ねじとか針金を抜き取った木材を長い順に並べる作業
青森ねぶたの廃材からねじや針金を抜き取り、端っこの割れているところを切り落とし、長いもので2.5m、短いもので、10cmぐらいの木材の破片がざっと数えると1000本ほど収穫できた。

それを長い順に並べる作業を続けているが、やたらといい音がするので、思わずiphoneで動画撮影をしてみる。

ただ作業している状態を撮影しただけの無編集、無加工の記録映像です。



国際芸術センター青森のギャラリー空間がコンクリートで覆われた長細い安藤建築の空間なのでやたらと音が反響して通常は話がしにくかったり、音が聞こえにくかったり、空気がよどんでいたり、湿気が多かったりといろいろ問題があるのですが、唯一誰もいない空間でこのような作業の時だけ、楽しめます。
by fuji-studio | 2010-09-08 22:05 | ■青森&十和田での活動


<< 青森ねぶたのありえない連鎖は大... S/N記録映像の上映会とトーク... >>