カテゴリ:・講座/対話/研究会( 82 )
システムのための仕掛け・・・
ますますこのブログから離れてきた。 2004年からはじめたこのブログが僕の中で旬の時期が終わったのかもしれないが、なんとなく、2014年までは…10年は続けてみようと思う。

しかし、このブログで当初そうとういろいろな思いを言葉にしてきたし、いろいろな現場をプロセスのままレポートしてきた。

a0010575_8442890.jpg震災以降ツイッターの利用が加速し、その後facebookの利用がさらに加速し、今はほとんどfacebookに記述することが多いので、その分このブログサイトから離れているという理由もある。

特に4月以降、十和田に常駐するようになってから、移動する時間が無くなったこともあり、移動時間に書いていたこのブログから離れがちになっている。しかも十和田市現代美術館のブログも書くことになり、なんだか個人の言葉で書くことの難しさを知り、ここで自由気ままに書いてきた中途半端な言葉をうらやましく思う。

そんな僕の個人的なある種自由な呟きのようなここでの言葉を、同時代にそれぞれの地域プロジェクトの現場で活動してきたある意味の「同僚達」は、批判や共感の対象としたり言葉化するときのスケールのようなものとして利用してくれていたようで、おかげで・・・というか、面白いことにそれぞれの地域の現場にはかなり共感できる感覚が連鎖していることを感じている。

そのあたりの感覚をまさにこのブログを分析し、それぞれの地域の現場でのキーパーソンにヒヤリングなどして論文を書いていたのが東京芸大の大学院の中山亜美。

その論文が十和田に届き、ようやく一通り、目にした。

なるほど。これまでの活動の僕自身の知らなかった客観的な分析がとても参考になる。

読み進めてゆくごとに、それぞれの過去の現場の状況が記憶によみがえってきて面白い、本当にその都度、成り行きにかなり感覚的に対応しながら現場の行方を観察していた自分の態度を思い出す。

確かにその都度考えることは、ひとつのその時々でのベクトルだったと思う。どっちのほうにどのフックをかけるのか。

僕自身が行ってきた活動はまさに仕掛けであって、システムを作っていたわけではない・・・ということ。

この論文、どこかのサイトで公開していないの?
by fuji-studio | 2012-05-22 08:44 | ・講座/対話/研究会
高知県立美術館でのレクチャー
高知県立美術館でまちづかいのレクチャー。

a0010575_0363294.jpg福岡から高知に向かう飛行機トラブルで大変な目にあって、結局愛媛県の松山空港まで飛び、そこからレンタカーで2時間半とばして美術館への到着はレクチャー開始の10分前。


a0010575_0373710.jpgJALの言うとおりに一旦羽田まで飛んで高知へ向かう便におとなしく乗っていたら、レクチャーーに一時間45分遅れる予定だった・・・。


a0010575_0384736.jpg事前にどのような参加者かなどの確認をしなかったので、話の焦点がなかなか定まらず、実は相当ピンボケになった話だったと思う。

高知のみなさんごめんなさい。


a0010575_8305319.jpgしかし高知の人は熱い。

その熱さ、なんだか血が騒ぐ。

日本列島の端っこのエリアのネットワーク、興味がありますね。


a0010575_8322086.jpgところで写真は高知の宝物、沢田マンションのほんの一部。高知県立美術館とは関係ありませんが、ある種のアートセンターのあるべき姿かな・・・。


a0010575_8335035.jpg空間をいじるという作業を数十年という時間をかけて重ねている。

建築物の魅力を引き出そうと限界まで挑んでいる態度が素晴らしいのだと思う。


a0010575_8344361.jpgしかし、建築物が態度を持ってしめしているというのは凄い。それをいじったり使っている人たちも凄いが、それが存在する高知はやっぱり教務深いところだなぁ。
by fuji-studio | 2012-03-19 23:19 | ・講座/対話/研究会
舞鶴の八島アートポートでクリエイター養成講座のレクチャー
舞鶴は学生時代になんどか車で通過したことがあるまち。そこを拠点に活動しているのがまいづるRB

a0010575_2325837.jpg数年前からアサヒアートフェスティバルの関係で活動については耳にしてきたし、なぜだか、日比野さんとか小山田君とか山田創平さんとか周辺の人がたくさんかかわっていて興味をもっていた。


a0010575_2326393.jpgそこで地元の人に向けての「つなぐこと」がテーマのレクチャーシリーズがあり、2時間という短い時間だけどそれなりに思いをぶつけてみる。

