カテゴリ:◎福岡・筑前深江での活動( 75 )
ずっと発酵中! 筑前深江海水浴場の「うみかえる」


a0010575_08170242.jpg
うみかえると名付けたのはいつからだろうか。

福岡の糸島のこの海沿いの空き家のたっている土地を借りることになり、それにともなって、本来取り壊すべきところの朽ち果てつつある木造の古民家を買い取り、改修して使ってきた。

僕のブログの中から、これまでのうみかえるの記事をいくつかピックアップしてリンクしてみる。







a0010575_08175210.jpgこれまでのブログの中からうみかえるいじってきた記事リンクしてみたらたくさん出てきた・・・。

しかし、5年前この場所を離れ、十和田市現代美術館に勤務することになり、家族が隣にできた屋根と外壁だけの家に移り住み、ここが一時はかえっこのおもちゃの荷物の集配所になっていたが、雨漏りが激しく、海風が強く、天井が落ちてきて、ほとんど使えない状態になっていた。整備してもすぐ荒れ果てる・・・。

a0010575_08185038.jpg雨漏りのしない家の台所や和室部分と2階の部屋に、以前後輩が住んでいたが、そこが最近、いろいろな人が講演会をしたり、会議室になったり、舞踏の講演をしたり、気功の教室をしたりと使われ始めていた。

その延長の広い半屋外のような雨漏りのする屋根のある東屋のような感じで使えないかなと、今回3部屋分の天井をおとし、整備して、部屋の中にだるまストーブをもちこみ、発酵中の空間を作ろうとしてみた。

a0010575_08192351.jpg空間をいじり始めるといろいろやりたくなる。こうしようと決めて部屋を作るのではなく、部屋をいじりながら部屋を構築してゆくのがいい。

もっと時間があれば、ずっといじり続けているのだろうな。

a0010575_08200004.jpg糸島芸農の出品作品として空間をつくったので、まだ作業中の現場にバスツアーで100名ほどの客がくる。福岡市文化振興財団の主催のマネジメントスクールの学生が20名ぐらいで訪れる。かなり昔から僕の活動を見てくれている人たちがぽろりぽろりとやってきて、僕が作業しているのを見て驚く。




a0010575_08202552.jpgああ、もっとやりたいけど、今回は時間ぎれ。次はまた2年後、どのようになっているか、見に来て欲しい。朽ち果てているか、増築されているか・・・。



by fuji-studio | 2016-10-27 08:16 | ◎福岡・筑前深江での活動
海の家の自宅と「うみかえる」
a0010575_18072440.jpeg
4年前、十和田に赴任する一週間ぐらい前に引き渡しをうけた海沿いの自宅兼スタジオ。 

外壁と屋根とコンクリートの床下だけという12m×12mのとてもシンプルな何もない空間に簡易水洗だけがある状態。・・・あまりにも寒いし、壁のない部屋なので、まるでキャンプ場のように屋内にテントを立てて、トイレを囲ったり、お風呂を囲ったり・・・しつつここでの生活がはじまった。・・・僕は十和田に行っちゃったのでいなかったのだけど。


a0010575_18075633.jpeg
残された妻が一人で地道にかえっこで大量に集まるぬいぐるみの中から汚れたり人気のないもの達を外壁の内側に詰め込みながら内壁を作る生活を続けて4年。

途中、一度十和田の常勤をはずれて非常勤になった時にトイレの壁を作ったものの、お風呂の壁ができないで数年間。

a0010575_18085395.jpeg
この連休で久しぶりに数日間自宅兼倉庫、スタジオの整理をすることができて、ついでにお風呂の壁を天井をつくることができた。

