カテゴリ:◎大阪・此花アーツファーム( 26 )
此花メヂアに久しぶりにいってみる。
此花メヂア、去年から大川君たちが管理運営していて、一応僕のバードロッジとして一部屋確保してあるものの、この一年間まったく利用していない。

a0010575_9434536.jpgしかし、そのぶん、いろいろなアーティストが活動の拠点として利用し続けている。


a0010575_944573.jpg活動が連鎖してゆくことはとてもいいし、ぼくが不在であることにそれなりの意味があるようにも思える。

そういえば、東京芸大の中山さんが藤浩志不在の研究をしているのだとか…いったいどうすればどうなるのか教えてほしい。


a0010575_944142.jpgで、ちょうど此花メヂアを一般公開しているというので訪ねてみることに。 

その現場のすぐ近くに知りあいの若手建築家が去年事務所を開いたのでそこを訪ねてみると…ちょうどミーティング中!



a0010575_9442457.jpg実は一昨年前、その事務所の隣にある川沿いのとても気になる物件を借りようとしてた。


a0010575_9443449.jpg結局家賃交渉で一瞬踏みとどまり、その後瀬戸内の藤島八十郎の活動がはじまったので、そのまま保留されていた物件…


a0010575_9444865.jpgそこを此花で活動するアーティストグループが新しい活動の拠点として再生する可能性があるとか。


a0010575_9445630.jpgそんなミーティングの現場に立ち会ってしまい、なんともドキドキする。

なんにせよ、いろいろな活動がはじまっている。これがここからどうなるのかな…。


a0010575_9451299.jpg今の段階での僕の仕事は終わったのかもしれないが…次の段階に行きたいな…シェアオフィスとかシェアアトリエとかシェアハウスのOSを組み込む建築物の提案…此花アーツファームの本題に入るのだが…

さて、動くかな? 大川君。
by fuji-studio | 2011-11-04 12:30 | ◎大阪・此花アーツファーム
此花、じわーっとした連鎖は確実に拡がっているようです。
此花の梅香、四貫島周辺でいろいろなアーティストやデザイナーが暮らせるような物件を紹介し、そこで暮らしながら、いろいろな活動が連鎖してゆけるような環境をつくってゆく・・・というイメージの此花アーツファーム構想。

その実践に向けて毎年行われているオープンスタジオ形式のイベントが「見っけ!このはな」

a0010575_21303895.jpg此花区にかかわり始めたのは3年前、このはなかえるクラブというかえっこを使ったイベントで此花区の地域づくり活動に参加したのがきっかけだった。


a0010575_21311718.jpgその関係から政岡土地建物という地元の不動産管理をしている会社に出会い…いろいろあって…そこの持っている木造家屋を利用することになり…そこで考え始めた「此花アーツファーム」構想。


a0010575_2132116.jpgその流れは僕のこのサイトの流れを見て行ってもらってもわかると思うが、僕の動きはほんの一部でしかなく、じわじわーっと多層な動きが自然発生しつつある。

2年前にiopが仕掛けたイベントでは、実は桜島アートプロジェクトで活動して、リンクした作家が桜島の延長で動き、スターターの役目を果たした。


a0010575_21335963.jpgその関係が別府混浴温泉世界でのわくわく混浴アパートメントに連鎖し、現在、京都とか柏で行われているわくわくの流れへと展開したことは此花で現在活動している人たちはあまり知らないと思う。 


a0010575_21343999.jpgでもそれはそれでいい。
いろいろな活動は捉えがたい複雑な形で少しずつズレながら連鎖して新しい関係を作り出す。

それがこの此花で確実に動き始めているような気がして興味深い。


a0010575_21351529.jpg2年前、そして去年の活動と今年の活動との明らかな違いは、この地域で実際に暮らしながら、あるいは制作の現場としながら自主的に活動している表現者がそれぞれの活動の現場を公開しているという点。 


