Happy Forest 制作の幸せな時間。もうすぐ時間切れ。
今日もまる一日、水戸芸術館のギャラリーにこもり、空間の制作。

ああ、楽しい。楽しい。

a0010575_2112573.jpg
今日は一日ほとんど床のおもちゃ並べ。

しかし、よくまあ、これだけのおもちゃが集まったものだ。

しかもちゃんと分類できていて・・・容子さんと御田さんやちいちゃん、これまで分類を手伝ってくれた多くの人に感謝。あ、そういえば、地元の中学生も大勢でやってきて分類してくれたとか。ありがとう。おかげでこんなふうになりました。

ここにあるおもちゃはこの約3年間の「かえっこ」で集まったおもちゃ。全国からあつまってくる「かえっこ終了後」のおもちゃの箱をあけて次に送の「かえっこ会場」に送り出すために分類するとき、余剰なものとして集まってしまうおもちゃ。

かえっこを繰り返して開催している人ならばこれを一目見るとピンと来る。


a0010575_2122744.jpg
いったい日本全国、いや、全世界でいったいどれだけのこのようなファーストフードおまけ系・・・略称Happy系・・・のおもちゃが生産されて消費され、廃棄処分されているのだろうかと考えるとぞっとする。

今の時代を象徴する証拠品として1000年単位で本気で残してみるのはどうだろうか。

1000年後の人たちはこの証拠品をどのように見て、どのように分析し、どのようなことを読み取るのだろうか。


a0010575_2134020.jpg
それにしても、今回の展覧会の出品メンバーがとても興味深い仕事をする人ばかりなので、現場がとても幸せ。

いつもは皆忙しい人ばかりなのでほとんど会えない人ばかりだが、今回は休憩所に行くと会える。

興味の質や方向性が似ている人が多いので一緒にいるだけで幸せな気持ちになれる。

これはこのようなグループ展ならではの楽しさだな。

本当に楽しませてもらっている。

たまにはがっつり空間をつくるのも悪くないなー・・・。
by fuji-studio | 2008-10-24 02:29 | ○デコポリ・ビニプラ系活動


<< 水戸芸術館の展覧会がはじまりました。 ストラクチャル・アート? >>