クスタケシを演じることでクスタケシの工房という場をつくることになる。
埼玉県の北本市の雑木林に魅かれて北本氏にやってきた架空のB級動物彫刻家クスタケシ。

a0010575_11592465.jpg彼が雑木林に隣接する一軒家の納屋に間伐材を使って動物をつくる工房を作ったとの設定で彫刻をする。


a0010575_11535620.jpg雑木林に落ちていた間伐材を利用して、いかにもつくりそうな動物を数点制作する。

そのプロセスの結果…納屋には、木彫の為の道具や材料がそろってゆくことになる。


a0010575_11544015.jpgそれを収めるところを…やはり間伐材の枝で作りたくなる。それがなんとも楽しい作業。いままでもそちらに力を入れてきた。

僕の場合…作品を作ること以上に作品を作る環境をつくることに執着する性質がある。

彫刻はそれなりに作るながら…切れ端の枝を繋いで作業がしやすい空間を作ってゆく…その作業に数日没頭する。


a0010575_11552194.jpgその工房を…雑木林の枝に
興味を持った人が自由に使える木工の部室…クラブルーム的なたまり場にならないかなと考えながら制作する。

今後の活動で行いたいことはこの「部室」的な半分オープンな…しかし個性の充満した活動の為の場づくりだと確信している。それをどのような仕組みに組み込むのかが大きな課題。


a0010575_11563930.jpgクラブルームというと更衣室的で汗臭そうだし、クラブハウスというと高級感が漂い、なんだかその間のいい言葉が欲しい。

クラブボックスという呼び名を大学時代は使っていたが…このあたりが検討しどころ。


a0010575_11561311.jpgどちらにせよ、その空間をつくる為に活動を行い、実際に制作しながら結果として空間ができてゆくというプロセスが重要な気がする。


a0010575_11575358.jpg様々な地域に絡む活動に参加し、一緒に活動することで結果として空間が作られ、その空間をどのように開いてゆくのかのシクミをつくることが課題なのだが…北本ではこのシクミまで考えれる余裕がない。


a0010575_11583273.jpgとにかく、雑木林の枝がとても魅力的であり、可能性と期待が大きいことは確かで、その枝は生活の中からとても遠いところに行ってしまった地域社会であることも確かですね。

by fuji-studio | 2012-02-04 12:06 | ◎埼玉・北本ビタミン


<< 北本の雑木林でのクスタケシの展示。 AAFSchool AAF10... >>