「うみかえる」の手付かずの部屋に手を入れる。
筑前深江海岸の海の屋敷を「うみかえる」と呼び始め、しっかりと「かえっこ事務局」としての仕事も定着し、動き始めてきた。

a0010575_155461.jpg郵便ポストもしっかりと・・・もともとここに転がっていたプラスチック製の犬小屋ですが・・・とりつけて、それなりにだんだんと整備されつつある。

運送屋には便利なところなので集配所としては最適かも。


a0010575_20057.jpg細かい素材の分類のビンも養鶏場のスタジオから移動してきて、床の間に飾ってみる。

以前よりコンパクトにまとまって分類しやすい。


a0010575_205520.jpgそして、いよいよ、まだ手付かずだった離れのような客間のような・・・とにかく一番海に近い部屋に手を入れてみる。


a0010575_214776.jpgもともと住んでいた人の道具で埋まっていて、ほこりだらけで・・・天井がやたらと重そうに落ち込んでいて、部屋の真ん中に太い柱を無理やり立てて支えていたが、それをはずしてみると・・・


a0010575_225265.jpg一気に天井にたまっていた土が・・・どさっと落ちてきた。

もともと昭和4年につくられた土壁、土屋根の木造家屋。

松林の中の海風の強いところに建てられた家なので、長年の間、隙間から風が吹き込むたびごとに壁の土を吹き飛ばし・・・とにかく天井裏に相当量の土がたまっている様子。




a0010575_232576.jpgその土をまとめてみるとなんと30kgは入る土嚢袋8袋ぐらいの土。

少なく見積もっても、200kg以上の土壁の土が天井裏に溜まっていたことになる。

なんとも危険な状態だったな。


a0010575_23538.jpg土ぼこりにまみれて、掃除してゆくと、相当きれいな部屋になりような気配が見えてくる。

この部屋、面白く手を入れてゆきたいなー・・・。
by fuji-studio | 2009-06-18 23:45 | ◎福岡・筑前深江での活動


<< 墓 水都大阪かえるチームのミーティング。 >>