なんとなく家のようなかんじになってきた。

この写真は作業途中の写真。壁の間にはもちろんぬいぐるみを詰め込み、家の中で珍しくできた天井裏には解体して綿を取り出す素材としての大型のぬいぐるみをストックする倉庫にすることにした。

a0010575_18092409.jpeg
以前つくったトイレの壁の内側にも本棚をつくったり、窓側には金魚の水槽を入れたり・・・

・・・といくら棚をつくってみても、なぜだか家の倉庫に大量にある友人の書籍や僕の資料をストックするスペースは到底たりない。 ものが入る棚や空間を作ると、それだけまたものが増えて行くので10年後を考えると恐ろしい。

a0010575_18245875.jpeg
そうやって単純な作業を重ねていると、ついついやらなくてもいいことをしたくなり・・・
ベランダの角に東京で勤めていた時に会社からもらってきた石の彫刻を設置してみたりするとぴったりはまって嬉しい。

a0010575_18113589.jpeg
ベランダの下では家族連れが海遊びを楽しみに来ていて幸せそう・・・
にもかかわらず、ずっと大工作業と荷物の運搬と整理と掃除と・・・労働

結局好きでやってるのだから仕方ないなぁ。
a0010575_18121828.jpeg
作業している横で7匹の猫と一匹の犬がじっと見つめながら自分たちの居場所がつくられてゆく期待しているのか・・・どうだか。

猫はどこにでも登り、隙間があるとそこでくつろぎ・・・しあわせそう。僕はそのような場をつくるために休むことなく働いている。
a0010575_18034894.jpeg
同じ敷地内にあり、海水浴場の駐車場に面している以前暮らしていた昭和4年ぐらいにできた古い民家は、海沿いの家ができてからはかえっこの集配所として物置になってしまったり、後輩の陶芸家が暮らしたりしていたが・・・最近近所に引っ越してきた自然農関係の人や環境活動をやっている人たちに開放して、シェアスタジオとして利用し始めている。
a0010575_18042495.jpeg
度重なる地震や強風、豪雨で屋根や天井が崩れたりして相当修復が必要になってきた場所だけど、使いながら少しづつ場所を整備しなければならない。まだまだやることいっぱいあるなぁ。

ここ手を入れると相当良くなると思うのだけれど、なかなか時間がない。
a0010575_18045197.jpeg
うみかえるの中を覗いてみると、美味そうなカレーをつくっていたり、染色体験をしていたり、フリーマーケットのようなことをやっていたり、マッサージのようなことをしていたり・・・ここも楽しそう。

僕は見知らぬみなさんが楽しめる場所を開放しているだけ。
a0010575_18053185.jpeg
その裏にある昔の事務所の後の中がまだ未整理で、砂埃にまみれた資料が詰まっていて、・・・当時は結構綺麗に改装したのだけれど、5年以上放置されているのでまた手を入れなければならないところを掃除したり・・・

いつまでやっても掃除は付きまとってくる。一生続くのだろうな・・・。物や場所は持たないほうがいいとつくづく思う。身軽になりたい・・・とも思うのだけれど・・・業というか、性というか・・・
a0010575_18061230.jpeg
もうひとつ福岡で放置されている養鶏場跡地のスタジオや倉庫からものを移動するために自宅の下に倉庫を作ってみたが、もうすでにおもちゃやぬいぐるみや古本で埋まってしまった。倉庫はいくらあっても足りない。恐ろしい。
a0010575_18063868.jpeg
ここでの分類作業から新しい活動のための素材が生まれてくると信じて・・・作業に没頭する。

不幸なことに作業に没頭することは嫌いではない。荷物の移動も苦痛とは思わない。むしろじっと座ってくつろいだり昼寝することができない性質・・・不幸だ。
a0010575_18082074.jpeg
途中、娘がどこからか這い出てきてお茶をたててくれた。その瞬間は休日モード。