a0010575_2136920.jpg去年までは僕が借りていた此花メヂアも建築家の大川君を中心に借りてもらうようにシフトチェンジし、彼が若い作家の吸引力となり、多くの作家が興味深い活動を模索し始めている。


a0010575_2137062.jpg四貫島商店街の中にもキスヒサタカが神戸から拠点を四貫島に移し、森巣ラボという名称で活動をはじめ、梅原さんとかが宮本マンションで活動しはじめたり、黒目画廊という不思議な活動ユニットが動き出したりフルヤさんが引っ越してきてオルタナティブスペースをつくったり… 


a0010575_21373544.jpgなんといっても奇跡的に立ち上がった梅香堂というもっとも現代美術に鋭角なギャラリーが此花に登場して一年が経過したり


a0010575_21425185.jpg 本当にじわっとした関係が少しずつ拡がりつつ、そしてそこがちゃんと定着している雰囲気が見える。

それにしても、あのキスヒサタカとオオカワアキラが一緒に活動しているこの…


a0010575_21453126.jpg土木系イメクラ。

本当にくだらなくて情けないほど…感動的にダメでいい。

なかなかやるなとは思っていたが、ここまでダメなことをこんなにゆるくやるとは… 


a0010575_2146723.jpgせっかく真面目に此花アーツファームを語ろうと思っていたのに、それをブッ飛ばすほどのくだらない活動。

しかし、これができるフィールドってなかなかない。 


a0010575_2149726.jpgそういえば、数日前、瀬戸内国際芸術祭の僕らの活動について北川さんにおこられた内容を思い出した。

「思いつきでやられても困る」とのこと。

それは本当にそうだろうと思う。その件についても僕としてはいろいろと反省する点も多かった。


a0010575_2218942.jpg確かに瀬戸内国際芸術祭ではこんな思いつきの活動は絶対に起動しない。

だからこそ、それを起動させる此花の力はすごいものだと思う。


a0010575_22294798.jpgありえないものを存在させることがアートの力なのだとすると、そんなアートであれば悪くないのかもしれない。

何よりもいいのは彼らの上に「アート」という大きなオモシがない。


a0010575_22304956.jpg 発表の場はもっといろいろなシステムがあっていいと思っているが、このようないろいろな活動を実験し、いろいろな意見に晒さらされ、いろいろな興味がぶつかり合う現場が育ってゆくような地域があればいい。 


a0010575_2233472.jpgアーティストは地域の問題とか関係なく、勝手にふるまい、自分の違和感に向かいあい、なりふり構わず表現すればいい。しかし、一方で建築家や都市計画や地域づくりを行っている専門家や学生がかかわっている現場であるがゆえに、そのような視点の活動がもっとリンクして深めてゆけばいいと思っている。

北本でも模索しているが、あたらしい賃貸借契約のあり方とか、建築家とアーティストの関係とか、まちづくりとデザイナーとの関係とか、編集者とまちの活動の関係とか…

もっとリサーチと実験を積極的に行える仕組みを模索しなければならないと思うのだが、そこで動こうという視点は不足しがち。

しかり、そこが先行している現場よりも、はるかにおバカなアーティストがありえない活動を立ち上げることが現場のほうが魅力的であることは確かだと思うが・・・。



by fuji-studio | 2010-10-31 23:35 | ◎大阪・此花アーツファーム
此花メヂアにある1983年の部屋
a0010575_12233413.jpg久しぶりに此花メヂアに宿泊。

この1983年の屋根裏部屋はちゃんとそのまま保存されている。

・・・よかった。
by fuji-studio | 2010-04-28 12:20 | ◎大阪・此花アーツファーム
此花の物件、どうしよう・・・
a0010575_9434744.jpg大阪・此花で新しい拠点として借りようかと思っていた物件、思ったよりも値段が高く・・・

