シャンデリーついにその場に出会う! 
シャンデリー。

ペットボトルでつくった飾りを既存の照明に取り付けるだけで、なんとなく豪華になる。

a0010575_10583544.jpg今回、照明に対してシャンデリアのような飾りをつくるふるまいのことをこのように呼んでみた。

作品名称でありながら、物の名称ではなく、行為・・・というか、ふるまいとそれに関連するツールにつけられたタイトル。

・・・ということにしておこう・・・。


a0010575_10593349.jpg今回は新作を作る予算と時間がまったくなかったし、またそんな類のプロジェクトでもないので、数年前に制作したペットボトルの飾り作品、シャンデリーをまちに飾ってみることにした。

ちょうど今回のプロジェクト拠点を借りている商店街の照明がやたらと気になり、そこに何か関わりたいと思ったことがきっかけ。

数十年間、あまり手を入れられていなくて、しかし、とても美しくて・・・。そこを注目してもらいたかったというのもある。

それとサンタフェオペラの駐車場で行ったシャンデリーが面白かったので日本のどこかでもやりたいと思っていた。

で、福岡の倉庫に眠っているペットボトルシャンデリー。もともとこれは北九州に大型ショッピングモールができたときにそこのクリスマスデコレーションとして依頼されて制作した33ピースからなるもの。当初、直径15mほどの吹き抜け空間に吊り下げて展示された。

その後、練馬区立美術館BankART1929世田谷キャロットタワーにも展示したことがあるが、商店街の既存の照明に組み込んで展示する方法は以前からやってみたかったけど、なかなかいい場との出会いがなかった。

a0010575_1103153.jpg
そして今回の新世界市場とシャンデリーの出会い。

サイズも光の明るさも、驚くべきほどジャストフィット。

夜7時以降の商店街が閉店してからあとの静かな場は、まるでこのシャンデリーの為にある展示空間のよう。

それにしてもこの風景、こみ上げてくるせつなさがある。

こんないい出会いができるなんて、・・・まちは劇場・・・というか閉店後の街は実は上質の展示空間なんですね。

しかし、こんなことができるまちはそうたくさんはない。

これも今回の企画を行っているブレーカープロジェクトのスタッフとまちの人との信頼関係の賜物。

本当にありがたい。
by fuji-studio | 2008-12-10 23:33 | ◎大阪・新世界等での活動


<< 新世界・山王・飛田・太子 まち... まちが劇場準備中の準備しています。 >>