・・と 久しぶりに自宅での作業に没頭してみたが、また秋田に戻り、秋田で空き家探しと作業場探しを始めなければ・・・空き家とものが追いかけてくる・・・。はぁ。何してんだろう。
by fuji-studio | 2016-05-08 18:02 | ◎福岡・筑前深江での活動
内側の壁も水道も流しもないまま、しかしようやく引き渡し。
福岡の西の端っこの海水浴場、筑前深江海水浴場。

a0010575_0221883.jpgそこの海の家の土地にずいぶん前から計画し、ようやくできた(?)海の家スタジオ。

あまりにもシンプルな図面だが、建築コストを削ってゆくのに3年近くかかる。工事もなぜだか9月から半年間かかり・・・ようやく引き渡し。実質工事してたの2か月半ぐらいかな・・・・。


a0010575_0234355.jpg引き渡されたものの、まだ内壁はなく、トイレの壁もなく排水パイプがひとつ床から飛び出している状態。

とりあえずそのあたりに落ちていた流しをつけてホームセンターで買ってきた最安値の水栓をつけて・・・水を出そうとしたが…まだ水道のメーターがない。


a0010575_0242587.jpgこのまま内装工事を数か月かけていじりたいところだが・・・なんともうすぐ十和田に行くことに・・・。

とりあえず一年は十和田拠点に動くことになるのだけど・・・最長3年は十和田にいることになるのかな。

だから・・・内装がおわるのは…5年後ぐらい・・・。

今年から糸島でアートプロジェクト・・・「糸島アーツファーム」が始まろうとしているのにその現場に立ち会えないのもつらいなぁ。
by fuji-studio | 2012-03-20 23:26 | ◎福岡・筑前深江での活動
一昨年まで住んでいた家で、なぜだか20人近い韓国の子ども達がかえっこで遊ぶ。
1996年のミュージアム・シティ・天神に出品し、そのワークショップの時に福岡に来て、たたまたま休みの日に意を決して地下鉄に乗り訪れて見つけた筑前深江の駅から徒歩7分の農家だった家。

a0010575_2233998.jpg雨漏りしていたが、不動産屋で現状のままということで家賃3万5千円で契約し、その後13年近く暮らしていた家。子ども達も成長させてもらった家なので思い入れも大きい。

出るときはほとんど内装業者のようにきれいに壁紙はったり襖張ったり、天井まで張り替えて返却した。a0010575_2253044.jpgそのあとに若い自然農業をしている女性が暮らしはじめ、最近そのパートナーが韓国の子ども達の交流事業を行っているということで、20名近い子ども達がその家で合宿し。しかもイベントとしてかえっこを開催するというのでぼくらも手伝うことになった。


a0010575_22113782.jpgずっと暮らしていた家でまさかのかえっこ。世の中どういう縁で何がおこるかわからない。

なんとも不思議な体験だったが…

最近、自然農業のネットワークからか、いろいろな興味深い人が深江の街に興味を持ち暮らし始めている。


a0010575_22122598.jpg今日の料理は自然農の野菜のピザとか煮物とか、とても豊か。

ピザは庭でダンボール箱でピザ窯をつくり焼いたのだとか。

玄海原発まで30キロ圏内というただ一点の汚点を除いては本当にいい地域。

水がありえないくらいいいし、海の幸が豊かで、山では狩猟もできる。

いろいろなおもしろい人が集まるからまたさらに面白くなる。そうやってこの地域は作られてきたんだろうな。

土地の力か。人の力か。

余談だけど、家に自転車で帰る途中近くのスーパーに立ち寄ると、かえっこで楽しんでいた韓国の子どもたちがお土産にとお菓子とかカップラーメンとかをたくさん購入していて…そのあと家に戻りカップめん大会になっていたのだとか。

