カテゴリ:◎大阪・新世界等での活動( 30 )
高槻市っていつも電車で通り過ぎるだけのところでした。
大阪の高槻市って、いつも電車で通り過ぎているんだけど、降りて廻ったことがなかった。

a0010575_127240.jpg随分前に京都市内のホテルが満室でどうにも宿泊できず、高槻の京都ホテルに泊まったことがある。 


a0010575_1272293.jpgその時も駅からホテル直行で、ホテルから駅直行。

温泉出たんですね。おめでとう。


a0010575_1274432.jpg地域としてそれほど魅力あるところだとは知らなかった。

実は高槻はあなどれない。


a0010575_1283851.jpg住環境としては文句ないし、京都や大阪へのアクセスはいいし、空港や新幹線へのアクセスも比較的近いし…


a0010575_12902.jpg高槻のまちなかでアートプロジェクトを始めた人の関係でレクチャーすることになり、今回呼ばれて…何を話していいのやら…と探るために高槻市内を巡ることになった。 


a0010575_1292499.jpgそれにしても…やはり大阪だけあって通りに面した植栽…植木テクニックはすごい。

此花や西成と違い、ちゃんと敷地内に収まっているのが高槻風!


a0010575_1295225.jpgさらに…たまたま安冨歩さんから高槻に住んでいるということで連絡をいただき、安冨さんの車でいろいろ案内してもらうことになった。 


a0010575_12102284.jpg安冨さんのパートナーが高槻生まれの高槻育ちということで、高槻には詳しく、高槻で暮らす住民の視点で案内してもうことができた。


a0010575_12104739.jpgその視点で見ると高槻の魅力はやはりその歴史の深さにある。

日本海から京都経由の人やモノの流れの拠点として…大阪に向けて広がる低湿地帯として…


a0010575_12111060.jpgいろいろな人が経由し、滞在し、様々な痕跡を残し、あるいは定着し…


a0010575_12113285.jpg遺伝子的にも開かれた性質なのだろうか・・・?

高槻市役所の最上階からの眺めは格別。この地域の地形的な特徴がよく見える。


a0010575_1211534.jpgしかし、最上階なのにこの鉄骨…

さらにこの上は一度も利用したことがない…(とのうわさの)ヘリポートだとか。

相当重たいものが乗っても平気なように作られている。もったいない。こんなに重量かかるんだっけ?


a0010575_12123293.jpg高槻にはお城もあったのだとか。

なかなか味のあるお城の絵を発見。


a0010575_12125469.jpgそして、駅からすぐにある京都大学の農場の築80年といわれる洋館を案内してもらう。


a0010575_12131923.jpg時代も地域も飛び越えてしまうほどの雰囲気を醸し出した建物がそこにある。 


a0010575_1213442.jpgいやー、いいな。よく生き残ったものだと思う。こういう場所とちゃんと触れることができるようなプロジェクトだといいんだけど…。


a0010575_12142391.jpgこんごの高槻に注目ですね。

それはそうと…高槻で出会った納豆系のアーティスト

気になりますね。活動の立ち位置がいいなぁ。

by fuji-studio | 2011-11-04 23:53 | ◎大阪・新世界等での活動
大阪歴史博物館10周年事業でのかえっこや展覧会やワークショップや・・・
大阪歴史博物館での10周年事業。
本日は10歳の誕生日!

全館を使ってのかえっこや展示やワークショップ。オリジナル歴博通貨「ゼニモドキ」とカエルポイントの交換とか、歴史博物館のオリジナルグッズの「ゼニモドキ」での販売とか、いろいろ遊んでいただきました。
a0010575_847164.jpg
a0010575_847366.jpg
a0010575_8475122.jpg
a0010575_848382.jpg
a0010575_8481740.jpg
a0010575_8484423.jpg
a0010575_8485618.jpg
a0010575_849954.jpg
by fuji-studio | 2011-11-03 23:37 | ◎大阪・新世界等での活動
大阪歴史博物館にヤセ犬を散歩させたり展示ケースに破片をならべたり。
大阪歴史博物館が開館10周年ということで、美術館にヤセ犬とか夢の鳥とかおもちゃの破片を持ってゆき、会場全体各所に展示してみる。

a0010575_062486.jpgイベントとしては10周年記念日の11月3日に大阪歴史博物館を使ったかえっこを開催するのだが、その時に展示室を巡ってもらう仕掛けになるかという理由で「ヤセ犬の散歩」とか「夢の鳥」等を登場させる。


a0010575_064499.jpgそれと展示室の一角の展示ケースの中を使わせてもらい、おもちゃの破片を並べ、その破片に潜む力と可能性を見せるような展示を行う。


