サンディエゴ美術館での展覧会
a0010575_10195089.jpg本来、11月のはじめにも展示の為に行き、オープニングとかシンポジウムとか招待されていたが、結局今回、ワークショップを行い、向こうの展示のスタッフにドラゴンの組み立て方とかおもちゃの並べ方とか細かい指示を出して展示してもらうことで、勘弁してもらうことになりました。
ところで、この展覧会、[past in reverse]というタイトルで、主に東南アジアの作家を十数名扱った展覧会。日本からは後輩の高嶺格(たかみねただす)君など数名出品予定。

ちなみに写真の壁に囲まれたところが僕の空間とか。最近の美術館は展覧会の為に新しい壁を作るのが主流。ちょうど壁を作っている最中でした。僕はこれがどうにもなじめない。面白くない。どうしても外の空間を志向してしまう。空間の属性からイメージをつくる癖が身についてしまっている。 まあ、それはいいとして、ちなみに僕の空間の真向かいが台湾の作家、福岡トリエンナーレのとき家にも来てくれていっしょに温泉に行ったマイケル・リン(Michael Lin)、ドハデな柄の床が手前に来る。僕の左どなりがやはり福岡ゆかりの中国の作家サイ・ゴウ・チェン(Cai Guo-Qiang)、空に飛行機の煙で滝の絵を描く巨大なドローイングが来るらしい。彼とは鹿児島で焼酎をのんだことがある。うーん、派手なせめぎあいの空間になりそう。ぼろぼろに汚れて使い古されたドラゴンとやせ犬とかえっこのおもちゃ、それにメキシコの子ども達の作品、がんばれ!負けるな!

展覧会については
http://www.sdmart.org/exhibition-past-reverse.html
しかないのかな?
by fuji-studio | 2004-10-05 10:45 | ■海外での活動


<< 久々の楠丈(くすたけし) 新聞記事 >>