うーん…。子どもに自然農の野菜の価値はわからんだろうな…
by fuji-studio | 2012-01-11 21:47 | ◎福岡・筑前深江での活動
糸島アーツファームというプロジェクトが始まりそうです。
僕が暮らす福岡県糸島市でいよいよアートプロジェクトが始まりそうです。

a0010575_12342026.jpg僕が暮らす地域の同じ小学校校区で数年前からアーティストインレジデンス事業を始めたスタジオkuraその松崎君が都市計画デザイナー、コンサルタントの佐藤さんの後押しもありはじめようと覚悟したのが糸島アーツファームというかなり長期的な視点を持って展開しようとしているアーツなプロジェクト。


a0010575_12352364.jpg最初に家に企画書を持ってきたときは糸島アートファームという名前がついていたが、僕がアートよりもアーツの方がいいんじゃないかな?と話したことでアーツファームになった。

アートからアーツ、つまり複数形にすることでアートの文脈から少しずらし、いろいろなジャンルを横断するような活動ができるのではないかという思惑がある。

アーツファームといえば、僕が2008年に思いついた大阪の此花区での考え方。

大阪では都市型の映像系やメディア系、デザイン系のクリエイターやアーティストが暮らし、様々な活動を育てるエリアとしての此花アーツファームだったが、この福岡の糸島の場合は地引網のある海水浴場と玄界灘と狩猟のできる山、そして田んぼと畑と畜産と水と…自然と人の営みの関係の在り方に対しての様々なアーツを実践し、探ってゆくエリアとして模索されるのだと思う。

とにかく興味を持ってくれそうな関係者が集まってミーティング。

今年からじわじわとはじまり、2年に一度、あるいは数年に一度の大型のプロジェクトを目指してゆく。

家の海の家のスタジオも当然いろいろ関わってゆくことになる。よろしくお願いします。

サポートスタッフの宿泊先を確保しなければ・・・。
by fuji-studio | 2012-01-08 11:35 | ◎福岡・筑前深江での活動
外壁とか窓とかも付きました。
筑前深江海水浴場の海の家のところに建てている「つくる家」。

a0010575_1451451.jpg外壁と窓まで付きましたが…中身は空っぽです。

外壁、強風に耐えれるかどうか不安な感じ。窓はしっかりしているのですが。

やはり外壁もうちょっとしっかり作ろう。格安で丈夫な素材無いでしょうか?


a0010575_146151.jpg中身は空っぽのままで内壁とか内装とか…一番楽しいところは自分で行うつもりでそのままにしてもらっています。

…というかお金がないのでここまでしか頼めない。

この建築・・・半分セルフビルドな建築、此花とかでも試みたかったやり方。


a0010575_1471543.jpgお金がないというのと時間がないというのと…結局時間の隙間を作ってちまちまと何年もかけて内装してゆくのかな。

つくるプロセスを楽しいと思っているので仕方ない。

隣の昭和初期のボロボロの家もいじりどころ満載。


a0010575_148552.jpgああ、時間が欲しい…と思いながら、なぜだか時間は刻々と過ぎてゆき

ああ、もう今年も終わりじゃないですか。

ああ、来年もまたウロウロしながら、ゴミまみれ、廃棄物まみれになりながら、整理整頓、掃除、清掃…重ねるうちに一年が終わるのかな…

自分の家をいじる時間はなさそうだけど、さらに「部室ビルダー」という活動を始めるつもりで、さらに空き家とか空き店舗とか空き地とかいじる生活になるのかな…

まあ、運命というか、宿命というか…

この場所でじっくり作品を作りながら暮らす生活…って理想ですが、結局活動つくる為にドタバタと動きまわってしまう性質だから仕方ない。
by fuji-studio | 2011-12-27 14:14 | ◎福岡・筑前深江での活動
2階部分の床にコンクリート
鉄骨をくみあげ、2階の床部分にコンクリートが敷きこまれる。

