カテゴリ:ご案内/Information( 60 )
十数年使ってきたgeco.jp のサイトが消えた。
十和田奥入瀬芸術祭の準備でばたばたしているうちに・・・ しらないうちに・・・ 1999年ごろに手作りで作ったgeco.jpのサイトが消えてしまっている。

当時の契約書とかもないし、どことの契約だったのか・・・。どうやって調べればいいのだろう?

とりあえず、コンテンツをこことFacebookに移すか、あるいは新しくドメイン取り直すか・・・。
どなたかアドバイスを!

しかし時間がないな。
by fuji-studio | 2013-09-24 11:43 | ご案内/Information
eco japan cupの募集しています。応募してね。
a0010575_1811235.jpgこの数年毎年アート部門で審査しています。

でもなかなか作品が集まらなくて審査に刺激がない。

是非100万円狙って面白い活動を応募してください。

よろしく。
by fuji-studio | 2011-08-21 18:11 | ご案内/Information
おもちゃ・ぬいぐるみ類の提供と…一時的に九州で一緒に暮らす家族…
藤スタジオとかえっこ事務局でも今回の災害で地域に住みにくくなった人を対象に一時的に受け入れをしようということになりました。

もともといろいろな人(おもにアーティストやアートマネジメントをやりたい人)が、勝手に長期滞在したりしていましたが、今回は子連れなどで困っている人を対象に…でも一緒に動いてくれそうな人を受け入れることにしました。

a0010575_2033236.jpg敷地だけは広いのですが、家はボロボロで汚く貧乏なので、一緒に動きつつ、長期的に生活再建を考える人が対象となります。。

海沿いで玄海原子力発電所から25㎞圏なので、災害にそれほど強い地域ではないし、隙間風だらけで、家の中でテントを張って生活しているようなところですが(テントの中は暖かいです。被災地で隙間風の多いところにおすすめ。)もしも一緒に暮らしてもいいという人がいれば是非連絡ください。屋内に家族用のテントは用意できると思います。こちら5人家族(高校生女子2名と小学校2年生男子1名、そして夫婦)との共同生活になると思います。…あ、家の中に犬と猫や鳥がうろうろしています…。(アウトドア系じゃないと無理かも…)

制作の仕事とかおもちゃの仕分け、ぬいぐるみの解体作業、いろいろな手工芸的制作、家の修理等大工、巨大な龍の制作、畑作業、庭作業、廃墟の掃除、骨董類の掃除…とか、ほとんどバイト代にもならないかもしれない軽作業は山積みです。近所に自然農業をやっている人達もたくさんいますので紹介できます。

もしもその気があれば海の家とかカフェとかを一緒に運営してしばらく生活費をどうにかするようなことを考えていってもいいかもしれません。

そういえば、鹿児島で、カフェをやってもいいという人がいれば、場所は提供できるかもしれません。

鹿児島もさいきんダブルの火山灰で大変ですが・・・・・・・・・・・・・・

それと・・・・

おもちゃとか絵本とかぬいぐるみとか…かえっこの残りものですが、山ほど在庫がありますので、支援団体などで必要なところがあれば連絡ください。段ボール箱単位で提供いたします。(送料は要相談、お金がないからな…) 


a0010575_2043079.jpgぬいぐるみの中にはきれいな綿がたくさんはいっているので、ぬいぐるみを解体すると相当な綿が取り出せます。それで布団作るとか、家では隙間風を防ぐ材料に使っています。一方、ぬいぐるみの綿を外した皮(僕らはスキンと呼んでますが…)は縫い合わせると相当暖かい着ぐるみが作れます。防災ずきんにも使えます。

そういえば、北本タワーにぬいぐるみ入りの段ボールたくさんあったなー。あれ、埼玉アリーナに持って行ってもらうとか…。

避難所で皆が熊とか猫とかの着ぐるみ着て暮らしているとなんだか…いいかも…

…とりあえず…

連絡はかえっこ事務局まで。
by fuji-studio | 2011-03-21 15:21 | ご案内/Information
業務連絡系 様々な中止
大変な状況にいるみなさん。ここは冷静に淡々と乗り超えましょう。

新しい関係がいろいろな角度から求められている状況が今後多方面で必要になると思います。頑張りましょう。

a0010575_1511545.jpg当たり前の話ですが…

本日アーツ千代田3331予定されていた日本文化デザイン会議のフォーラムも中止になり、明日アサヒアートスクエアで予定されていた中村政人・芹沢高志との対談も中止になり(相当楽しみだったのになー)さらに次の日のアーツ千代田3331でのInsideout/Tokyo Projectの森司と中村政人と藤浩志とのセッション…あれ?これはまだ中止の連絡来てないなー…でもとりあえず僕は出演を遠慮させdていただきます。(中止になるかどうかは不明)

