粉砕ロボ、炭焼きロボ、鋳造ロボの合体ロボ?
a0010575_12381995.jpg地元の青年会議所主催(?)の地域活動で、数ヶ月にわたり竹炭を作って川に敷き詰め川の浄化をしようというプログラムに子ども達が参加している。いつもは出張と重なって参加したことがないが、たまたまの休日だったので竹切りと竹割り作業に参加することに。近所の小学校の横の竹林から竹を切り出し、小学生が枝を落とし、中学生が中心となり竹を割る。
a0010575_1239182.jpgはじめはなんとなく保護者モードで眺めていたが、相当な量の竹を割ることになってきたので手伝ってしまう。用意されたナタが小さいために余計な力が必要。で、思わず没頭。ふと気づいてみると相当な運動量。スクワット何百回の状態。炎天下での慣れない運動にのどが渇き、脱水状態、筋肉がぴくぴくしている。
a0010575_1240298.jpgやばい。あわてて休んだが手遅れ。その後ひどい筋肉痛で動けなくなる。ところで、竹の枝を落としたやつを粉砕するトラックがあり興味津々。後ろから竹を飲み込みがががーと竹をくだく。おそらく砕いた竹は竹林に? これ、トラックごとロボット風にデザインしなおすと相当いい地域活動密着型のパブリックアートになるなー・・・と取手の椿昇の炭焼き釜「カマゾウ」を思い出しそれとの合体ロボをイメージする。
どこかで実施できませんかね。そういえば田川の母里さんが提案していたアルミ缶を溶かす鋳造釜の車の案もあったなー。鋳造ロボットもいいなー。こんど取手のフォーラムにゆくときに椿さんと合えるので話してみよ~っと。
by fuji-studio | 2005-06-18 12:37 | ・思索雑感/ImageTrash


<< ひさしぶりの絵に描いたような休... YS11に乗ったんだった! >>