プラコンバ! ちょっと展示してみています。
いらなくなったおもちゃの中でもさらにいらなくなったおもちゃ類。

スタジオに全国から集まるいらなくなったおもちゃ類のさらにいらなくなったおもちゃ達。

大きく分けて3種類

1、壊れていたり、半端になってしまったおもちゃ。
2、あまり欲しくないのに手に入れてしまったぬいぐるみ。
3、ファーストフード系の店で大量にもらってしまうキャラクター類。

a0010575_06218.jpgこの夏は集中的にこれらの素材をどうにかしようとするデモンストレーションを篠山、横浜、北京で行う。

1の小さな破片は「夢の鳥」へと変換。

2のぬいぐるみは裏返したり中身を解体したりして素材に。

3のHappy系のキャラクターはとりあえず花輪状にして・・・それが上の写真。

で、1の壊れたおもちゃ類でも特に大きい破片のものをどうにもできないでいた。


a0010575_06193.jpgこの夏新しく試作したのがこの「プラコンバ!」

僕は搬入、展示に参加できなかったが、現在福岡県の古賀市にあるエコロの森という清掃工場の中の展示室で開催中の「Arty Party」の展覧会にひそかに出品されている。

展示をしてくれた田中ちいちゃんから記録写真が届いた。 


a0010575_071399.jpgなかなかすっきりとした展示。

これまで本当に邪魔で仕方なかった素材がここでは山ほど必要になり、これを組み合わせてゆくと面白い空間ができそうだ。

ああ、もっとたくさん作りたくなる。

上の写真のプラコンバ、今のところ900mm角のモジュールで制作しているのでこれが増殖されてゆくと数年後にはすごい空間ができる。

今はホットボンドで接着しているが、何かいい接着剤はないものか・・・。

どなたかいい接着方法を知っていたら教えて下さい。
by fuji-studio | 2007-07-31 00:08 | ○デコポリ・ビニプラ系活動


<< 広島県灰塚大橋の欄干作品「ハイ... 深江神社の夏越祭での千灯明 >>