水都大阪・まちかざりの実験はまだまだ続いている。
動物園前一番街への赤いトイザウルスの設置の後、そのままさらに飛田方面に向かい新開筋商店街へ。

a0010575_3251171.jpg交野市の天の川で誕生したドラゴンとカササギのペットボトルのボート2体の設営作業。


a0010575_3263085.jpg商店街にはもともと、季節の飾りやバナー類を飾るため、いろいろなものを吊り下げる仕組みが仕掛けられているところがある。

仙台やいわきだと七夕飾りを設置するための穴が開けられていたり・・・

随分と使われなくなったその仕掛けを利用してペットボトルのボートを吊り下げる。


a0010575_3265557.jpgペットボトルの軽いという特性と、省エネ蛍光球のライトによく映えるという特性を活かしたまちかざり。

天の川から大阪の街へと流れ着いた・・・

これもよく似合っているな・・・

街にはもっと面白い仕掛けがあるに違いない。

多分、忘れられているだけ・・・だと思う。

それを使う新しいシステム・・・

そんなものが作りたかったのだと思う。

そのためのデモンストレーションなんだけどなぁ・・・

多層な人が自分の暮らす街と関係を深めるツールとして使えそうなんだけどなあ・・・

そのあたりにピンとくる人はまだまだ少ない。
by fuji-studio | 2010-03-07 11:08 | ◎大阪・新世界等での活動


<< アーツ千代田3331の設営初日 水都大阪・まちかざりの実験はま... >>