それにしても、確かに地形的に、歴史的にとても重要なところ。


a0010575_232631.jpgそれがゆえにかなり重い重石や手枷足枷でがんじがらめで窮屈な印象のところだったが、しかし、その中でいろいろ闘っている気骨が見えてくる。


a0010575_23273118.jpgそれはそうと、それなりに改装された赤レンガ群の中で…ありえなく魅力的で重要な…しかし、組織の都合上手つかずで重石と枷だらけの赤レンガ倉庫の一部に…ここは僕の作業場の倉庫ではないかと勘違いするほどの…ペットボトルを利用した「まちかざり」の部品の山…興味深かったなぁ。


a0010575_23282573.jpg僕がペットボトルを利用した活動をはじめて12年経つのだからまあ、一般的に流通しててもおかしくはない。

不思議な体験でした。2時間の予定が結局3時間しゃべりつつけたレクチャーに参加したみなさん、お疲れ様でした。
by fuji-studio | 2012-02-27 23:06 | ・講座/対話/研究会
京都文化ベンチャーコンペティションの最終審査と表彰式
a0010575_082627.jpg京都府の主催での京都文化ベンチャーコンペティションの最終審査会と表彰式が開催される。

なかなかの力作、面白いアイデア、可能性がいっぱい。
by fuji-studio | 2012-02-27 01:31 | ・講座/対話/研究会
北九州の建築系の学生の合同合評会
北九州のスペースワールドの横にあるイノベーションギャラリー北九州の建築系の学生の団体、tonicaが企画する合同好評会で学生との対話を楽しむ。

a0010575_1015427.jpg一緒に講評した建築家の質が高く面白く、それぞれの現場をとても楽しめた。

学生がいろいろと食いついてくるのが印象的。

いいなぁ。経験値が少ないだけにそれに反比例して可能性はたくさんある。


a0010575_10155228.jpgかれらの今後20年間で培う意識がその後の20年間の風景をつくることになる。

美術と同じように建築にもいろいろなシステムがあり、(いや、建築周辺のほうがもっと多層だな。)・・・それぞれまったく違うフォーマットがあるが…あたりまえだけど、学生はまだその違いについて知らない。


a0010575_10171271.jpgしかもそのシステムは変化し続け、学生が活動する時代の本流のシステムは未だにない…かもしれない…というイメージをだれも持つことはできない。 

結局その現場に立ってみないと見えないんですよね。その現場の生臭い匂いは…


a0010575_10175989.jpgだからこそ、今の建築にまつわる状況に違和感を抱く学生は現在の建築の様々なシステムを疑いつつ、孤立感を感じつつも、その中途半端な…仮設暮らしの気持ちを抱えながら活動を連鎖させ続ける強さが必要になる。 


a0010575_10214948.jpg結局、どの時代もそうやって来たのだと思う。 

今日の学生の中から建築の概念を変える次の時代の建築家が登場するのだと思うと本当に楽しい、
by fuji-studio | 2012-02-24 23:52 | ・講座/対話/研究会
金沢美術工芸大学で二日間の集中講義
僕がまだ京都の大学の学生だった頃、千葉県の我孫子にスクオッターズハウスギャラリーというアーティストが運営するギャラリーがあって、そこの企画で行った我孫子市内の数か所で行った展覧会「残暑見舞」

a0010575_2323285.jpgこの時僕が行ったのは 「ナマズの群像建設未定地」という何かをつくるふりをするという活動だった…という話は随分前にこのブログでも紹介したことがある。その時に一緒になった作家が今回のレクチャーの仕掛け人の中瀬さん