値段よりも、実際にここに手をいれる時間がないということに気づき、立ち止まってしまう此花アーツファームを動かしてゆくには感覚的にはとても重要な場。


a0010575_9445449.jpgそれをおさえておきたいが、実際に一年ぐらい手を入れる時間がなさそう。

此花の西九条から川を渡ったところにある倉庫。

ここは此花メヂアで知り合った米子さんが借りている場で不定期でライブやパフォーマンスを行っているところ。


a0010575_9452282.jpgある意味、理想的なあり方。

理想的な場。

そこに面した路上で行われる突発的なダンスパフォーマンス。

美しかった・・・

此花いいな・・・。
by fuji-studio | 2009-12-14 23:43 | ◎大阪・此花アーツファーム
このはなの展開のイメージがふつふつと・・・
見っけ!このはな以降、此花のイメージがふつふつとわき出てきている。

ふつふつ。

ぷつぷつ。

・・・

大川君、やりましょうか。
by fuji-studio | 2009-11-11 07:00 | ◎大阪・此花アーツファーム
見っけ!このはな という出来事
此花アーツファーム関係の2日間限定のデモンストレーション、「見っけ!このはな

a0010575_03436.jpg地域の空家を利用して、水都大阪2009で連鎖した若い表現者達が、特に何の制限もなく、それぞれの手法で空家をいじる。

それがアートであろうがなかろうが関係なく、そこにさほどの意味を求めることをせず、何か自分自身の中から興味深いイメージを引き出そうと、それぞれが空家に向き合う。


a0010575_0351185.jpgそれぞれの活動に刺激を受けたイメージ以前のモヤモヤが着地点を探り出しているかのような・・・未完成だが可能性を秘めた表現が、まちの人の視線にさらされる。


a0010575_03642.jpgまちや空家に興味を持った観客が・・・あるいは近所の住民や子ども達がその空間に未経験の感情を刺激されつつ、引き込まれている。


そんなかんじのデモンストレーションだったかな。<個人的には、去年ではまだまだ確信を持てなかった「此花地域のふるまい」を読み取ることができたような気がして・・・もちろん気がしているだけだが・・・ようやくモヤモヤを抜け出し、イメージを立ち上げれるつもりにでなってきた。


a0010575_0381652.jpgキス君もようやく此花の四貫島商店街の中に拠点を獲得し、ここでの生活をはじめることになり、また新しいこことがおこりそうな予感をかもし出している。


a0010575_0385120.jpgとりあえず大阪での活動の拠点にしてきた此花メヂアも、次の展開に向かう登場人物が見えてきて、ゆるやかにバトンタッチの用意ができそう・・・。


a0010575_0394043.jpgそして、僕自身もまた新しい役割を見出し、もしかしたら「此花アーツファーム構想」が単に構想ではなく、「此花アーツファーム計画」へと踏み出せる予感が満ちてきた。

・・・って、かなり漠然とした文章やなぁ・・・


a0010575_0402047.jpgでも、面白い因子は本当に集積されてきてるんですよ。

まだまだ具体的ではないのも事実ですが。

しかし、具体的にできそうな部分もたくさんあるなー・・・


a0010575_0411511.jpgやっぱりここでも問題は・・・事務局のキャラクター・・・。

あせらず根気強くいきましょう。

数世代も超えて変化し続けている土地に関しての問題ですから・・・

140年前に創業の政岡土地さん、来年からが本番準備号ですかね。

とりあえず、「もといざかや」、いじってゆきましょう。

そうか!

わかった!

