手伝ってくれた多くの人に感謝。あ、そういえば、地元の中学生も大勢でやってきて分類してくれたとか。ありがとう。おかげでこんなふうになりました。

ここにあるおもちゃはこの約3年間の「かえっこ」で集まったおもちゃ。全国からあつまってくる「かえっこ終了後」のおもちゃの箱をあけて次に送の「かえっこ会場」に送り出すために分類するとき、余剰なものとして集まってしまうおもちゃ。

かえっこを繰り返して開催している人ならばこれを一目見るとピンと来る。


a0010575_2122744.jpg
いったい日本全国、いや、全世界でいったいどれだけのこのようなファーストフードおまけ系・・・略称Happy系・・・のおもちゃが生産されて消費され、廃棄処分されているのだろうかと考えるとぞっとする。

今の時代を象徴する証拠品として1000年単位で本気で残してみるのはどうだろうか。

1000年後の人たちはこの証拠品をどのように見て、どのように分析し、どのようなことを読み取るのだろうか。


a0010575_2134020.jpg
それにしても、今回の展覧会の出品メンバーがとても興味深い仕事をする人ばかりなので、現場がとても幸せ。

いつもは皆忙しい人ばかりなのでほとんど会えない人ばかりだが、今回は休憩所に行くと会える。

興味の質や方向性が似ている人が多いので一緒にいるだけで幸せな気持ちになれる。

これはこのようなグループ展ならではの楽しさだな。

本当に楽しませてもらっている。

たまにはがっつり空間をつくるのも悪くないなー・・・。
by fuji-studio | 2008-10-24 02:29 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
京都のMORI YU GALLERYが移転してオープン!
今週末から京都にオープンするモリユウギャラリーで作品の設置。

a0010575_17405522.jpgMORI YU GALLERYはモリユウギャラリーではなくて、やっぱり、MORI YU GALLERYなのかな。・・・

まあ、それはおいといて、学生時代に過ごした京都の懐かしいエリアで・・・特に大学一年のときは寺町二条に住んでいて東山七条の大学に歩いて通っていたので本当に懐かしいエリア・・・築100年も経つ家を改装して岡崎の疎水沿いに今週末オープンするギャラリー。

気づいて見るとこの10年ぐらいは福岡以外のギャラリーで展覧会を行なうことはなかった。

美術館とかアートセンターとかホールとか、アートプロジェクトばっかだったもんなー・・・。

で、久しぶりに、この11月に東京の神楽坂のMORI YU Galleryで個展を行なうということになっていて、その流れもあり、バングラデッシュビエンナーレに出品したCross?から鳥?へ移行するときのCross?シリーズの作品を京都のMORI YU Galleryに展示する。

オープニング展は10人以上出品するにぎやかなものになりそう。
なので、結構遠慮してこじんまりと展示。

残念ながらオープニングには出席できません。皆さんよろしく。

京都もいいなー・・・。
by fuji-studio | 2008-10-08 23:44 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
デコポリで小動物のためのキャッスルの試作。
スタジオでの制作

a0010575_23365731.jpgついに・・・ようやく・・・かえっこのおもちゃの破片のうちの一番かざばる量の・・・大型のおもちゃの破片を使う目的ができてきた。


a0010575_23373817.jpgとりあえず、新世界、西成界隈の空き地・・・フェンスの向こう側の猫しか立ち入りできないところ・・・ある種の聖域への展示物・・・。

小動物の為のキャッスル(城)シリーズ。


a0010575_23383384.jpgこれが中之島では光が入り・・・

光りのキャッスルになるのかな・・・?

まだまだ大阪に飾れるほどの密度が足りないなー・・・。
by fuji-studio | 2008-10-02 23:43 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
いわきアリオスplants! なんとなくうごきつつ・・・妙な展開になりつつ・・・。
a0010575_18271882.jpg



a0010575_18282072.jpgいわきできたアリオスを拠点に何か面白いことができないかと・・・そんなことを話し合うオープンディスカッション、アリオスplants!の3回目。

そろそろなんだか動き出したくなったので、昨日のかえっこの中のワークショップで子ども達が制作した作品を利用して、アリオスのエントランスのギャラリー壁面に展示してみる。


a0010575_1829237.jpgこの壁面を12月までの間、アリオスplants!で出てきたイメージとか活動の報告をレポートしてゆく掲示板として利用してゆこうという試み。

