北九州でのプレゼンテーション
北九州での活動の為のプレゼンテーション。

a0010575_145126.jpgこの活動のフレームは少し珍しい。アーティストがアイデアや手法、あるいはシクミ・ツールを興味のある人に提供し、主体的に参加する人が作り手、活動の担い手となりなんらかのアーツな活動をしかけてゆくというフレーム。


a0010575_1453159.jpgテーマはart for share

数年前からNPO法人 創を考える会・北九州が毎年企画している「街じゅうアートin北九州」の企画内容をアーティスト主体の活動から市民主体の活動へとシフトさせての企画。


a0010575_1455114.jpg
仕掛けているのは元、北九州市美術館の学芸員の花田伸一。

今はフリーのキュレイターとして北九州をベースに活動しながら今年からこの事務局にも参加している。


a0010575_1461459.jpg「街じゅうアートin北九州」のネーミングは問題があると思うが、花田君のやろうとしていることには共感する部分もあり…むしろこのような地域実験には相当興味がある。


a0010575_1463920.jpgということで、なんだか意味不明のプレゼンしていないようなプレゼンテーションを行った後、北九州の商店街を巡る。


a0010575_146562.jpg北九州では何度も仕事をしたこともあるし、もちろん何度も通っているが…街とがっつり組んだことはない。


a0010575_1472240.jpgそれどころか、北九州という大きな地域以前の地域、門司、小倉、八幡、黒崎、折尾などの街を俯瞰するように廻ったことはなかった。


a0010575_1474383.jpg一日だけのブラウズだったが、やはり北九州は深い。歴史的時間軸の深さではなく、近代においての質量の深さが深い。


a0010575_148046.jpg
これは大変だ!

しかし…避けて通れないな。


a0010575_1483120.jpg

a0010575_1485485.jpg
by fuji-studio | 2011-09-18 22:07 | ●北九州での活動


<< くい打ち工事がはじまりました。 えずこと遊ぶ日! 放射能を吹き... >>