七夕伝説発祥の地、交野市の天の川でのデコポリ。
この9日間多くの人が関わり、それぞれの「思い」が繋がった結果としてこの風景が立ち上がったんだと思う。

a0010575_1119509.jpg
朝から体育館に教育委員会の人がトラック2台を持ってきて積み込み、天の川まで運んでもらい、下ろしている間に大雨が降ったものの、そこから晴れだし、10時半ぐらいから川に入って水の流れを楽しみながら4時ぐらいまで設営作業。


a0010575_11203076.jpg
東京から天野さんが撮影しにきてくれたり、いままで関わってくれた人が大勢応援に来てくれて、なんどか足を踏み外しそうになり、水を飲んでしまったけど・・・大きな事故もなくとても気持ちがいい状態で作業が進行。


a0010575_11205073.jpg周辺ではそれぞれのチームがそれぞれの灯篭飾りを並べているのでにぎやか。

小学生も大勢灯篭を並べに来てくれて、川の中の僕らに声援を投げてくれる。

水都大阪2009の中之島会場の現場も、週末ごとにいろいろな灯りのプログラムがある。


a0010575_186015.jpgそのひとつに博多から尾形君を呼んで、1998年に博多ではじめた手法の博多灯明も参加することになっている。

今回はその練習もかねて、紙袋の灯篭も並べてみた。


a0010575_182738.jpgこんなに設営環境がよくて、豊かな作業の時間はなかなかない。

夕ぐれとともに灯篭に灯りが入り、イベントは盛り上がり、身動きできないくらいの数万人の人がやってきて、・・・


a0010575_1873070.jpg途中、何かと話題の橋下知事も登場して会場は大いに盛り上がり・・・まさに祭り。

そういえば、橋下知事、「このペットボトルのドラゴンは中之島にも浮かぶんだろう!」と話していたな・・・。

どうなるのでしょ。無理しないでくださいね。


a0010575_18112353.jpgたとえば、市民が市民の手で地域の祭りをつくる。

そこに今回、僕らのように外部者が登場して、今までとは少しだけ違う視点でズレたチャンネルのことを行い・・・それがまた地域の人のイメージを刺激し・・・もちろん僕らも大きな刺激をうけ・・・そこから何かまた、予想を超えたファンタジーへと繋がるのがいい。

とにかく、・・・ああ、いい七夕の夜だった。

もっともっとできそうなところだが、このあたりでやり足りなさを残しつつ・・・次へ繋がるのを期待する時間もまたいい。
by fuji-studio | 2009-07-07 23:36 | ◎大阪・中之島での水都大阪


<< 天の川にかえる。 いいもの、いいところ、いいまち... >>