中瀬さんとは長い間お会いすることがなかったが、今回この授業に呼んでいただき久しぶりに時間を過ごし、この我孫子での夏の体験やここで知り合った東京芸大彫刻科…どちらかというとラグビー部系の遺伝子が僕の活動の初期的体験として重要だったことを思い出した。


a0010575_23235998.jpgそこから随分長い間…、それぞれ全く違うアプローチで活動を続けてきたが、かなり多くのシンクロする価値観を持っていて興味深い。

講座とワークショップをということだったので、最近気にしている「フェチと表現と編集技術」についての超論を無理やり「彫刻論」という授業の中で行い、金沢美大の学生に僕の粗削りな言葉でぶつけてみた。

反応がすごくいい。


a0010575_23242259.jpg今回は編集について学ぶためにFacebookを利用して、参加した学生がそれぞれ簡単な行為を画像、あるいは文章としてアップロードしてもらう

夜は打ち上げを兼ねて、外部にもオープンにして、そのネタを見ながらディスカッションをする企画をKapoの一階のmojoで行い盛り上がる。

皆さんお疲れ様でした。学生の感性は予想よりはるかに面白く、本当に期待に満ちた時間だったな。

ありがとうございました。
by fuji-studio | 2012-02-09 23:35 | ・講座/対話/研究会
AAFSchool AAF10年本の為の「物語をよみとる」講座
4回連続のAAF学校。前回は2日連続だったが今回は一日のみで最終回。会場はなじみ深いアーツ千代田3331。

a0010575_012528.jpgデザイナーで仕事研究家の「自分の仕事をつくる」の本で有名な西村佳哲さんをゲスト講師に招いてのインタビューから出版までの流れを事細かに編集者の影山さんが質問する形で進む。

アサヒアートフェスティバル(AAF)は全国各地で行われているアートプロジェクトのネットワークで、それぞれのプロジェクトの現場では絶対に報告書などには登場しない小さな、しかし大切な多くの物語が潜在している。


a0010575_0131625.jpgそれをどのように導き出し、本としてどれだけ面白く大切なものにできるかが問題・・・

西村さんの話はとてもよかった。西村さんのインタビューする側の態度についての話、心構えのような話は30年前に聞いておきたかった話。

いつでも聞き手は強者の立場であり、語り手は不安要素を抱えた弱い立場にいるということへの自覚。聞き手のやってはいけない態度。そしてさらにインタビューした素材をどのように文章化するのかの秘密のメモまで公開していただき本当に興味深かった。

インタビューと取材の違い。思考レベルを聞き出すのではなく、感情の前にある感覚、その根底にある何らかの存在に気づき、感覚を引き出すような生の話に向き合う態度のような話。

全く考えてみたこともない。そういえば、感じていたのかもしれないが…。

それと読み手を飽きさせない文章の構成の話。やっぱり文章もデザイナーの視点で描いているんだなと深く関心する。

参加者も大いに満足した5日間、全4回のスクールだったが…さてここからが本番。どうやって10年本作ろうか…

それにしても…
こうやってスクールやってからいろいろな記録本見ると…本当にちゃんと読み手側に立った編集の視点で作っている記録集って少ないなぁ。

デザインはいいのだけど…といのも多い。

確かに読みにくいですよね。多くの記録集は。なんだか…わかっているような気になっている状態が一番恐ろしいんだなと最近感じる。わかっているようでも実は何もわかっていない。わかっていないことに気づき努力するところから次の状態のものは生まれるが、わかっているようでいるとそこからは結局たいしたものは生まれていない。

