その場にあるもので、無理せず、空間を整備しつつ・・・
a0010575_115379.jpg崩れている床はそのまま崩し、崩れいている天井も、そのまま開けたまま・・・しかし、危ない部分は整備しつつ空間を使う方向性で手をいれている。


a0010575_1155594.jpg普通の住宅の空間に広がりができて面白い状態に・・・

床下が見える状態なので、床下を冷暗所としていろいろな保存庫にすればどうだろうか・・・とか、落ちてくる雨を利用して何か面白い仕掛けができないだろうか・・・だとか、いろいろな妄想が広がる。


a0010575_1163778.jpg材料を購入し、リノベーションを行うときりがないぐらい大変な作業になるし、予算もありえないぐらい少ないので、あえてこの場から出てくる材料だけを使うという制約を作って、その中で勝負しようと試みる。

それが、チャレンジングで面白いのではないかな・・・と。


a0010575_1172344.jpgとはいえ、なるべく雨漏りはとめたいので、こえび隊で参加していた総合格闘技ファンの若者に屋根に上ってもらい、割れている瓦を取り替える作業。

その瓦も草刈の中から発掘された瓦たち。

しかし、この場所、集落の上のほうで瀬戸内海がきれいにみえて、とても美しい。

展望できる休憩所がほしいな・・・。
by fuji-studio | 2010-06-18 01:17 | ◎瀬戸内国際芸術祭・藤島八十郎


<< ツバメが八十郎の家の中に巣作り... 雑草の中から発掘される素材・・・ >>