かれこれ10年前のイメージの再現
a0010575_1016353.jpg韓国のソウルから少し行ったところの安養というリゾート地(?)で越後妻有のようなアートプロジェクトを行うということで韓国の知り合いのディレクターから連絡をもらっった。時間がないので徳永君に下見に行ってもらい、現場の調整をしてもらうことになったが、とにかく何らかのプランがほしいとのこと。うーん、10月実施のプロジェクトについて今そんな状態なので時間をかけて現場でじっくりかかわりながら考える余裕はなさそう。とりあえず、10年も前にイメージした川のカエルのプランをアンケート調査を行うという今興味を持っている手法と組み合わせて提出してみる。・・・でもやっぱりこれってマンネリ? しかし、1996年当時に考えていたプランというのをほとんど何も実現していない自分に気づく。カイトプランとか10年かけて行おうと思っていたプランが10年経とうとしているのになにも現実のものになっていない。発想力もイメージ力も反発力も抵抗力も衰えてきたのかな? いや、そうそう。枯れながらもじっくり作り出すような仕事を目指したいと思っていたんだった・・・。忘れていた。でもこのままではただ枯れるだけ・・・はあ・・・。
by fuji-studio | 2005-07-05 10:34 | ・思索雑感/ImageTrash


<< 雨漏り時のビニプラの饗宴 李文ではないイエローマンの即興劇 >>