社会システムとフォーマット
a0010575_11494824.jpg僕らが学生の頃・・・つまり80年代前半まではシステムとフォーマットという概念は一般的じゃなかったなぁ。

ハードとソフトといういわれ方が流行ったのが90年ごろだけど、OSとアプリケーションという概念はまだコンピューターの概念だった。

昔は記録メディアをコンピューターにインストールするとき、必ずOSに合わせてフォーマットするという作業があったけど、最近はフォーマットの必要のないものが増えてその概念自体が希薄になってきた。

・・・で、最近特にこのフォーマットという考え方が気になって仕方ない。ただし、地域社会の様々なシステムにおいてのフォーマットという考え方。

フォーマットというものが何を意味するかということを問題にしているのではない。

フォーマットがあることによって加速するナニモノかと同時に、それによって束縛されるナニモノかについて・・・

意味不明だが・・・気になっている。
by fuji-studio | 2009-12-23 11:49 | ・思索雑感/ImageTrash


<< きんかん 松ノ木との再会 >>