a0010575_065815.jpgショーケースの中という空間はさすがに展示することを目的に作られているのでなんでも様になる。


a0010575_075187.jpg展示は…あれ?いつまでだっけ? とにかく11月3日にはイベントやっています。結構おおきなかえっこになりそうです。


a0010575_081199.jpg

a0010575_082587.jpg

a0010575_0845100.jpg
a0010575_085979.jpg

a0010575_091526.jpg

a0010575_095627.jpg
by fuji-studio | 2011-10-11 22:26 | ◎大阪・新世界等での活動
大阪近代美術館(仮称)でのアーティストトーク。
KIITOのでワークショップを終えて、急いで大阪の心斎橋に向かう。アーティストトークの時間はすっかり終了していたが、まだ展示が続いていて、トーク後の話を楽しんでいる来場者も多かったので、急遽、館内アナウンスをしてもらい、アーティストトークを行い、その後新世界の三好へ。
by fuji-studio | 2011-02-26 23:30 | ◎大阪・新世界等での活動
大阪・ブレーカープロジェクト 絶滅危惧・風景の設営
大阪市立近代美術館(仮称だとか)の心斎橋展示室(僕らにとっては以前、出光美術館だったところというほうがわかりやすい)で明後日からはじまる「絶滅危惧・風景」の設営作業

a0010575_10503380.jpg新大阪から御堂筋線にのり、座席にすわると目の前にはってあるポスターがいきなりこの展覧会のポスターだったので驚く。

そうか。大阪市の事業なので大阪市の地下鉄にはこのポスターが貼られているのか。

NPOベースの街系プロジェクトではこういう広報が予算的にできないのだが…自治体がこのような部分で協力してくれると本当に助かる。

この展覧会は美術館で開催されるこれまでの展覧会とはかなり質が異なる。

2003年から大阪の新世界を中心に地道に活動を重ねてきたブレーカープロジェクト。

そのうち2009年から行っている「絶滅危惧・風景」で、各作家が行ってきた活動の結果が素材として近代美術館フォーマットに再編集され、それぞれの作家の作品として出品されている。

街でのアートプロジェクトに美術館が積極的に関わる関わり方について、地味であはあるが、ひとつの方向性を示しているんじゃないかな。

それにしても西尾君も下道君もトーチカもパラモデルも本当に活動自体が面白いし、みんな編集能力が高い。

特に下道君の編集能力には感服。凄いな…。僕のはダメだな。

僕は編集作業のツメが甘い。完成させる編集がそもそもできない。

この展示の裏側にある2003年からの新世界での街へのアプローチの深さを読み取る人がどれほどいるのかが疑問だが…。街の人との信頼関係がこれらの活動を実現させていることは見えてくるのかな…。

それにしても面白い展示だと思うなぁ。(…僕の以外は…)

もっともっと新世界の深い部分にこれから入り込みつつ、アジアの各都市の深層の部分とネットワークしてゆく…その気配。

今後の大阪に乞うご期待!
by fuji-studio | 2011-02-24 23:23 | ◎大阪・新世界等での活動
大阪西成の動物前一番街から赤いトイザウルスが四国へ旅に出る
水都大阪2009の中之島で誕生した最初のトイザウルス。

a0010575_9203285.jpg中之島で誕生した後、此花区の四貫島商店街の空き店舗に滞在した後、西成区の動物園前一番街の一本線跡の空き地のフェンスの中にいた。

猫と仲良く暮らしていたが、いよいよ四国へ。

もしかすると、ここでこのザウルスの役割は終わるかもしれない・・・。

・・・解体され・・・部品となり・・・新しいザウルスの素材としてまた生まれ変わるかも・・・。


a0010575_9211560.jpg実はこの赤いトイザウルス、足腰がかなり弱くなっている。

最初は2m以上あった頭の位置も今ではだんだん下に下がり・・・

生まれ変わる必要が出てきた・・・。

大変だが・・それもいいかも。
by fuji-studio | 2010-04-29 22:15 | ◎大阪・新世界等での活動
雨の中の大阪・西成のまちあるきツアー
大阪のブレーカープロジェクトのまちあるきのツアーのナビゲーション。

a0010575_10371124.jpg何の準備のせずに・・・いや、そういえばザウルスとかドラゴンとか仕掛けていたんだった。・・・西成の新世界から山王、太子エリアの散策ツアー。

雨の中参加者はいないだろうと思っていたが、15名の定員のはずが20名を越える参加者で4つのグループで歩くことに。

今年のブレーカープロジェクトはパラモデルとトーチカが参加作家。


a0010575_10375468.jpg西成のあちこちで主に街の風景やこそに登場する人をいじる仕事を着実に重ねていて中身は相当面白い。

さらに去年からの流れで、僕と福永宙君が「まちが劇場 準備中」「水都大阪2009」で制作してきた商店街まちかざりを実施していて、その現場を中心に見て巡る。

それにしてもやはり、西成は深い。まだまだ入り口までも行き着いていないんだろうな。

本当は、たぶん・・・まちの構造をいじるような表現が求められているのだと思う。

そこからどのようにいじるのか・・・。

今年の秋、瀬戸内国際芸術祭の後、西成に一歩踏み込むのかな・・・。
by fuji-studio | 2010-03-24 23:45 | ◎大阪・新世界等での活動
水都大阪・まちかざりの実験はまだまだ続いている。
動物園前一番街への赤いトイザウルスの設置の後、そのままさらに飛田方面に向かい新開筋商店街へ。