ということで、楽しみにしていたありえない連続トーク、幻になりました。

…なんていってられません。もっと多くの存在が幻となりつつあります。

今必要なことは安全確保。

それぞれがしっかり動ける行動力。

がんばりましょう。
by fuji-studio | 2011-03-13 09:41 | ご案内/Information
Tokyo Art Schoolで飯島博さんと
東京都が行っている文化発信事業のレクチャーシリーズ、Tokyo Art Schoolでのレクチャーがこの週末の20日開催される。

ここで、霞ヶ浦のアサザプロジェクトで知られる飯島博さんとの対談。(詳しくはこちらのリンクから)
楽しみ、楽しみ。勉強せねば。

しかし、AIT前回の安冨さんとの対談といい今回といい、僕にとってとてもありがたい組み合わせを作ってくれる。

すばらしいですね。
by fuji-studio | 2010-02-19 07:41 | ご案内/Information
種子島を離れ、自宅に戻り・・・いろいろ縁が絡んでいるな・・・と深さと複雑さにあらためてうなずく。
佐藤卓さんのかえっこをやっていた会場でのディスカッションへの参加に後ろ髪をひかれながらも種子島を離れ鹿児島へ。

鹿児島での時の芸術祭の最後のイベント、日比野さん面高さん末吉さんとのしゃべり足りないディスカッションを終えて、いくつか墓参りをし、福岡に戻る。

a0010575_024193.jpg福岡に戻ると、フライヤーの束の入った封筒がいくつも届いている。

この夏のこれから始まる展覧会関連のちらしをあけながら、種子島で一緒だった日比野さんとか森さんと微妙に連なっているフライヤーが多くて、あらためて深い縁を感じる。

環境省が2年前から行っているeco japan cup 2009の公募ちらしをあけると・・・どこかで見たようなイメージが・・・。

これ森さんが水戸芸術館にいたころにおこなった日比野さんのプロジェクトの写真に・・・たぶん、日比野さんが落書きをしたような公募ちらし・・・。 そういえば毎年、日比野さんと一緒に審査をしている。

この公募がはじまったんだ。 8月31日までだとか。 いい作品是非応募してください。審査会場を面白くしてね。

a0010575_0245067.jpg次の封筒に目をやると、東京都の東京文化発信プロジェクトの文字。

ああ・・、森さんが働いているところから。

あけてみると、なかなかクールなデザインで「Tokyo Art School」とある。なるほど、かっこいい。ストレートでいいな。

どんなんだろうと中を開けると、面白そうな人の組み合わせでのレクチャーシリーズが続く。

東京で働いていたら全部参加したくなるような興味深い名前が連なる・・・知り合いの名前もちらほら・・・と目を下の段におとしてびっくり。

僕の名前がある! そういえば、AITの小澤さんから連絡があり、なんだかレクチャーを行うことを引き受けていたことを思い出した。

来年の2月のことなので、まだまだ先のことだと思っていたので、油断していた。 ・・・霞ヶ浦のアサザプロジェクト飯島さんとのクロスレクチャーとなる。楽しみ楽しみ。

a0010575_0463299.jpgで、もうひとつ東京都の封筒が・・・。おなじく東京文化発信プロジェクトのロゴマークがついているけど、これは森さんの部署とは別のところが行っている環境とかゴミとかがテーマの展覧会とシンポジウムの案内のフライヤー。

これも相当スマートなデザイン。

なるほど今月の28日からか・・・って、もうすぐですね。 そういえば27日に東京に行って搬入、設営でした。28日からわずかに一週間だけの展覧会。・・・もったいない。三ヶ月ぐらいやればいいのに・・・さすが東京、青山。

シンポジウムが31日でこれまた知り合いの顔もちらほら混ざっていて、楽しみ楽しみ。
by fuji-studio | 2009-07-25 23:48 | ご案内/Information
「かえっこについてかたる。」が出来上がりました。
今回の出張は長かった・・・。大阪から東京経由で埼玉の北本で一週間現場入りし、福島の会津若松経由で宮城のえずこから福島のいわき市をまわって東京へと戻る。

a0010575_015729.jpgで、数週間ぶりに家に帰ると随分前に入稿した「かえっこについてかたる」の本ができあがり、家に届いていた。


a0010575_02392.jpg途中、東京の浅井君の結婚パーティで水戸芸術館の竹久さんが印刷できたての本を一冊持ってきてくれたので見せてもらったが・・・あらためてじっくりみると・・・やっぱり、いくつか大変なミスがある。


a0010575_03425.jpgやっぱり印刷物というのは難しい。素人がつくるもんではないなー。

原稿を入念にチェックしているのだが、入念にチェックするがゆえに大きなところが抜け落ちていたり、間違っていたり・・・これまでも数々の失敗を繰り返してきた。


a0010575_033033.jpg今回は、「かえっこって何?」のページの記事を「全国かえっこマップ」から一部転載したのだけど、その出典をちゃんと明記しなかった。

