マイケル・リンの壁画完成
僕が暮らす地域、福岡県の糸島地域。

その昔は伊都国という地域と志摩国という地域が海を隔ててあったのだとか。

a0010575_22453757.jpgそのエリアに九州大学の移転が決まって工事をはじめてみると、古墳群や古代の製鉄関連施設跡がぼこぼこ出てきて大変だったとかのうわさ。

僕が引っ越してきた10年前は福岡市郊外の単なる田舎で、どちらかというとリゾートエリアだったが、10年で学研都市になるとは夢にも思わなかった。


a0010575_22461438.jpgそういえばマイケルが福岡に来たのが9年前。まさか10年後にこの地域にマイケルのこのような作品ができるなんて夢にも思わなかった。だって、当時はただの山でしたから。・・・

2週間ほど前から取り掛かっていたマイケルの作品の壁画が本日完成!

マイケルがやってきて、作品の前でインタビューと記念写真。


a0010575_22465025.jpgそういえば99年の第一回福岡アジアトリエンナーレの招待作家のうちの数名を家の近くの海沿いの露天風呂に連れて行って、そのあと家で宴会したことがあった。

マイケルも一緒だったが、インドのスボードとか中国のシュ・ビンとか・・・今となっては世界的に有名な作家になっているらしい。 そういえば、あのときは日本の小沢君も一緒だった。

最近は特に日本の作家よりもアジアの作家のほうがなぜだかもてはやされて、皆お金持ちになっている様子・・・って・・・日本もアジアなのに、日本人作家は有名でもお金持ちは少いのは何故だろう。・・・あ、僕の周りに少ないだけですね。はい。

お金と関係ない仕事をガンガンやってしまうのと、ちゃんとしたマネジメントをできる人がまわりにいないんですよね。はい。


a0010575_22471662.jpgそうそう。先日も紹介しましたが、マイケルが99年に福岡で行ったプロジェクトで使った台湾ビールの空き瓶、その後僕の素材コレクションとして保管された後に2004年にCROSS?の作品になりました。左がその写真です。

鹿児島のe-terraceのエントランスにゴンと無造作におかれています。

マイケルにこの写真見せたかったな。

制作に関わったみなさん、お疲れ様でした。彼らは今度は十和田の現場へ・・・かな?
by fuji-studio | 2008-02-09 22:48 | ■福岡での活動


<< 毛布担架リレーの為のカエル! お!1000件と10万アクセス。 >>