新しい場とか機能とかステークホルダーの拡がりによってなされるシステムの更新
地域の疲弊感。そこからどうにか脱しようと右往左往している地域は多いが、それが貨幣経済ベースの考え方から抜け出せなかったり、いまだに「活性化」というお題目に惑わされていたり・・・発言力のある大物に翻弄されていたり・・・なかなか難しい地域と接することも多い。

a0010575_8575710.jpg地域だけではなく、個人が運営している組織や団体、あるいは家庭の中でもそういう感覚はあるかもしれない。

とにかく、疲弊感というものをじわっと払拭する価値の転換が必要だということを・・・自分を含め・・・当事者が一番気づきにくいのかもしれないなぁ。


a0010575_8583272.jpg表現活動に関わるシステムの話になると思うが、いくら個人が自分の日常を超えようと表現活動を重ねてみたところで、その表現行為をちゃんと起動できるシステムとフォーマットに出会わなければなんでもない。

いくら素晴らしい表現行為や意識であっても、社会化というプロセスに無関係であれば、周辺に知れることもなく、興味を持ってくれる人に出会うこともなく、批判してくれる敵と戦うこともなく・・・存在すらしないことになる。


a0010575_8592654.jpg生物の遺伝子ですら永遠に変化し続けるわけだから・・・もちろん時代を超えた完璧なシステムもなければ、完璧なフォーマットもないということを前提とすると・・・、当然、だれもが表現行為の社会化の段階で、なんらかの不完全なシステムに関与することになり、その上で自分の表現行為を客観視することになる。


a0010575_90233.jpg「モノゴトの価値は「誰と」対峙するかで変わる。」という視点でとらえると、特に、そのシステムがいかなる人や企業、組織などに繋がっているかなどの、いわゆるステークホルダーの違いが問題になってきて、それが個人の表現行為をどのように展開し、予期せぬ方向に連鎖させ、その行為のあり方を変化させ、あるいは加速させるのか・・・に繋がっているということが重要であることは・・・いまさら言うまでもない。


a0010575_905199.jpgここで問題にしてみるのは、その不完全なシステムをどのように更新させてゆくのか、その手法と視点の問題。

秋田の大館で毎年開催されているゼロダテという地域づかいのシステムは、今年駅前の「御成座」という映画館跡の場を使い始めたことによって大きな更新をとげて新しい可能性と期待感を作り出していてとても興味深かった。


a0010575_912790.jpg僕が最初にゼロダテに関わったのは3年ほど前、その頃から大町商店街というほとんどがシャッターで閉じられた店舗の内部や裏側をかなりの規模で開放したシステムとして興味を持った


a0010575_92351.jpgシャッターが閉まっていることが前提で、そこに絵を描いて商店街をいじろうとする方向性は間違っていると感じていた頃に行われた企画だったので、商店街のシャッターを全部あけようとするこのシステムに興味を持ったし、いろいろな角度からまちを俯瞰できるこの企画の拡がりを期待した。


a0010575_922942.jpgしかし、商店街の空き店舗というフォーマットは、比較的小規模の閉鎖空間を自由にいじりたい性質の・・・どちらかというとワークショップ系とか、インスタレーション制作系の表現者にはいいかもしれないが、その空間の質に限界もあった。


a0010575_931341.jpgそれにしても、巨額を投資して風通しの悪いレジデンス施設や街から隔離されたギャラリー空間を作ってそこにアーティストを囲うシステムよりは・・・何か自分を超えたいと思っている表現者にとって、人が暮らしてきたまちの空間をある期間占拠し、寝泊りし、まちの人と関わりながら自由にイメージを立ち上げる活動を行う場が無数に拡がるシステムのほうがはるかに有効な気がする。


a0010575_944310.jpg実際にこの期間、秋田の大館の街には全国から多くの若手アーティストや研究者、社会学や都市計画、建築、美術、デザインなどに関わるかなりの数の学生などがかなり長い間滞在し、そのシステムの起動と運営に関わってきた。


a0010575_951570.jpgそれでもなお、個人的にはマンネリ化してしまいがちな空き店舗や空き地の拡がる商店街ベースのシステムにある種の限界を感じていたものの・・・ゼロダテはここにきて、駅前徒歩3分に位置する大館唯一の映画館だった場所を使うことに成功した。

市民にとって共通の記憶の宝物が幾重にも重なった映画館跡という場を利用し、ホールのみならず、バックヤードもずべて開放し、これからはじまる活動の拠点として整備し始めている御成座(オナリザ)の姿とそこで熱く語る地元の映画、映像ファンのおじさん達に接して・・・ゼロダテというシステムが新しいシステムとしてバージョンアップし、もしかすると商店街すらも変わるかもしれない・・・という期待感すら持ってしまった。


a0010575_954074.jpgその現場に接して、確信したことは、それぞれのシステムの更新の手法について・・・。

つまり、大きなシステムを大きな視点からバージョンアップしたり、更新しようとしたりするのではなく、あくまでも現状の関係の中から拡がる些細な関係を無視することなく、目の前に立ち現れる問題にちゃんと向き合い対応し、開かれた関係の中で、既成の常識や肩書きや大義名分、コンセプトや大きな力にだまされず、こつこつとシステムをいじってゆこうとする振る舞いが大切なんだなということ。


a0010575_961575.jpg現場の周辺にある場や人、組織の中から、ちゃんと感覚的に信頼できる要素、あるいは重要な問題を見つけだし、そこにちゃんと触れることができるかということ。

そこをいじっているうちに、そのシステムが大きな束縛を受けていない限りは、そのシステムって自然と更新されてゆくものなんじゃないかな。

逆に一番よくない疲弊感は・・・現場の些細な問題も見ようとせずに・・・大きなシステムそのものを大義名分やコンセプトの側から力のある人がそのフォーマットまでもいじろうとすることから生まれてくるんじゃないかな・・・。

あれれ? それって、90年代半ばまで多くの地域で流行していたやりかただったような気もするが・・・もう忘れてしまった。
by fuji-studio | 2010-08-28 09:08 | ・思索雑感/ImageTrash


<< なぜだかイカがうちあげられている 豊島の藤島八十郎の家への訪問客 >>