useless selection ってどうだろう?
a0010575_1014932.jpgこの数日、僕の廃棄物のコレクションに呼び名をつけようと考え続けてしまっている。
こうなってしまうとだめだ。脊髄あたりにこびり付いてなかなか離れてくれない感覚。

こうなってしまうと、どうにか形にして体の外に出さなければずっとそれに捉われてしまう。
しかし、体から外に出したら出したで、今度はそれを抱え込みまた動かなければならなくなったりするが・・・。

長い場合は数年にわたりこびり付き、早いものでも数週間はこびり付く。染み出てくるような感じ。

きっかけは先日skyjackのメンバーが屋上にカフェをつくるということで、作品の為の素材をうちのスタジオに探しにきたこと。かれらの表現活動に僕のコレクションの廃材が使われるというありがたい事態に対して、じゃあ、その素材に名称をつけようか・・・というところからはじまり、僕の頭の中ではその延長にある僕の活動のベクトルをぐるぐると考えてしまうようになった。

もうすでにビニプラやポリプラを超えた全素材のコレクションについてのネーミングなので、今までのビニプラコレクションとか、ポリプラネット系ではいけないし、コレクションというもの僕の中では使い古したのでちょっとしたズレが欲しいところ。

コレクションを整理していてこれらはある種のエレメント(element)なのかなと思うようになり、eleの重なりからuseless elements selection になり、今日アートリエで友人に相談してuseless selectionがいいのではないかと。

・・・もうちょっと熟成してみよう。

・・・最近本当にいやになるぐらい未整理でゴミ化してきたので、ここいらでひとつ高級ブランドにも匹敵するような名称でもつけてやらないとやってられない。

単に素材を提供するだけの表現。
by fuji-studio | 2006-02-25 00:15 | ・思索雑感/ImageTrash


<< ほぼ1年ぶりに地震災害あとの修... ロンドンのテムズフェスティバル... >>