a0010575_3251171.jpg交野市の天の川で誕生したドラゴンとカササギのペットボトルのボート2体の設営作業。


a0010575_3263085.jpg商店街にはもともと、季節の飾りやバナー類を飾るため、いろいろなものを吊り下げる仕組みが仕掛けられているところがある。

仙台やいわきだと七夕飾りを設置するための穴が開けられていたり・・・

随分と使われなくなったその仕掛けを利用してペットボトルのボートを吊り下げる。


a0010575_3265557.jpgペットボトルの軽いという特性と、省エネ蛍光球のライトによく映えるという特性を活かしたまちかざり。

天の川から大阪の街へと流れ着いた・・・

これもよく似合っているな・・・

街にはもっと面白い仕掛けがあるに違いない。

多分、忘れられているだけ・・・だと思う。

それを使う新しいシステム・・・

そんなものが作りたかったのだと思う。

そのためのデモンストレーションなんだけどなぁ・・・

多層な人が自分の暮らす街と関係を深めるツールとして使えそうなんだけどなあ・・・

そのあたりにピンとくる人はまだまだ少ない。
by fuji-studio | 2010-03-07 11:08 | ◎大阪・新世界等での活動
水都大阪・まちかざりの実験はまだ続いている。赤いトイザウルスの場合
昨日、かなり成熟してきた青いトイザウルスを東京に送り出し、今日は大阪へ移動。

a0010575_2251160.jpg水都大阪2009の「かえるシステム・まちかざりの実験」は実はまだまだ続いている。

いろいろお世話になっている明治大理石のトラックを借りて赤いザウルスを大阪此花区の四貫島商店街から大阪西成区へ。


a0010575_226113.jpgトラックでの移動中もかなり目立っていたとか。

西成の商店街の薄暗い裏通りをごろごろと移動する様子もなかなか素敵。


a0010575_2265524.jpg動物園前一番街を横断している元電車の線路跡へ到着。

このフェンスで囲まれた空き地は数年前から気になっていたところ。

「まちが劇場 準備中」でトイキャッスルの展示をささやかに行った場所でもある。
去年は、あえてかなり消極的な展示を行った。


a0010575_2294214.jpgここに大阪市が新世界で毎年行っているブレーカープロジェクトへの参加ということでしばらくお世話になることに・・・


a0010575_2303550.jpgそれにしても、このフェンスとトイザウルスがあまりにもよく似合う。

実は・・・ここにつれてくるために制作していた・・・

ココのために生まれてきた・・・といっていい。


a0010575_231142.jpgさっそくいろいろな人が立ち止まり、話しかけてきて・・・

やっぱり大阪の人はよく絡んでくる。

それにしても・・・

まちは本当に面白い。
by fuji-studio | 2010-03-07 08:33 | ◎大阪・新世界等での活動
まちは続く。どこまでも続く。
大阪の新世界でのプロジェクトの公開期間が終わる。

a0010575_839237.jpgしかし、まちは続く。

もともとこの地域に足を運んでもらい、まちを深く楽しんでもらうための実験だったと思う。

それだけこの地域は大切な地域だと感じている。

ここには、多くの地域が隠蔽していることが、見える形で存在している。

今の社会の現実をある角度から深く見ることができる地域でもある。


a0010575_8394998.jpgまちは常に変化する。

強い力で暴力的に変化させられる場合もあるし、住民の力で緩やかに変化してゆく場合もある。

いろいろな時代の襞がこの地域にはあふれている。

その意味で深く大切な地域であるといえる。

昨日のエンディングのパーティ以来、ずっと体の中で、無意識ではあるが、今後の展開を考えている自分に気づく。

今回関わった5つの商店街。このアーケードの飾りをがっつりやってみるイメージを模索している自分に気づく。


a0010575_8401835.jpg帰りの新幹線の中、ブログの文章を書きながら、珍しくノートを取り出し、余計な落書きをしてしまっている。

また悪趣味な龍の絵が出てきた。

これ、やっぱりやりたいのかな。・・・来年?

あ、グーグルで山王商店街の地図から航空写真でスケールを確認してしまっている。

・・・50mか。じゃあ龍は30m・・か。

結構、長いな。かなり長い。

・・・

実は来年はじめまで商店街に設置されているものはまだあります。

まちはずっと続いています。

このサイトに散歩の音源もありますので、現場に行けない方も音だけでも散歩している雰囲気をお楽しみください。
by fuji-studio | 2008-12-22 23:00 | ◎大阪・新世界等での活動