見えてきた!
by fuji-studio | 2009-11-08 23:04 | ◎大阪・此花アーツファーム
恋愛感情?・・・ああ、ものにしたい。
活動は連鎖し、連鎖の先になんとも心を動かす出会いが待っている。

a0010575_0203424.jpgまたまた出会ってしまった。

此花は出会いの宝庫ですね。

以前からうすうすと意識していた存在が、まさか本当に自分と関係を持つようになるとは思わなかった。


a0010575_0242423.jpgそのことに対しての感動と、それに対しての責任の取り方・・・のようなものかな。

連鎖が予期せぬ連鎖を生み出し、その先に始めて繋がる連鎖の可能性・・・


a0010575_025392.jpgこの50年もののナミイタ物件。(もっとかな?)戦後の時間の蓄積を醸しだし、意思を持って存在しているようなこのシルバーの輝きが心に滲みる。

・・・って愛ですぎですかね。


a0010575_0213415.jpgしかも川沿いだし・・・。

ここが次の現場になりそうな予感・・・。

とにかく期待感でいっぱいです。

ああ、ものにしたい。いじりたい。

これが恋愛感情のようなものなのかな???
by fuji-studio | 2009-11-07 23:01 | ◎大阪・此花アーツファーム
大阪の此花で7,8日と2日間の「見っけ!このはな」行います。
去年よりじわじわーっと動き始めている大阪の此花区での「此花アーツファーム構想」

a0010575_2353255.jpg地域系のアートイベントとかアートプロジェクトとかではなく、此花区に面白い活動をしている人が活動の拠点を持ち、面白い活動の連鎖が育つ地域になるような仕組みを模索する構想。


a0010575_2361662.jpg去年からじわじわといろいろな連鎖が動き出し、今年もまたツアーだの、ディスカッションだの、デモンストレーションだのを行う。

その準備で若い作家や地域で活動しているいろいろな人が動いている。


a0010575_237675.jpg川沿いの宝物のような空間、梅香堂もいよいよオープンしている。

作品も展示も空間も素晴らしい。

大阪に面白い活動の拠点を探したい人はぜひお越しください。

「見っけ!このはな」自体は展覧会とかではないのですが、展覧会もあります。

落語とか高校生の演劇とかもあるようです。

ディスカッションもいろいろあります。

お勧めの物件ツアーもあります。

詳しくは・・・こちらのブログサイトで。
by fuji-studio | 2009-11-06 16:44 | ◎大阪・此花アーツファーム
大阪の此花メヂアでの作業と打ち合わせ
大阪の此花区、梅香にある此花メヂア。

a0010575_9583195.jpg去年の今頃は影も形もなかった存在。

しかし、7月になって出会いがあり、僕の中に此花アーツファームというイメージが発生する。

その頃は妄想の話でしかなかったが、いろいろな人と話し、体を動かして、手を動かして、いろいろいじっていると・・・ここにこうやってちゃんと存在しはじめる。

それが凄いことだと思う。

そして、それは必ず、人の関係の中から産まれてくる。

関係は存在を生み出し、存在はまた新たな関係をつくる・・・。

認識としてはあたりまえのことだと思うが、体験すると認識を超えて凄いことだとつくづく思う。

・・・・・・・・・・・・・・

その此花メヂアで、此花アーツファームの打ち合わせとか、水都大阪の打ち合わせとかが続く。

此花メヂアのすぐ近くでかなり興味深い場所をかなり興味深い方法でいじりはじめている興味深い人がいるということを知る。

うーん。大切な感情から発生する大切な因子がちゃんと芽生えている。

此花ファンタジーはもう始まっているな。

今日は運命の再会の日になるのか・・・!答えは10年後なんだろうね。
by fuji-studio | 2009-05-27 23:57 | ◎大阪・此花アーツファーム
此花のモトタバコヤで此花アーツファームの話し合い。
夏から秋にかけて、じわじわと活動を浸透させてゆき、水都大阪とまちまちを繋いで行きつつ、秋にオープンスタジオのようなアーツなイベントを開催する・・・との動き。

そのイベントのタイトル案が政岡さんの方から発表される。

「ミッケ!コノハナ」

うん。アートに縛られていないところがいい。

ジワーっと浸透してくるとなかなかいいかも。
by fuji-studio | 2009-05-11 17:24 | ◎大阪・此花アーツファーム