福岡での「カンガルー日和」始まりました。
以前、いろいろ考えるワークショップのためにつくった「考えるカンガルー」を、去年、韓国のLoop Galleryでの展示に出品したことがある。

a0010575_13162840.jpgこれは「かえっこ」で集まってしまう素材から作られる作品にならないかと試行錯誤しているうちにつくられたものなので、この春に出版した「かえっこについてかたる。」の本の中で紹介した

福岡でギャラリーをやっている友人がたまたまその写真をみつけていたく感動し、村上春樹の短編小説のタイトル「カンガルー日和」というフレーズを思いついたのだそうだ。


a0010575_13173620.jpgで、そのタイトルの展覧会が福岡のギャラリー「モマ・コンテンポラリー」で開催される。

もともとは被り物だったカンガルー作品
だが、ぬいぐるみ状態に仕上げて、ポケットの中ファスナーから山ほどのぬいぐるみを詰め込んでできた作品。


a0010575_1318432.jpg会場のカンガルーの向かい側には水都大阪での一緒に展示しているヤノベケンジの作品が・・・。

いろいろな人が動物をモチーフとした作品を出品していて、そのバランスが面白い展覧会。

そこになんと・・・


a0010575_13184524.jpg大学院を終了後はじめて行った個展のプランを描いた素描の作品が出品されていてびっくり。この、作品が描かれているベースになっている下地は、僕の大学院修士作品、「ゴジラとハニワの結婚離婚問題」で、その披露宴会場のバックのために、3ヶ月以上もかけて染め続けた青海波模様の60枚の屏風の一部。


a0010575_13193368.jpgおお・・・・!

自分でも忘れていた貴重品!

もちろん、他の屏風は全部行方不明だが、この一枚だけがドローイングの下地として残っている。


a0010575_1320181.jpgこのときの展覧会は、展覧会期間中、毎日毎日、一日何度も、がま君とかえる君の紙芝居を演じ続けるといものだった。そのときの会場のプラン図として描かれたもの。

かえるはここで初登場した。

これからバブル景気を迎えようとしている真っ只中の時代、周辺でバヒョバヒョとささやき続ける様々な業界の権威の甘い呼びかけの中で、まったく違う次元への飛躍を求めていたのだと思う。

僕の作家歴の中で最初のかえるの絵・・・だと思います。

作品タイトルは

「すてきな畑 はたらく僕 退屈な芋 飽きたけど そこでがんばれ 雨蛙」

うーん。さすがに青い。
by fuji-studio | 2009-09-05 15:21 | ■福岡での活動


<< 福岡アジア美術トリエンナーレで... 福岡アジア美術トリエンナーレが... >>