ブログ1年うーん、すごいかも
a0010575_10325450.jpg今日から3月、このエキサイトのブログを利用し始めて1年が過ぎる。エキサイトがブログのサービスを始めたのが1年前の2月からというので、サービス開始1ヶ月後からはじめたことになる。とりたててそれほど意味を感じているわけでもなく、日記をかく習慣もなく、なんとなく新しいもの珍しさにはじめてみたが、どうだろうか。周辺でどんどんブロガーが増え始め、彼らの日常と意識を共有しはじめ、なんだかすごいかも。BBSを使い始めたころ、2000年の1月、だれも来ないBBSの空間で一人佇みひとりごとをしゃべっていたりした。誰という相手もいずに、人に言えないことを一人書き込みどきどきしていたのが懐かしい。もちろん、サイトにリンクした時点でこれらの書き込みは消去してしまったが。BBSでは表面の会話や挨拶程度になりがちだったが、ブログでは結構自分自身に突っ込むところもある。基本的に一人の空間で自分の内側に向かいつつ書き込むので、通常の対話と少し自分自身のチャンネルが変わる。最近はmixiとの連携で友人の日記が更新されているのを知ることができるので、mixi&blog等のツールでリンクされている人の日常は一緒に暮らす家族の日常や、近くの友人、あるいは一緒に仕事をする同僚の日常よりも近い。不思議なことになってきた。

新しい人に出会う時もある人のことを知りたいときもこのツールにつながっているかどうかで理解度が変わる。これまでのウェブサイト上のホームページではその人の表面的なある面しか見れない場合が多かったが、ブログを続けている人についてはよりその人の内面に近づくことができるような気がする。そしてなによりもリンクしやすいところがすごい。トラックバックシステムなんてよく考えたものだ。

もちろんひとつの情報のツールとしての可能性でしかないが、人がその本人を表現するツールとしてますます興味深くなる今日この頃。来年にはもっと違うツールを使っているのかな?
by fuji-studio | 2005-03-01 10:40 | ・思索雑感/ImageTrash


<< 市民放送局の意見交換会 藤枝守さんとのカオストーク >>