福岡アートリエでの打ち合わせ。
福岡での活動が久しくなかったが、この2月から3月にかけて久しぶりに展覧会を行うことになった。

その打ち合わせで中洲川端の駅に隣接する博多リバレインの地下2階のアートリエに。
ほんとうは福岡でがツン! ということやりたいのだが、時間と予算の確保が至難の業。

ということで、がツンおいうことはないけど、じわーっとじわじわしたことをやることに。

ドイツとか横浜とか鹿児島とか神戸とか大阪では少々やってきたがちゃんとした形にしていなかったビニプラ系のおそらく最終展開形

useless selection

2月20日展覧会スタートで3月17日がトークセッションとパーティ3月末まで。詳しくはまたいづれ。

で、打ち合わせしていたらついでに明日から始まるというクリスマス展覧会に何か販売できるグッズ系はないかと相談をうける。

で、自宅に帰り倉庫をごそごそとやりながら昔の作品のパーツだったりグッズだったり在庫のなかから適当にセットにしてお得価格で販売することに。


a0010575_11181239.jpgまず1991年から95年ごろまで行っていた「お米のカエル」の記録DVDと当時のおにぎりカエルの目の為に特別に制作したガラス球のセット。
これはお得!

a0010575_1175859.jpgおっと!これは1992年の青山スパイラルガーデンでのジャパンアートスカラシップでグランプリを取り1000万円の制作費用を獲得したプレゼンテーションの模型の為に作られた戦闘機の十字架の模型。それに福岡市美術館が制作したフジヒロシカタログもセットでなんとお得! これはありえない!


a0010575_11103665.jpgあの伝説の「福岡かえる展」の為に制作したけどまったく売れなかったカエルのTシャツに、 青森県の十和田市でのかえっこのデモンストレーションを行ったときに南條事務所が制作したプレミアムカエルソフトバッジのセット!


a0010575_1121295.jpg最後は都城で行った「ヤセ犬の物語の募集」での入賞作品をつづったブックレットに霧島アートの森のレストランのお母さんがどうしても作りたいという話で勝手に・・・いや、厳密には「勝手に販売してもいいですよ」と許可したのですが・・・制作して販売している霧島アートの森の犬に似てもにつかぬくろ犬ストラップ!

ということで、在庫処分価格で販売していますので福岡の中洲川端のアートリエで・・・。
by fuji-studio | 2006-11-15 10:53 | ■福岡での活動


<< 駅一番乗り 作業場での仕事 >>