だたし、普通の報告では面白くないので、僕が超訳し再編集して、壁面の作品として提示してみようかという思いつき。


a0010575_1830044.jpgどこまで実現できるかはまったくの未定。

それにしても3回目のディスカッション、大体の話が見えてきたのでそのフレームをどのようにつくるのかというあたりの話へ。


a0010575_18332915.jpgおおまかにはおしゃれな、もしくはユニークな映画上映会もやりたいし、伝統芸能とか獅子舞とかを深める活動もしたいし、絵本などをおいて利用しやすくするコーナーも作りたいし、全館で何かしかけてみたりもしたいし、街の中にアリオスの拠点をついくりたいし・・・


a0010575_22114796.jpgアイデアはつきない。

それらをもっと深めて、さらに展開してゆく時期。さらに来年へ活動へとつないだり、活動に興味を持つ人たちをつながらなければならない時期・・・


a0010575_221282.jpgそんな話の中から、大学のサークルのような、部活のイメージが飛び出す。

音楽ホールが部活を持つ・・・

伝統芸能研究部、ダンス部、街なか探検部、映画部、映像メディア研究会、軽茶倶楽部、子ども部、etc.・・・


a0010575_22123936.jpg部室があればいいとか、顧問の先生はだれがいいとか、話はひたすら拡がる。

クラブ活動っていいなー。規約をつくりつつ、アリオスを拠点とした地域活動が拡がるためのフレームとしての部活。

・・・ところで、いわきの街には無視できないこのような建物がさびしそうにたたずんでいる。

「つかってくれ~、つかってくれ~。」「わすれないでくれ~!」とささやかれているようだ。

まずは掃除から・・・はじめたいですね。

何かを作ろうとするのではなく、とにかく触れてみること。手をあててみること。
by fuji-studio | 2008-09-01 23:33 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
ビニプラショー、青山こどもの城バージョン
a0010575_14940.jpg昨日は子どもの参加者がやたらと少なく、スタッフだけがやたらと多かったが、今日はその逆。

子どもの参加者がたくさんいて、スタッフは二人だけ。

保護者とも一日の流れの説明の後はお別れ。

さすがにそれでは大変だろうと休日返上で手伝ってくれたスタッフも2名。お疲れ様でした。

素材を展示しているところに、まるで森に収穫にゆくように、皆でかごを持って素材の収集へ。

 
a0010575_151452.jpg子どもたちのこのときの様子はなかなかいいかんじ。

皆楽しそうに素材の収集をたのしんでいる。

部屋に戻って思い思いに素材をいじり・・・それぞれがおもいおもいに何かを作ってゆく。

子どもたちの行動が連鎖してゆくのが興味深い。

ある子が三つ編みをはじめるとその周辺のこども達も三つ編みをはじめる。


a0010575_114315.jpgある子が靴底にペットボトルのキャップをくっつけてヒールをつくりはじめるとまたその周りの子もヒールをつけはじめる。

活動、行動は連鎖する。
作り方を教えるのではなく、こちらが勝手に何かをはじめるとそれをまねしていろいろ始めるのが面白い。

kぉれをこうやて作りましょう!とやると「つくれな~い!」「できな~い」「おしえてぇ~」となるが、勝手に遊ばせて、素材や道具をいじらせている横で、こちらが勝手に楽しそうに何かをつくりはじめると、それをまねして勝手に(自主的に)遊び(つくり)始める。

誰とつくるか・・・それがいかに重要であるかを確認する瞬間。


a0010575_1153624.jpg昨日は僕が着ていた獅子舞の衣装・・・チャレンジ系のビデオテープで作ったモンスター・・・。

それをないげなく床に転がしていた。

これを着れると知った瞬間から、4年生の子ども達はこれが気になるみたいで、なにかとこれを身につけたがる。

面白いなー・・・。

このような刺激的なものをいろいろ仕掛けていて、子ども達の自主的な活動が発生する状況をつくるのが面白い。

子どもの活動が加速するともっといい。

もちろん、子どもだけの話ではないが・・・。

決して「○○をつくりましょう!」ではないと思うのだが・・・。
by fuji-studio | 2008-08-24 01:18 | ○デコポリ・ビニプラ系活動
青山こどもの城でのワークショップで・・・。
a0010575_140618.jpg青山こどもの城でのワークショップ2日間の初日。

2000年に岐阜県上石津町(今は大垣市)で行なったビニプラショーの影響でたまに子どもたちと行なうビニプラなショーのワークショップ、こどもの城バージョン。

7月の末から夏休み企画として展示も行い、連日その会場でもワークショップを開催していたとか。

家のコレクションの素材が相当利用されて、なくなっているとかで、うれしいやら悲しいやら、やっぱりもったいないやら・・・。複雑。

こどもの城の利用者はいつもながらに多かったが、なぜかワークショップ参加者は少なく、おかげで、スタッフもみなそれぞれ思い思いの作品制作にはげむ。

とうことで、僕も珍しく制作できる時間が少々・・・。


a0010575_1414192.jpg展示を見て周るうちに、去年富山で制作した獅子頭の胴体部分をビデオテープの塊でつくるといいのではないかと思いつき落書きしてみる。

イメージは意外と隣接したそこにあるのに、なかなか気づかないものだとつくづく思う。

なんだ、これでいいんじゃないか。

で、急遽制作して子どもたちとのビニプラショーに出演。

子どもたちは怖がっていたなー・・・。

このビデオテープの獅子舞もどき、この秋の沖縄に連れてゆこうかな・・・。

沖縄での獅子舞第二段・・・。 ?!
by fuji-studio | 2008-08-23 01:40 | ○デコポリ・ビニプラ系活動