しかし、みんな大量に納得して大量にわかっているつもりで大量に作っているんだなぁ…

経験を重ねてくるとそこに大きな罠があるんだと思う。嫌だねえ。
by fuji-studio | 2012-01-29 22:59 | ・講座/対話/研究会
AAFSchool AAF10年の記録本の為のキーワードを探す
アサヒアートフェスティバルのこれまでの活動を俯瞰しつつ、その10年記録本の出版の為にキーワードを抽出するワークショップ型スクールの2日間。

a0010575_1193023.jpg会場は谷中にあるオルタナティブスペースのhigure 17-15 cas

ここは2005年にkosuge1-16と一緒に行ったコフジビル17年の最終的な展覧会を開催した懐かしい場所。

久しぶりに谷中にきました。


a0010575_1205778.jpg空間としてはこじんまりとしているが、谷中の風景が見える雰囲気は開放的でとてもいい。

初日は2005年AAF参加団体のすべてを網羅した記録DVDと、たまたま泉山君がしっかり編集して残してくれていた大宰府スタードームフェスティバルの記録映像を見ながら、もろもろ説明やら裏話やら雑談しつつ…キーワードを拾い上げて行ってもらう。 

たまたま2005年のAAFは僕が関わっていたプロジェクトがいくつかあり、その裏話などで脱線してしまうので、やたらと時間が経ってしまい…ごめんなさい。 


a0010575_1215672.jpgしかも大宰府スタードームフェスティバルは、2004年ぐらいに僕が主催していたオープンディスカッションplants!がきっかけではじまったので、記録映像の中に2005年当時の怪しげな藤浩志が、なにやら酔っぱらいぎみに…今となってはあたりまえのような話を懸命に恥ずかしげもなく朗々と語っている。

ああ、みっともない。記録映像とは恐ろしい。


a0010575_1242627.jpgしかし、2005年という時代が…わずか7年前だが…いや、もう7年というべきか…2012年のアートプロジェクトと地域の関係では当たり前のようなことが、当時は結構力説すべきことだったんだなぁ…と、時間の流れによる「あたりまえのこと」の変化を面白く思う。

2日目は2011年のAAFの報告会に提出された記録画像を皆でみながら対話し、そこでキーワードを週出してもらう。

結局、時間切れになり、参加者にそれぞれ心に残ったことを語ってもらったが…その視点が僕らにしてみればなかなか新鮮で大切な言葉があった。

そのいくつかを列記してみる。・・僕の記憶で勝手に編集されてしまっていますが…

・AAFは色が鮮やかだと思いました。←日常はもっとグレイなのだとか。
・アートプロジェクトはエネルギーが集まってきて発生するんだな。
・問題があり解決を作ってゆこうとするプロセスにアートがあるんですね。
・アートはタブーに触れようとしている
・ちょっとやってみようという気持ちから始まるんですね。
・取り残された存在(場所とか建物とか人とか)と、人と違った活動をやろうとしたり、オリジナリティを探ろうとしているアーティストは相性がいいんだな思った。
・インキュベーション・アクティベーション・カルティベーション
・利害に関係なく人が集まっている。→興味と関心で集まってくるんですよね。
・おじさんは女の子としゃべりたいんですね。←おばさんも男の子としゃべりたいしね。
・あたりまえの日常の中で紡ぐ自分たちの物語
・AAFというしくみ自体が育とうとしているし、育っているんですね。
・あなたの好きにしなさい。私たちも踊りたい。
・いつでも「これからはじめます」という姿勢。←もう出来上がったものに途中からは入りにくい。
・結局、どういう効果が生まれたのかが知りたい。

・・・とまあ、いろいろ。

僕があらためて納得できたのは…

面白いことをしようとしているところには面白いことをしたいという人が集まってくる。その人達がまた面白いので、面白さが連鎖してゆき、とんでもないことが起こる期待が高まるんだな…ということ。


a0010575_125446.jpg特にAAFの場合は「アサヒビールがスポンサー」という匂いの漂いが、やっぱり飲み会へ導き、そこでさらに面白い人達と期待に満ちた会話をしながらこの上なく幸せな時間が過ごせる…老若男女が入り乱れながら…というかんじでしょうか。

