照明もないし、壁も小さな通路・・・。
a0010575_14113733.jpg基本的に外でのプロジェクトを行っている作家に対しては展示室内の展示空間は用意されていない。

だから、ほとんど薄暗い非常通路の入り口が僕の記録の展示部屋。


a0010575_1412424.jpg当初、記録映像でも編集して設置するのだろうと考えていたので暗くて小さいところでもいいよという話になっていた。

でも素描を展示するとなると照明ぐらいはほしい。

でも、もう予算も時間もないのだとか・・・。


a0010575_14134395.jpgとりあえず、ギユーッと詰めて展示するしかない。

それぞれの作品をだれが制作したのかというリストが当然のようにあるものだと思っていたが、そのリストがなくて、・・・制作者名のリストと作品マップが必要であるという認識がまったくないのだと思う。


a0010575_14164640.jpgなんでそういうものが必要なのかというような扱いをうけながらも何度も説明してようやくつくってもらう。

なんでこんなことに説明が必要なのだろう?・・・何故?

結局、制作者名がわからないものも多いけど一応できるだけ制作者名を書き入れて、展示された現場もマップも制作し、それを会場にピヨロッと貼る。

・・・で、一応、どうにか展示終了・・・。

・・・と思いきや・・・まだドローイングしていない子どもの作品が15点ほどあることが判明・・・。

今晩と明日の朝の仕事ができてしまった・・・。
by fuji-studio | 2008-06-18 22:25 | ■サンタフェビエンナーレ


<< 新聞の折込冊子の表紙に! 一日中80枚のドローイング・・... >>