藤森八十郎の「超訳 びじゅつの学校」
考えてみると、十和田市現代美術館に赴任して、美術館のブログを書かなければならないとなったときから、ブログへの書き込みの興味が失せた。 今は企画展、「超訳 びじゅつの学校」のブログサイトもあり、なんだか「書かなければならない」ものがたくさんあり、…結局できていないのだが…ふと気まぐれに、自分の古巣に戻ってきて書き込む安心感を味わってみている。

a0010575_2152756.jpgツイッターの利用に連鎖してfacebookの利用が始まってからブログへの書き込みへの関心はなくなった。しかし、やはりまとめてちゃんと記録したいとき、このページに戻るのもいい。


a0010575_21531098.jpg今日、瀬戸内国際芸術祭のオープニングの招待状が届き、2010年の夏の瀬戸内、豊島でのプロジェクトの連鎖の結果、ここ青森にいることをつくづく不思議に思う。


a0010575_21523815.jpgそもそも豊島でのプロジェクトを志し、宇野澤君とはじめたのが藤島八十郎。

藤島八十郎のプロジェクトはかなり面白く展開しそうな予兆の真っただ中で、急遽 八十郎が旅に出ることになり、中断している。 (あくまでも中断で、まだ藤島八十郎は旅の途中で行方不明なのだとか。)


a0010575_21541321.jpg本当ならば今年の瀬戸内に帰ってくるとよかったのだと思うが、世の中そうはうまくゆかない。・・・というか、どうしてもストレートに歩くことを避けてしまう。

なぜこんなに歪まなければならないのか不思議に思うが、歪み、ズレ、ねじれる方向に進もうとする性質がある。


a0010575_2155787.jpgとにかく、藤島八十郎は今年の芸術祭には登場せずになぜだか関係あるのかないのか…青森で藤森八十郎とという架空の存在が動き始めている。

物事は思わぬところで思わぬ形に予期せぬ形に連鎖するのが興味深い。


a0010575_21553152.jpgまさか、青森の十和田で藤森八十郎が登場するとは。しかもしつこく今年の空きには瀬戸内国際芸術祭を狙い撃つ十和田奥入瀬芸術祭のようなものを起動させるのだとか。どこまで歪んでるんだろう。


a0010575_2155595.jpgとにかく、藤森八十郎…どうなることか。
藤島と藤森、ややこしくてごめんなさい。しかしおそらく彼らは他人です。

そして…びじゅつの学校のブログ、お楽しみください。

http://towadaartcenter.com/blog/choyaku/

写真と関係あるかもしれない記事 http://geco.exblog.jp/6106386

http://geco.exblog.jp/11394385/
by fuji-studio | 2013-02-27 21:56 | ■青森&十和田での活動


<< 十数年使ってきたgeco.jp... 青い森のちいさな美術部、動き始... >>