実際にいくつもの妄想が現実になってゆく現場に立ち会うたびごとに…人のイメージ力と実践力の集積は凄いと思う。

次のAAFスクールはいよいよ最終回。物語へと導く授業。
by fuji-studio | 2012-01-15 12:07 | ・講座/対話/研究会
AAFの10年を振り返り、出版する為のSchool
先週から4回連続で始まったアサヒアートフェスティバルのAAF School

これまでの活動記録をアーカイブし、なおかつ書籍としt出版するためのプロセスをスクールという形で一般参加者に開いている。

a0010575_0324910.jpg先週に引き続きその2回目のスクール

今日はメセナ協議会の事務局長に就任したばかりの荻原さんをゲストに招いてのAAFのポジショニングを考えるレクチャーとディスカッション。

参加者には謎の言葉が飛び交いすぎて…分からなかったことも多かったかなと反省しつつも、…それにも増して興味深い話題が多かった。

何かを認識しようとすると、それぞれの立場でいろいろなズレが生じているのもまた興味深い。

アートマネジメントという言葉…つまり概念が登場したのが1990年ごろからだとか。ボランティア、NPO、コラボレーション、ワークショップ、CSR、アートプロジェクト等々以前なかった言葉がこの20年間の間にその時々発生し…つまり概念が生まれ、ひとの行動が、活動が生まれてきた歴史を見ていった。

それまでなかった意識が言語化されることで新しい活動が生まれる。

その連鎖が次の活動を産み出すんだなぁ。
by fuji-studio | 2011-12-11 23:01 | ・講座/対話/研究会
AAFSchool AAF10年の記録を出版するために
アサヒアートフェスティバル AAF なんだかんだと関わることになりぼちぼち10年。アサヒビールの加藤さんと最初にお会いしたのが1993年だったからもうすぐ20年。

a0010575_0385314.jpg20年前ということは今の僕よりも若かった加藤さんとお会いしてたということか。

10年たったということは…じゃあ、当時いろいろ一緒に動いていた10歳上の世代の人達の当時の年齢に今の自分がなったということ。

みんな偉かったような気がしていたが、今の僕は全然えらくないなぁ。

a0010575_0393783.jpg10年前だとまだブログサイトがなかったし、ウェブサイトをつくるのがやっとで、掲示板が登場していた頃。ISDNからADSLに変わったころか。そのまえの10年になるとインターネットはなくパソコン通信時代だった…いづれにしてもPCの利用やアプリケーションの普及やOSという概念の浸透や…映像機器の普及も含めて一般の人が表現したりメディアを作ったりできる技術革新と地域系アートプロジェクトの発達の関係は無視できない。

今回のスクールはウェブサイトでアーカイブを制作している専門の入江さんと最近いろいろな美術カタログや美術本を出版している編集の影山さんと二人を講師に招いてアーカイブと出版の視点の違いについて講義してもらう。

出版だけで記録集を作っても魅情報だけが多くなり魅力がなく売れる本は難しい。しかも配布が出版部数しか配布できないし、高額になってしまうので手に取って買ってもらうという高いハードルがある。

一方、ウェブサイトでのアーカイブは大量のデータを扱えだれでもアクセスできるし、時代を超えて長期にわたり保存したり情報の追加もできるが、アクセスを促すために管理運営する視点も大切になる。

この2者の関係をちゃんと捉えてしっかりしたアーカイブを作ろうとするプロセスを今回スクールという形で公開することにした。

しかし入江さんが作ってきたウェブサイトの代表作、ネットTAMは凄すぎる。95年から2005年ぐらいまで全国で行われていたトヨタアートマネジメント講座のアーカイブをしっかり作りながら、ちゃんと今も多くの人に使われている財産のようなサイトになっている。

このような人と仕事できることが幸せ。
by fuji-studio | 2011-12-04 22:23 | ・講座/対話/研究会