おかげで、かえっこ事務局の藤容子が関係者に電話をしてひたすら謝っている。ごめんなさい。


a0010575_035144.jpg編集初期段階ではこの本の中でちゃんとかえっこ全国マップを紹介する予定だった。ところが、編集してゆくうちに編集の方向性も紆余曲折し、ページの余裕もなくなり結局紹介できなくなった。それで出典部分も消えてしまった。最初はランダムに誰の意見ということで肩書き記名入りで掲載する方向で動こうとしていたが、ずるずると時間が経由するなかで、読みやすさを重視して並べ替えてしまい、キーワードをバックにいれて、見易くしようとするうちにそれがなんとなくカテゴリー分類のようになってしまった。いや、ほんと編集って難しい。


a0010575_041831.jpg・・・とにかく、関係者には大変ご迷惑をおかけしました。

それにしてもかえっこ本の第一弾が完成し、少しはかえっこについて語れたかなと納得する。

このほぼ10年間蓄積したいろいろな考え方やノウハウをとりあえず吐き出してみた。

全部を語りつくせたわけではないが、かなり細かいところまで話したような気がする。

水戸芸術館とか各地の主要アートショップとか、かえっこ事務局とかで販売しています。
詳しくはこちらで。


これからかえっこを開催する人は必読。

これまでかえっこを開催してきた人にも是非読んでほしい。

かえっこに興味なくても、何かを行いたい、つくりたい人には是非読んでほしいな・・・と思うのは・・・僕としては、珍しいことだなー・・・。

・・・という一冊です。

よろしくお願いします。
by fuji-studio | 2009-06-09 22:26 | ご案内/Information
豊田文化フォーラムになぜか僕が・・・
名古屋から高橋さんがやってきて、豊田で行うワークショップと座談会の打ち合わせ。

高橋さんとは本当に久しぶり。

a0010575_23475194.jpg美術館が街に開きつつあるという話で、金沢21世紀美術館とか、豊田市美術館が、どのように街に開くか・・・の話をする・・・のかな。

なんとも興味深い二つの美術館の館長が集まる中で、なぜだか僕が美術館と街とのつながりについて・・・論じていいの?

話したいイメージは山ほどあり、数時間は話し続ける自信がある。・・・でも遠慮しとこう。時間もなさそうだし、主役でもないし・・・。

そういえば、僕は豊田市美術館でも金沢21世紀美術館でも展示室でまともな展示をしたことがない。隣接した街でだれかがかえっこならばたくさんやっているんだけど・・・。
by fuji-studio | 2009-02-16 23:46 | ご案内/Information
福岡でレジデンスしてのオールナイトトークご案内。
案内です。

a0010575_9243852.jpgなぜだか福岡で仕事をすることがない。

14年前の第4回福岡アジア美術展や12年前のミュージアム・シティ・天神がきっかけで福岡に引っ越してくることになった。

最初の3年間は比較的福岡で活動していたが、そのうち福岡はただ帰るだけのところになってしまった。

しかも最近はなかなか帰れなくなってしまった。

で、ついに福岡市の天神にアーティスト用のレジデンスができたとかで、1日だけだけど、福岡にレジデンスし、これから藤浩志が福岡とどのように関わってどんな活動をやりたいのかということを詰問されるトークイベントが企画されてしまった。

実は、この日は・・・この日ぐらいは家族で過ごさないトナー・・・と随分前から予定表に空欄として確保していた僕の誕生日。

まあ、誕生日に夜を徹して・・・(最近、お酒エネルギー注入→パワーアップ!・・・がないので2時までもたないと思うが・・・) これまでの10年の福岡での活動を振り返り、今後の10年の活動について語ってみるいい機会なのかもしれない。

詳しくはこちらでご覧ください。福岡市の中心部、天神に面白い拠点ができつつありますよ。



※写真は僕の人生を変えてしまった大きな場所。京都三条鴨川。来月オープンするギャラリーの打ち合わせのために現場に向かう途中、久しぶりにこの橋の上に立ってみた。
by fuji-studio | 2008-09-15 22:28 | ご案内/Information
eco japan cup もうすぐ締め切り
インフォメーションです。

a0010575_13161158.jpgそういえば、eco-cup japanの応募の締め切りがもうすぐです。
アート部門、興味深い作品が少ないと審査も面白くないので、是非面白い作品をご応募ください。


グランプリ100万円です。
準グランプリでも50万円が2本もらえます。

・・いいなー。出したいなー・・・。

写真はまったく関係ないのですが、スタジオで分類中のいらなくなったペンとか鉛筆とかの山。
これを使えるものと使えないものにわけ、わらに色事にわけ、ワークショップの道具とか素材にしてみる・・・・。
by fuji-studio | 2008-09-11 16:03 | ご案内/Information