天神橋の下の白龍登場!
前回東大阪の石切の明治大理石工場で制作していた青森ねぶた「天神 菅原道真」の廃材の龍。

a0010575_052619.jpg3日前に明治大理石が大阪中之島の天神橋の下に搬入し、その現場での設営作業が始まる。

なんとここは去年の夏、ほぼ2か月間毎日通った「かえるシステム」の現場。 まさにここに「かえる工房」があり、ドラゴンヘッドのペットボトルのボートが設置され、トイザウルスを産み出した現場でもある。


a0010575_0533265.jpg台風の到来を経て閉幕した水都大阪2009から15か月…。

かえるシステムはズレながらもしっかりと連鎖して、青森ねぶたに僕なりの関わり方をして、その廃材で「天神 菅原道真」を大阪の「天神橋」の下に出現させることができた。

昨日より明治大理石の丸玉石を貼り付ける作業をおこなう。


a0010575_054668.jpg木材の強度と玉石の重さと、全体的な見栄えのバランス…

今回の作業をツイッターでなんとなく呟いてみたら、京都からライターの仕事をしている阿部君と…なんと。高松から強力な助っ人Wさんが登場!

おかげで予定よりも順調に作業が進行しました。ありがとうございました。


a0010575_0582422.jpg作業をしながらポツポツと話す時間はとてもいい時間で、その中で「作品の仕上がりはどうやって決めるのか?」という鋭い質問が。

作品を仕上げることが苦手な僕としてはとてもするどいところを突かれた感じ。

いつも時間に追われて制作し、時間に追われて設営し、常に時間切れであきらた瞬間が結果的な終わり…と説明しつつ、実はあまり考えたことがなかった。


a0010575_0585265.jpg何かイメージが立ち上がる瞬間に感情的な盛り上がりがあるのは確かだし、その立ち上がりつつある「やせ犬が猛然と走り出す状態」を作り出すことが僕にとっての究極の作業だとすれば、その作業から解放される瞬間…かなりじわーっとした瞬間が確かに存在して、その時間はえもいえぬ放心状態にある…のも事実。


a0010575_164984.jpg自分自身で認識したことはなかったが、ちょうど前日3331で現在展示されている日比野さんの展覧会の中のフランスのホテルでの作品についているテキストを読んで、やたらと共感していた自分を思い出し…

イメージが立ち上がってくるピークがあるのと同時に、それから解放される瞬間に、実はえもいえぬ解放感…どちらかというと溶けてゆく感じ…の状態にある自分に思い当たった。


a0010575_0572641.jpg同時にそれは醒めてゆくかんじだったり、切れてゆくかんじだったり、がんがん盛り上がりつつある状態から解放される感覚…

「もういいか。このへんで許しておこう」というかんじ

やりだせばきりがなく、やればやるほどダメになってゆく現実も知っているので、実はその離れ際がとても大切だとは知っていながらも、その離れ際の感覚の大切さを自覚したことがなかった。

・・・

とにかく、中之島の白龍は…手から離れました。

12月11日の夜から25日の夜まで大阪の中之島の天神橋の下に展示される予定です。

しかし、ここまでカエルシステム引っ張ってくるとは…
by fuji-studio | 2010-12-08 18:04 | ◎大阪・中之島での水都大阪


<< eco product と e... 氷見のアートセンターでレクチャ... >>