a0010575_18473657.jpgこれって本当にコンクリートじゃなければいけないんだろうか…

板張りじゃいけないのかな?という疑問もあるが…


a0010575_18483048.jpgこれに屋根がかぶさり壁ができる。

窓とかドアとかカタログで選びたくないけど、なぜかカタログで選ぶ羽目に。

ほかの選択肢はないのかな。中古屋で選ぶとか。

そういえば、サンタフェには中古の扉とか窓枠を売っている相当大きな中古の建材屋があったな。


a0010575_18491924.jpgしかし、まるで海沿いの展望台のようなスタジオになるな。

こんなところで仕事できるのかな。毎日海を眺めてぼーっとしたりして…

・・・っていうか、またどうせ家で制作する時間なんてなくて、ずっと現場を回ってるんだろうな。

そのうちここでもプロジェクトやりたいなー。

どなたかマネジメントできる人、一緒にゆっくり活動をつくってゆきましょう。
by fuji-studio | 2011-11-23 17:52 | ◎福岡・筑前深江での活動
立ち上がっている! 
筑前深江海岸に制作中の制作スタジオ、うみかえるラボ(仮称)

a0010575_23522346.jpg宮城、新潟から家に帰ると…柱がついに立ち上がっている。

こうやって立ち上がるとそれなりにいいなぁ。

一階は当分そのまま。海の家したい人募集。


a0010575_091779.jpg2階はこれから屋根と外壁がついておしまい。

中は何もない状態から…内壁もトイレの壁もない状態から…じっくり作ってゆくつもりだけど、時間がないな。お金がないな。 

a0010575_23503082.jpg結局銀行からまだお金借りれていません。アーティストにはお金は貸さないのだそうです。知っているけど・・・。

給料がないからなぁ。貧乏だしなぁ。作品売れないしなぁ。そもそも作品つくる暇ないしなぁ。もらう予算は全部移動代と宿泊費で飛んでしまうしなぁ。予算があれば全部使うしなぁ。


a0010575_23533790.jpg娘の大学受験は無理かなぁ。学費もないしなぁ。

なんだか家の中に猫だけは増えているなぁ。…関係ないけど、エサ代かさむなぁ。

にもかかわらず、相変わらずギャラの少ないプロジェクトだけはたくさんあって…時間ないなー

給料欲しいなぁ。
by fuji-studio | 2011-11-16 23:37 | ◎福岡・筑前深江での活動
鉄材が搬入されてきた。
筑前深江海岸の海の家スタジオの鉄骨がいよいよ搬入されてきた。

a0010575_21155997.jpg今日これから仙台空港に向かい、宮城のえずこホールとの「カンがえる」ワークショップに向かうが、帰るころには組みあがっているのかな。

a0010575_2117938.jpgたちあがるところを観たいし、撮影もしたいが…なかなかできない。

というか、この資材400万円分ぐらいだと思うがやっぱり高い。

どこかで解体された鉄材って使えないのかな?


a0010575_21183048.jpgそれにしてもいよいよ風景が変わる。

いまの家の窓から眺めることのできる海が見えなくなるな。

そのぶん、手前に移動すると相当眺めはいいだろうな。

年末までには形になるのかな。…ああ、支払いが…。
by fuji-studio | 2011-11-11 11:11 | ◎福岡・筑前深江での活動
コンクリートの基礎工事が終わりました。
くい打ち工事に接続してコンクリート型枠での基礎工事

a0010575_12385929.jpgいろいろな法律や条例やらでこんなに強固な基礎工事。


a0010575_1214052.jpgこの地下に10メートル以上杭が十数本撃ち込まれている。 


a0010575_12144739.jpg震災にも耐えれれる基準ということなのだろうが、まったく信用できない。

そもそも水辺で絶対安全と思う意識が間違っている。

津波が来たらどうにもならないだろうし、どのような災害があるなんて誰にも想像はできない。


a0010575_12184728.jpg海辺はいっそのこと仮設程度の流れても被害が少ない基準とかの発想の転換が必要ではないかと思うのだが…

この埋めてしまうと何も見えないところですでに900万ぐらいかかっている。

何のための金額なのだろう…。
by fuji-studio | 2011-10-20 12:10 | ◎福岡・筑前深江での活動